メニュー
イチ押しのビジネスカード
三井住友カードビジネスオーナーズ
イチ押しのビジネスローン
イチ押しのファクタリング
ビートレーディング

【必見】ノンバンクビジネスローンのおすすめ大手業者8選と利用するメリットを解説!

ノンバンクビジネスローン

ノンバンクのビジネスローンってどんなものなの?

ノンバンクを利用するメリットやデメリットは?

ビジネスローンを検討している経営者の方はこういったお悩みを抱えているのでないでしょうか?

本記事では、個人事業主や会社経営者の方のこういったお悩みを解決すべく、ビジネスローンの実態やメリット・デメリットを解説していきます。

本記事を読めば、状況に応じた適切なビジネスローンを安全かつ計画的に利用することが可能です。

適切な資金調達を行いたいなら「AGビジネスサポート」がおすすめです。

担保が必要なビジネスローンが多い中AGビジネスサポートなら原則無担保無保証で即日融資を受けることができます。

また申込から融資まで来店不要で、資金用途も自由です。

法人のみならず個人事業主の方も融資の対象となっています。

AGビジネスサポート
事業者向けビジネスローン
GMOあおぞらネット銀行
あんしんワイド
ファンドワン
事業者ローン
融資時間最短即日最短2営業日最短即日
融資限度50万円~1,000万円~1,000万円30万円〜500万円
金利年3.1%~18.0%年0.9%~14.0%年2.5%〜18.0%
必要書類決算書
代表者身分証 など
入出金明細登記簿謄本
決算書2期分
印鑑証明書 など
担保不要不要不要
オンライン可能可能可能
申込方法AGビジネスサポート
公式サイト
あんしんワイド
公式サイト
ファンドワン
公式サイト
目次

ノンバンクのビジネスローンとは

ノンバンク (Non-Bank)のビジネスローンとは、銀行や信用金庫といった金融機関ではない所から受けられる事業融資のことを言います。

ノンバンクに当たる金融機関には、クレジットカード会社・消費者金融・信販会社など。

一般的に預金や為替業務を行わず、融資を専門とする事業融資がそれに該当します。

ノンバンクのビジネスローンと銀行融資の違い

ノンバンクビジネスローンと銀行融資の大きな違いには、適応される法律や金利、審査スピードが挙げられます。

このような違いが出る大きな理由は、対象とする顧客に違いがあるからです。

銀行融資の対象者は、年商10億円以下の中堅中小企業を設定しているのに対して、ノンバンクビジネスローンは、年商5千万円以下の個人事業主を始めとする小規模企業を設定しています。

そのため、ノンバンクビジネスローンは、短期のつなぎ資金融資目的の個人事業主が融資を受けやすいよう審査が緩く、即日融資可能なのが特徴です。

ノンバンクのビジネスローンのおすすめ8選

ノンバンクビジネスローンを8つピックアップしました。

以下では、それぞれのローン形態の詳細とおすすめ業者を紹介します。

1位:AGビジネスサポート

AGビジネスサポート
限度額50万~1,000万円
金利3.1%~18.0%
即日融資
対象法人(~75歳)
個人事業主 (~69歳)
用途事業資金
担保不要

「AGビジネスサポート」は使用用途が自由で、事業資金の範囲内であれば目的を問わず利用できるビジネスローンです。

Web上でも全国のATMでも借入れ・返済を行うことができるため、とても便利です。

また来店不要で融資まで完結できるため、忙しい方でもスムーズに融資まで行うことができるでしょう。

  • Web完結
  • 手数料無料
  • 使用用途が自由

2位:ファンドワン株式会社

ファンドワン
限度額30万~500万円
金利2.5%~18.0%
即日融資
対象法人
用途運転資金
担保不要

ファンドワンの「事業者向けビジネスローン」は赤字決算や銀行の融資審査に落ちた場合でも利用可能です。

商品の種類も豊富で、担保が不要な事業者ローンから不動産担保融資や売掛債権担保融資まで揃っています。

即日で融資をしてもらうことの可能なので、最適なローンをその場で適用したい場合におすすめです。

  • 最短即日融資
  • 長期返済も可能
  • 担保ローンを選ぶことも可能

3位:アクト・ウィル 「ビジネスローン」

アクト・ウィル
限度額300万~1億円
金利7.5%~15.0%
即日融資
対象法人
用途事業資金
担保不要

アクト・ウィルの「ビジネスローン」は法人向けのビジネスローンで、来店不要で全国的に申し込みをすることができます。

最大で1億円の融資が可能で、最短即日の融資にも対応していることが特徴。

審査も最短で60分と短いため、スピーディーに資金調達できるでしょう。

  • 来店不要
  • スピーディーな審査
  • 無担保、保証人不要

4位:Carent

Carent
限度額1万~500万円
金利7.8%~18.0%
即日融資
対象法人
用途事業資金
担保不要

株式会社IPGファイナンシャルソリューションズの「Carent」は少額の融資を最速で調達するのに最適なビジネスローンです。

融資の利用限度額は1万円~500万円で、決算書や事業計画・収支計画・資金計画などの必要資料が用意できればすぐに融資を受けることができます。

また、利用年会費や保証料は無料なので、資金調達に無駄なお金をかけたくない場合にもおすすめです。

  • 最短即日
  • 保証人・担保不要
  • 年会費・保証料が無料

5位:MRF

MRF
限度額50万~3億円
金利6.0%~15.0%
即日融資×
対象法人・個人事業主
用途運転資金
担保不動産

MRFの「オーダーメイドローン」は中小企業・個人事業主向けの不動産担保ローンで、他の金融機関の借換やつなぎ資金・設備投資・赤字補填資金・税金(納税資金)等、様々な事業性資金をバックアップしてくれます。

最大で3億円の融資に対応してくれる点が大きなメリットと言えます。

連帯保証人も原則不要です。

  • 24時間以内の仮審査
  • 融資残高330億円
  • 専門スタッフがプランを提案

6位:ニチデン「事業者ローン」

ニチデン
限度額~1億円
金利4.8%~17.52%
即日融資
対象法人・個人事業主
用途事業資金
担保必要な場合のみ不動産担保

ニチデンの「事業者ローン」は20年間の長期返済を可能としているため、余裕を持って返済を行うことができるのが特徴です。

最大で1億円の融資が可能なので、事業拡大のためにまとまった資金の調達を考える方はぜひ検討してみると良いでしょう。

また即日融資にも対応しているところがポイント。

  • スピーディーな審査
  • 利用限度額が高い

7位:オージェイ「無担保融資」

オージェイ
限度額30万~2,000万円
金利10.0%~15.0%
即日融資
対象法人・個人事業主
用途事業資金
担保不要

オージェイの「ビジネスローン」にはいくつか種類があり、特に人気とされるのが「無担保融資」です。

なおかつ、利用限度額は最大で2,000万円と高額なことが特徴的。

申し込み時間によっては即日融資も可能なので、お急ぎの方でも迅速に資金問題を解決できるでしょう。

  • スピーディーな審査
  • 無担保、保証人不要
  • 利用限度額が高い

8位:デイリーキャッシング

デイリーキャッシング
限度額200万~5000万円
金利5.2%~14.5%
即日融資
対象法人・個人
用途自由
担保不要

株式会社デイリープランニングの「デイリーキャッシング」は担保や保証人なしで最大5000万までの融資を受けることができます。

支払い期間も最長30年まで設定可能なので、無理のない返済プランで大きな融資を受けることができます。

また、即日融資を受けることも可能なので、資金ショートを回避するためのつなぎ資金が欲しい場合にもおすすめです。

  • 全国対応
  • 即日融資が可能
  • 24時間申し込み可能

ノンバンクのビジネスローンを利用するメリット

ノンバンクビジネスローンには、以下のようなメリットがあります。

  • 審査から融資開始まで時間が短い
  • 銀行融資に比べて提出書類が少なくて楽
  • 年々金利の見直しが進んでいる

それぞれ詳しく解説していきます。

審査から融資開始まで時間が短い

ノンバンクビジネスローンは銀行融資といった金融事業と比較して、審査から融資開始までの時間が極端に短いというメリットがあります。

これはノンバンクビジネスローンの審査方法として、AIによる審査システムを導入しているためです。

銀行融資でもこのシステムを採用しているのですが、銀行審査に加えて保証会社の審査が加わるため、融資開始まで1週間はかかると言われているので、速さの違いは歴然ですね。

つなぎ資金として早急にまとまったお金を必要としている個人事業主や会社経営者の方は是非活用してみてください!

銀行融資に比べて提出書類が少なくて楽

ノンバンクビジネスローンでは、銀行融資と比べて提出書類が少ないため、事前準備することなく気軽に融資を受けることができます。

銀行融資の場合は、2ヵ月分の決算書が必要となりますが、ノンバンクビジネスローンであれば、個人事業主は特に必要書類はありません。

営業日当日に審査結果を受け取ることができる金融事業も存在するため、思い立ったら気軽に審査を受けることができます。

年々金利の見直しが進んでいる

ノンバンクビジネスローンは金利が高いといった、ハイリスクなイメージを持つ方は多くいらっしゃると思います。

しかし、年々ノンバンクビジネスローン会社の多くは金利の見直しを行っており、以前よりも低金利で融資を受けられるようになりました

加えて大金の融資を受ける場合には低金利が採用されるといったリスクを抑えた融資の受け入れが可能となりました。

>>おすすめのビジネスローンを見てみる

ノンバンクのビジネスローンを利用するデメリット

ここまでメリットについて紹介してきましたが、世の中リスクの無い上手い話なんて中々ありませんよね。

ここからは、ノンバンクビジネスローンを利用するデメリットについて解説していきます。

ノンバンクビジネスローンを利用するデメリットは以下の3つです。

  • 銀行融資に比べて金利が高い
  • 借入限度額が少ない
  • 完済していない場合、銀行融資が受けにくくなる

それぞれのデメリットをきちんと把握しておきましょう。

銀行融資に比べて金利が高い

銀行融資と比べて、ノンバンクビジネスローンは高金利と言われています。

実際、銀行融資の金利平均が2%と言われているのに対して、ノンバンクビジネスローンの金利は8~18%と高金利の水準です。

なのでノンバンクビジネスローンを利用する際には長期期間の借入は避け、短期間で返済可能な金額に絞るよう心掛けましょう!

借入限度額が少ない

ノンバンクビジネスローンの借入限度金額は一般的に300~800万円と銀行融資と比べて若干低い金額となっています。

これは、対象顧客が、貸し倒れリスクの高い小規模中小企業であることが大きな要因です。

顧客に対して融資した際に、倒産し返済の目途が立たないといったリスクを避けるため、融資限度額が低い設定となっています。

多額の融資を受けたい際には、他のノンバンクビジネスローンとの併用を行うといった方法もありますが、リスクが高くなるためなるべく避けるように心掛けましょう。

完済していない場合、銀行融資が受けにくくなる

ノンバンクビジネスローンの融資を受けた後、銀行融資を受けようとした場合に借りにくくなる、もしくは融資を断られるケースがあります。

特に法人の金融機関が相手の場合は、ビジネスローンの借入残高があると必ず決済書類に履歴が記入されているため、簡単に金融機関側に認知されて融資を断られてしまうことが多いです。

そのため、ノンバンクビジネスローンを利用する際には、銀行融資を受けることができなくなるかもしれないリスクを把握した上で利用するようにしましょう!

まとめ

ノンバンクのビジネスローンの実態やメリット・デメリットについて解説してきました。

ノンバンクビジネスローンは、早急に資金を必要とする個人事業主や会社経営者にとって非常に有効な手段です。

しかし、手軽に融資を受けることができるといって利用してしまうと、高金利であるが故に多くの負債を負ってしまうリスクもあります。

そのため実際に利用する際には、返済まで視野に入れて計画的に融資を受けるよう心掛けるようにしましょう!

適切な資金調達を行いたいなら「AGビジネスサポート」がおすすめです。

担保が必要なビジネスローンが多い中AGビジネスサポートなら原則無担保無保証で即日融資を受けることができます。

また申込から融資まで来店不要で、資金用途も自由です。

法人のみならず個人事業主の方も融資の対象となっています。

※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次