メニュー
キャッシュフローを改善する
キャッシュフローを改善するための新たな選択肢
経理業務のコストを大幅に削減
経理業務のコストを大幅に削減
新たな資金繰り改善方法
新たな資金繰り改善方法

ビジネスローンとは?メリット・デメリットから特徴や種類まで詳しく解説!

ビジネスローンのメリット

事業を運営する際には何をするにもお金が必要となります。

事業資金を調達するための手段としては様々な方法がありますが、代表的な手法はビジネスローンによる資金調達です。

この記事では、法人や個人事業主が事業資金を調達する際に便利なビジネスローンについて詳しく紹介していきます。

また、ビジネスローンのメリット・デメリットや利用するときの注意点なども合わせて確認していきます。

資金繰りに困ったら「AGビジネスサポート」のビジネスローンがおすすめ。

銀行融資ではないため、銀行融資を断られた方でもビジネスローンを組める可能性は非常に高いです。

また、AGビジネスサポートなら原則無担保無保証即日融資を受けることができます!

※AGビジネスサポートは法人・個人事業主を対象としたビジネスローンです。

AGビジネスサポート
事業者向けビジネスローン
GMOあおぞらネット銀行
あんしんワイド
ファンドワン
事業者ローン
融資時間最短即日最短2営業日最短即日
融資限度50万円~1,000万円~1,000万円30万円〜500万円
金利年3.1%~18.0%年0.9%~14.0%年2.5%〜18.0%
必要書類決算書
代表者身分証 など
入出金明細登記簿謄本
決算書2期分
印鑑証明書 など
担保不要不要不要
オンライン可能可能可能
申込方法AGビジネスサポート
公式サイト
あんしんワイド
公式サイト
ファンドワン
公式サイト
目次

ビジネスローンは事業資金のための融資

ビジネスローンはその名のとおり「事業に使うためのお金を借りられるローン」です。

ただ、事業を営まれている方であればお分かりかと思いますが、事業で必要になるお金の種類はさまざまです。

ビジネスローンの主な資金使途を以下で詳しく説明します。

ビジネスローンの活用方法
  • 開業資金
  • 設備資金
  • 運転資金

開業資金

開業資金とは、事業を始めるにあたって必要な資金です。

店舗や事業所を構えるためには、敷金・礼金・保証料・家賃や、物件を紹介してくれた不動産会社に支払う仲介手数料などが必要です。

内装や外装を工事するための費用、什器や備品を揃えるための費用も、開業資金に含まれます。

店舗・事業所にかかる家賃は開業時に必要になるだけでなく、継続的に支払わなければならないものなので、開業時に半年分~1年分程度は確保しておくのが望ましいでしょう。

設備資金

設備資金は、事業のために必要な設備や機械を導入したり、店舗や事務所などを新たに購入したり増改築したりするために必要な資金です。

自社のホームページを新規で立ち上げるための費用や、既存のホームページをリニューアルするような費用も、設備資金に該当します。

なお、店舗や事務所などを新たに購入する・建てる場合には、敷金や保証料などが必要になります。

これらの費用は開業資金としても挙げられていた費用ですが、開業時に必要なものでない場合は、設備資金として考えます。

運転資金

運転資金とは、事業を継続させるために必要な資金で、事業の内容によってさまざまな資金が含まれます。

食材や資材を仕入れる費用、お店のスタッフに支払う人件費、店舗や事業所で発生する光熱費、これらはすべて運転資金です。

お店の知名度を上げたり、お得なキャンペーンを告知したりするために必要な広告費も、運転資金に含まれます。

なお、店舗や事務所のために必要な礼金や家賃は運転資金に含まれますが、敷金や保証料は先ほど触れたように設備資金となります。

いずれも物件にかかる費用なのですが、「後から返ってくる可能性のあるお金」は設備資金で、「返ってこないお金」が運転資金と考えると分かりやすいでしょう。

>>おすすめのビジネスローンを見てみる

ビジネスローンの種類

ビジネスローンはさまざまな金融機関で取り扱われています。

ビジネスローンの商品概要自体はどの金融機関でも大きく変わるわけではありませんが、特徴やメリットなどは金融機関によって違いがあります。

金融機関の系統ごとのビジネスローンの特徴を以下で詳しく説明します。

ビジネスローンの種類
  • 消費者金融系
  • 銀行系
  • 信販系

消費者金融系

アコムやプロミスといった消費者金融は、個人に対する融資商品だけでなく、ビジネスローンも取り扱っています。

大手消費者金融のカードローンは即日融資に対応しているところも多いですが、ビジネスローンも即日融資に対応していることが多いのが、大きな特徴です。

事業をしていると、緊急で資金調達をしなければならないケースも少なくないでしょう。

そのようなときに、申込んだ当日や翌日に融資を受けられる可能性のある消費者金融系のビジネスローンは、非常に重宝します。

銀行系

銀行で受けられる事業融資としては、銀行融資が代表的ですが、銀行でもビジネスローンを取り扱っています。

銀行融資を受ける場合は担保や保証人が必要になりますが、同じ銀行の融資でもビジネスローンであれば、無担保・無保証での融資が可能です。

また、銀行融資と比べると審査の難易度が低い点も、メリットのひとつといえるでしょう。

消費者金融系のビジネスローンと比較すると、銀行系のビジネスローンのほうが適用金利が低いですが、融資までのスピードは消費者金融系のビジネスローンのほうが優れています。

信販系

信販系のビジネスローンは、カード会社やリース会社が取り扱っているビジネスローンです。

消費者金融系と銀行系のちょうど中間のような特徴を持つビジネスローンで、融資までのスピードは消費者金融系には及ばないもののそれなりに速く、適用金利は銀行系ほど低くないものの、そこまで高くありません。

ビジネスローンの利用を検討する際に重視したいポイントは企業によって、また同じ企業でも、ケースによって異なると思います。

上述した3種類のビジネスローンのどれか1種類のみの利用に固執するのではなく、ケースバイケースで使い分けることがおすすめです。

>>おすすめのビジネスローンを見てみる

ビジネスローンのメリット

事業用の融資にはビジネスローン以外に銀行融資もありますし、融資にこだわらなければベンチャーキャピタルからの出資やクラウドファンディングなどさまざまな資金調達方法があります。

資金調達を行う際にビジネスローンを利用するメリットを以下で詳しく説明します。

ビジネスローンのメリット
  • 最短で即日の融資を受けられる
  • 担保や保証が不要な場合が多い
  • 審査基準が甘い
  • 総量規制の対象外

最短で即日の融資を受けられる

申込んでから融資を受けられるまでの期間はローンによってまちまちですが、消費者金融系や信販系のビジネスローンの中には、最短即日の融資が可能なものもあります。

事業がうまくいっているときでも停滞しているときでも、資金が急に必要になることは、決して珍しいことではありません。

申込んですぐに資金調達を行うことができれば、ビジネスチャンスを逃さずに済みますし、最悪の事態に陥ることを避けられる可能性が高くなります。

当日中に融資を受けたい場合、契約などの手続きを当日中に完了させる必要があるので、なるべく早く申込みを済ませることを意識しましょう。

担保や保証が不要な場合が多い

ビジネスローンは、担保や保証なしで利用できるものが多いです。

担保や保証を求められるローンだと、手続きに時間がかかりますし、差しだせる担保がなければローンの利用自体できません。

同様に担保や保証なしで利用できるローンには、カードローンやフリーローンなどがありますが、ビジネスローンはこれらのローンと比べると低い金利で融資を受けられます。

利用までのハードルが低く、同条件のローンと比べると優れた条件で融資を受けられるのは、ビジネスローンのメリットといえるでしょう。

審査基準が甘い

ローンに申込んだときにもっとも避けたいのは、「審査落ちになること」です。

審査に落ちてしまえば融資を受けられないので、予定していた資金調達を行えずに事業運営に影響が出てしまう可能性があります。

また、審査に落ちたことは信用情報にも登録されますが、信用情報に登録されたマイナス情報はしばらく消えないので、今後の資金調達の妨げになってしまうかもしれません。

ビジネスローンは、銀行融資と比べると審査基準が甘めといわれているので、確実に資金調達を行いたい場合には頼りになるローンです。

総量規制の対象外

ローンを利用するにあたって意識しておくべきことのひとつに、「総量規制」があります。

総量規制とは、金融機関が融資可能な金額を「申込者の年収の3分の1まで」と制限している規制です。

法人でいえば年収は「売上」ですが、法人の経営状態を売上のみで判断することは難しいため、法人に関しては総量規制は適用されないことになっています。

そのため、総量規制を意識すべきなのは「個人事業主がビジネスローンを申込むとき」になりますが、個人事業主のビジネスローン利用は、総量規制における「例外」という扱いにされています。

個人事業主の方が申込む場合でも、年収の3分の1を超える金額の融資を受けられる可能性があるのは、大きなメリットといえるでしょう。

>>おすすめのビジネスローンを見てみる

ビジネスローンのデメリット

上述したように多くのメリットのあるビジネスローンですが、ほかの選択肢と比較した場合に、デメリットがないわけではありません。

そのため、メリットとデメリットの双方を把握したうえで、ビジネスローンを利用すべきかどうかを判断することが重要です。

ビジネスローンのデメリットを、以下で詳しく説明します。

ビジネスローンのデメリット
  • 銀行融資より金利が高い
  • 個人事業主は使えない場合がある
  • 信用保証協会の保証が必要な場合がある
  • 借入限度額が低め

銀行融資より金利が高い

ビジネスローンで適用される金利は、銀行融資で適用される金利よりも総じて高めです。

融資時の金利は、その後の返済負担に大きな影響を与えるため、融資を受ける立場としてはなるべく低い金利を適用してほしいところでしょう。

たとえば、2,000万円を借り入れるとすると、年利2.0%で借り入れる場合と年利10.0%で借り入れる場合では、1年間で発生する利息に160万円もの違いが生じます。

ビジネスローンを利用するにあたっては、事前に返済シミュレーションをきちんと行って、無理なく返済を継続できそうかどうかを確認しておくのが賢明です。

個人事業主は使えない場合がある

事業用の資金を調達する必要があるのは、法人も個人事業主も変わりませんし、なるべくよい条件で融資を受けたいという考えをどちらも持っているでしょう。

ただ、ビジネスローンの中には、融資対象を法人限定にしているものもあります。

条件設定のよいビジネスローンがあったとしても、個人事業主が利用できないものであれば絵に描いた餅なので、個人事業主の方は事前に融資条件を確認したうえで比較検討しましょう。

信用保証協会の保証が必要な場合がある

多くのビジネスローンは無担保・無保証で利用できますが、中には信用保証協会の保証が必要な場合もあります。

信用保証協会は、銀行融資の「信用保証協会の保証付き融資」でも保証を請け負っている協会であり、融資を検討する際に名前を聞くことは多いでしょう。

当然、無保証のローンよりも信用保証協会の保証が必要なローンのほうが、審査通過難易度は高いです。

確実に融資を受けられることを優先したい場合や、審査に通過できるか不安な場合は、申込みを検討しているローンが信用保証協会の保証が必要なものでないかどうか、きちんと把握してく必要があります。

借入限度額が低め

事業用の資金として必要な金額は、個人が融資を希望する際の金額よりも高いのが一般的です。

ビジネスローンで融資を受けられる金額は、カードローンやフリーローンよりは高いですが、銀行融資と比べると低めです。

まとまった金額が必要な場合は、ビジネスローンで融資を受けられる金額では足りない可能性も考えられます。

金融機関によっては、不動産を担保にして融資を行う「不動産担保型ビジネスローン」のようなローンを、取り扱っていることもあります。

一般的なビジネスローンでは金額が物足りなく、担保として差しだせる不動産がある場合は、そういったローンの利用も検討するとよいでしょう。

おすすめのビジネスローン4選

当サイトがおすすめするビジネスローンは以下の4つです。

1位:AGビジネスサポート

AGビジネスサポート
限度額50万~1,000万円
金利3.1%~18.0%
即日融資
対象法人(~75歳)
個人事業主 (~69歳)
用途事業資金
担保不要

「AGビジネスサポート」は使用用途が自由で、事業資金の範囲内であれば目的を問わず利用できるビジネスローンです。

Web上でも全国のATMでも借入れ・返済を行うことができるため、とても便利です。

また来店不要で融資まで完結できるため、忙しい方でもスムーズに融資まで行うことができるでしょう。

  • Web完結
  • 手数料無料
  • 使用用途が自由

2位:GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

GMOあおぞらネット銀行
限度額10万~1,000万円
金利0.9%~14.0%
即日融資×
対象法人
用途運転資金
担保不要

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は口座の入出金データで資金調達をし、必要な資金をいつでも借りられる「融資枠型ビジネスローン」です。

契約期間内は融資枠の範囲で、いつでも・どこからでも・何度でも、インターネットバンキングから手続きができ、手数料不要・審査不要で借り入れができるため、資金計画に合わせた柔軟な資金調達が可能です。

  • 金利が0.9%-14.0%と最も低い
  • 限度額最大1,000万円
  • 書類不要、ネット完結で申込可

3位:ファンドワン株式会社

ファンドワン
限度額30万~500万円
金利2.5%~18.0%
即日融資
対象法人
用途運転資金
担保不要

ファンドワンの「事業者向けビジネスローン」は赤字決算や銀行の融資審査に落ちた場合でも利用可能です。

商品の種類も豊富で、担保が不要な事業者ローンから不動産担保融資や売掛債権担保融資まで揃っています。

即日で融資をしてもらうことの可能なので、最適なローンをその場で適用したい場合におすすめです。

  • 最短即日融資
  • 長期返済も可能
  • 担保ローンを選ぶことも可能

4位:アクト・ウィル 「ビジネスローン」

アクト・ウィル
限度額300万~1億円
金利7.5%~15.0%
即日融資
対象法人
用途事業資金
担保不要

アクト・ウィルの「ビジネスローン」は法人向けのビジネスローンで、来店不要で全国的に申し込みをすることができます。

最大で1億円の融資が可能で、最短即日の融資にも対応していることが特徴。

審査も最短で60分と短いため、スピーディーに資金調達できるでしょう。

  • 来店不要
  • スピーディーな審査
  • 無担保、保証人不要

ビジネスローンの注意点

ビジネスローンで調達できるお金は「融資」なので、後ほど返済することを踏まえて融資希望金額をどの程度にするか、返済期間をどれくらいにするかなどを考えなければなりません。

ビジネスローンを利用するにあたっての注意点を以下で詳しく説明します。

ビジネスローンの注意点
  • 借入は必要最小限にする
  • 返済を短期間にする
  • 悪徳業者は避ける

借入は必要最小限にする

事業をするにあたって、手元のお金はなるべく多いほうが安心であることは間違いありません。

ただ、そのお金が融資で調達したお金だと、後に返済しなければならないため、必ずしもたくさんあったほうがいいとは限らないでしょう。

ビジネスローンの審査の結果、想定より多くの融資が可能という結果が出るかもしれません。

しかし、そこで必要以上の金額を借りてしまうと、返済負担が重くなって事業経営を圧迫する可能性も考えられます。

ビジネスローンでどれだけの金額を借りるか、事前にきちんとシミュレーションしておいて、それ以上の金額を借り入れないよう心がけましょう。

返済を短期間にする

融資を受けた金額が同じでも、返済期間が伸びるほど利息の影響で総返済額は大きくなります。

たとえば、金利10.0%で1,000万円の融資を受けた場合、1年間で返済する場合の総返済額は約1,055万円ですが、5年間で返済する場合の総返済額は約1,275万円と、220万円もの差が生じます。

なるべく短期間で返済を済ませたいところですが、期間を短くしすぎると毎月の返済負担が重くなりすぎるかもしれません。

返済期間と毎月の返済金額でどうバランスを取るべきかは、それぞれの企業で異なるので、返済シミュレーションを繰り返して、無理のない形で返済できるようにしましょう。

悪徳業者は避ける

ビジネスローンを取り扱っている業者は非常に多いですが、その中には正式な金融機関としての認可を受けていない悪徳業者もあります。

正式な金融機関の場合、融資時に適用される金利は法律に則った範囲の割合ですし、返済が滞ってしまっても無理な取り立ては行いません。

しかし、悪徳業者から融資を受けてしまうと、法外な金利が適用される可能性がありますし、返済が滞ると荒っぽい形で取り立てが行われることもあります。

真っ当な形で事業を継続することが難しくなる可能性もあるので、絶対に悪徳業者から融資を受けてはなりません。

CMや広告で社名を見聞きしたことがあるような、知名度のある業者であれば安全だとは思いますが、名前も知らないような業者のビジネスローンを利用しようかと悩んでいる場合は、事前にその業者について確認しておいたほうがよいでしょう。

ビジネスローンで資金繰りを強化しよう!

便利なビジネスローンを紹介していきました。

事業を進めるにおいて、便利にお金を借りることのできるビジネスローンは大いに役立つものでしょう。

事業の運営には資金が必要であり、資金は事業を成り立たせるための力の源といえます。

資金運営を計画に行うことで、事業の方針も見えてくるでしょう。

ビジネスローンの特徴は借りやすいこと。

無担保・無保証で借りられるサービスも多く、来店不要でWeb申込で利用可能など忙しい事業者にも便利なサービスがたくさんあります。

ビジネスローンを選ぶ際には金利や借りやすさに注目。

すぐにお金が必要か、あるいは金利を少しでも抑えたいか、事業の状況に応じてサービスを選びましょう。

多くの金融機関が便利なビジネスローンのサービスを提供しており、事業者の資金調達にとって大いに役立つ存在となっています。

事業の運営の大きな味方であるビジネスローンを有効活用し、効率的な資金調達に役立ててください!

資金繰りに困ったら「AGビジネスサポート」のビジネスローンがおすすめ。

銀行融資ではないため、銀行融資を断られた方でもビジネスローンを組める可能性は非常に高いです。

また、AGビジネスサポートなら原則無担保無保証即日融資を受けることができます!

※AGビジネスサポートは法人・個人事業主を対象としたビジネスローンです。

はじめての方へ

WizBizは、売上拡大、人材採用・育成、新規事業、資金調達など、企業成長に直結するテーマで経営者向けにセミナーを開催しています。

詳しくはこちら
※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次