メニュー
キャッシュフローを改善する
キャッシュフローを改善するための新たな選択肢
経理業務のコストを大幅に削減
経理業務のコストを大幅に削減
新たな資金繰り改善方法
新たな資金繰り改善方法

法人が銀行融資を受けるには?おすすめの銀行や審査に通過する方法を解説

法人銀行融資

事業の運転資金が足りなかったり、調子のよい事業を更に伸ばしたいときに検討する法人の融資。

低金利で長期の借り入れをしたい場合、まずは銀行からの融資を検討すると思います。

そこでこの記事では、法人が銀行融資を受ける際に必要な準備やおすすめの銀行をご紹介します。

銀行融資のメリットや手順についても解説しているので、ぜひ銀行からの資金調達を検討してみて下さい。

GMO

銀行から資金調達を行いたいなら「GMOあおぞらネット銀行」がおすすめです。

担保が必要な銀行融資が多い中GMOあおぞらネット銀行なら原則無担保無保証で融資を受けることができます。

また申込から融資までネット完結で、決算書や事業計画も不要です。

年利0.9%から借入できる低金利の銀行融資となっています。

AGビジネスサポート
事業者向けビジネスローン
GMOあおぞらネット銀行
あんしんワイド
ファンドワン
事業者ローン
融資時間最短即日最短2営業日最短即日
融資限度50万円~1,000万円~1,000万円30万円〜500万円
金利年3.1%~18.0%年0.9%~14.0%年2.5%〜18.0%
必要書類決算書
代表者身分証 など
入出金明細登記簿謄本
決算書2期分
印鑑証明書 など
担保不要不要不要
オンライン可能可能可能
申込方法AGビジネスサポート
公式サイト
あんしんワイド
公式サイト
ファンドワン
公式サイト
目次

法人の銀行融資の種類

法人が銀行から融資を受ける場合、その方法はひとつではありません。

法人の銀行融資の種類について以下で詳しく説明していきます。

法人の銀行融資の種類
  • プロパー融資
  • 不動産担保融資
  • ビジネスローン
  • 売掛債権担保融資
  • 信用保証協会の保証付き融資
  • 法人カードローン

プロパー融資

プロパー融資とは「信用保証協会からの保証を受けずに銀行が直接行う融資」を指します。

銀行の融資は大きく以下の2つに分けられます。

2種類の融資
  • プロパー融資
  • 信用保証協会の保証付き融資

いずれの場合でも、法人が銀行から直接融資を受けることは変わりません。

しかし、信用保証協会の保証付き融資では、法人は信用保証協会に保証料を支払ったうえで銀行から融資を受けます。

そのため、万が一法人からの返済が滞ってしまっても、信用保証協会が代位弁済を行ってくれるので銀行は損害を被ることはありません(代位弁済の割合によっては被ることもある)。

一方のプロパー融資では、信用保証協会を介さずに銀行が法人に直接融資を行うので、法人からの返済が滞るとその分は銀行がまるまる損害を被ります。

このような理由から、プロパー融資の審査は非常に厳しく行われるのが一般的です。

不動産担保融資

不動産担保融資は、保有している不動産を担保にすることで受けられる融資です。

不動産を担保にすることで、低金利でまとまった金額の融資を受けられることが多いのは、有利な条件で資金調達を行いたい法人にとって大きなメリットといえるでしょう。

ただし、担保となる不動産の資産価値を評価する必要があるため、融資までに少し時間がかかることは申込み時に念頭に置いておく必要があります。

担保にできる不動産は法人名義のものに限られるのか、代表者の親族名義のものなども可能なのかは銀行により異なります。

ビジネスローン

ビジネスローンとは、その名のとおり事業性資金の融資を受けられるローンです。

銀行だけでなく、信販会社や消費者金融などでも取り扱われていますが、銀行のビジネスローンは総じて有利な条件で融資を受けられることが多いです。

無担保で利用できるローンもあるので、不動産を保有していないような法人でも融資を受けられる可能性があります。

銀行によって融資可能な金額や適用金利は異なりますので、いくつかの銀行のビジネスローンを比較検討して申込むローンを決めるとよいでしょう。

売掛債権担保融資

売掛債権担保融資は、営業活動の中で発生する「売掛債権」を担保にすることで受けられる融資です。

取引先がいくつもある法人の場合、売掛債権もそれに応じて増えていきますが、売掛債権担保融資では担保にする売掛債権の金額に応じて融資を受けられる金額も決まります。

そのため、融資を受けたい金額によって担保にする売掛債権を任意に選ぶことが可能です。

まだ設立してまもないなど、法人自体の信用力が低いと銀行の融資審査では不利なことが多いですが、売掛債権担保融資では取引先の信用力も加味して審査を行ってもらえます。

ほかの方法では融資を受けられない法人でも、売掛債権担保融資であれば融資を受けられる可能性があるかもしれません。

信用保証協会の保証付き融資

信用保証協会の保証付き融資は、先ほども触れましたが、法人が信用保証協会に保証料を支払うことで銀行から受けられる融資です。

銀行にとってはプロパー融資よりもリスクの低い融資なので、プロパー融資よりも審査に通過できる可能性が高いです。

融資条件はプロパー融資ほど優れているわけではありませんが、信用保証協会の保証付き融資を繰り返し受けてきちんと返済することでプロパー融資を受けやすくなることも期待できます。

法人カードローン

法人カードローンは、無担保・無保証で融資を受けられるローンです。

本来カードローンは個人に融資を行うためのローンですが、ビジネスカードローンは法人も利用することができます。

審査期間が比較的短く、スピーディーに融資を受けられることはメリットですが、適用金利は総じて高めであることを踏まえたうえで利用すべきかどうかを検討しましょう。

法人が銀行融資を受けるメリット

法人にとっての資金調達の方法は銀行融資のみに限りませんが、銀行融資で資金調達をすることにはメリットがいくつもあります。

法人が銀行融資を受けるメリットを以下で詳しく説明していきます。

法人が銀行融資を受けるメリット
  • 金利が低い
  • 利便性が高い
  • 信用に繋がる

金利が低い

金利の低さは、銀行融資で資金調達を行う大きなメリットのひとつです。

融資という形で資金調達を行う場合、必ず利息を上乗せして返済しなければなりません。

利息は金利によって決まりますが、金利が高く多くの利息を支払わなければならないと、会社の経営を圧迫してしまう可能性も考えられます。

将来的な資金繰りのことまで視野に入れると、金利の低い銀行融資を利用するのは理にかなった選択肢といえるでしょう。

利便性が高い

利便性の高さも銀行融資のメリットとして考えられます。

銀行はこれまで数多くの法人に融資を行ってきているので、審査の体制が整えられておりノウハウも蓄積されています。

そのため、申込む融資の種類にもよりますが、比較的スピーディーに審査が完了して融資を受けられることが多いです。

先ほど銀行融資の種類をいくつか挙げましたが、取り扱っている融資の種類がひとつではないので、法人が置かれている状況に応じて適切な融資を選ぶことができるのもメリットです。

信用に繋がる

銀行融資を受けるということは、銀行が審査を経て「この法人には融資を行っても大丈夫」というお墨付きを与えたのと同じです。

このお墨付きはその法人にとっての「信用力」となり、その後さまざまな場面で影響力を発揮することが考えられます。

設立してまだ間もない法人でも「銀行融資を受けている」という後ろ盾によって新しい取引先を開拓しやすくなるかもしれません。

また、同じ銀行で何度も融資を受けることで信用力が増していき、よりよい条件で融資を受けられるようになったり、これまでは信用保証協会の保証付き融資だったところをプロパー融資に変えてもらえたりといった可能性もあるでしょう。

法人が銀行融資を受けるコツ

法人が銀行融資を受けるためには、銀行による審査に通過しなければなりません。

法人が銀行融資を受けるために意識しておきたいコツを以下でいくつか紹介します。

法人が銀行融資を受けるコツ
  • 財務状況の健全化
  • 競争優位性の確保
  • 緻密な事業計画の作成

財務状況の健全化

財務状況の健全性は審査において銀行が重視するポイントのひとつです。

財務状況が悪化していて返済の見込みが立たないような法人の場合、融資をしても返済をしてもらえる見込みが低いことは言うまでもありません。

事業や財務の状況が健全であり融資対象として適切であることをきちんと銀行に伝えられるようにしましょう。

売上や利益・資産・売掛金などに関する資料をきちんと作成して銀行にアピールすることが重要です。

競争優位性の確保

自社の事業が同業他社と比べて優れているポイント、いわゆる「競争優位性」が確保できている法人も審査には通過しやすいです。

売上や利益などはその法人が現在置かれている状況を把握するためには有用ですが、それらは数ヵ月後や数年後の法人の成功を保証してくれるものではありません。

法人が事業を継続・拡大するためには競争優位性が必要不可欠です。

競争優位性が確保できている企業であれば、将来返済に行き詰まってしまう可能性も低いので融資を受けやすいでしょう。

緻密な事業計画の作成

ベンチャーやスタートアップなどの企業は、提示できる売上や利益だけでは銀行に対するアピールとして弱いことも考えられます。

そのようなケースでは、事業計画を綿密に作成して提示することで銀行の納得感を引き出すことが重要です。

将来的に事業をどのように展開するためにお金がどれくらい必要でこれくらい利益を挙げられる見込みなのでそこからいくらかを返済に回す予定である、といったことを論理的に説明できていれば、融資可という判断を勝ち取りやすくなるでしょう。

銀行から融資を受ける手順

銀行から融資を受けるためには、事前相談や申込み・審査といったいくつかのステップを経る必要があります。

銀行から融資を受ける手順を以下で説明していきます。

銀行から融資を受ける手順
  • 口座開設
  • 相談と準備
  • 書類提出と審査
  • 契約と融資

口座開設

最終的に融資を受けられることになった場合、融資金はその法人の口座に振り込まれるのが一般的です。

融資の申込みをするからには、これまで付き合いがあって口座も開設している銀行を選ぶことが多いと思います。

ただ、もし申込みをする予定の銀行でまだ口座を持っていないのであれば事前に口座開設を行っておきましょう。

相談と準備

実際に申込みを行う前に、銀行の融資相談窓口などに融資を希望している旨を相談しに行きます。

銀行によって審査に必要な情報や書類には若干の違いがありますが、相談を行えばそういった部分に関しては教えてもらうことが可能です。

相談時の銀行側のトーンやニュアンスをうまく汲み取れれば、審査において重視しているポイントを見抜ける可能性もあります。

事前相談で得た情報をもとにして提出が必要な書類の準備や作成を行いましょう。

書類提出と審査

提出が必要な書類と融資申込書を提出することで正式な申込みとなります。

銀行によって審査が行われるので審査結果が出るのを待ちましょう。

なお、審査状況によっては追加で書類を提出したり情報を提供したりしなければならないこともあります。

そういった要請があった場合、迅速に対応できたほうが銀行側の心証もよいのでなるべく速く対処することを心がけましょう。

契約と融資

無事審査に通過すれば契約手続きを経て融資を受けられます。

「金銭消費貸借契約書」など、複数の契約書を作成・提出することになるので、書類に不備のないように十分確認したうえで提出してください。

融資金が振り込まれるタイミングは銀行によってまちまちですが、契約手続きが終わってから3営業日程度で振り込まれることが多いです。

法人の銀行融資はGMOがおすすめ

銀行融資を検討する場合、普段からお付き合いのある銀行を中心に考えることが多いと思います。

ただ、融資条件も踏まえてこれまでお付き合いのない銀行から融資を受けることを検討してみるのもひとつの選択肢といえるでしょう。

有利な条件で融資を受けたいとお考えであれば「GMOあおぞらネット銀行」がおすすめです。

GMOあおぞらネット銀行のおすすめポイントを以下でいくつか紹介します。

GMOあおぞらネット銀行のポイント
  • 低金利で限度額も高い
  • 融資までの時間が早い
  • ネットで完結する

低金利で限度額も高い

GMOあおぞらネット銀行の「融資(利用)枠型ビジネスローンあんしんワイド」は、最低0.9%の金利で融資を受けられる可能性があるローンです。

金利は低いほど返済時の負担を抑えられるので、0.9%という低金利が適用される可能性があるのは利用を検討する大きな動機になりえるでしょう。

借入限度額も初回契約時で最大1,000万円なので十分な事業資金を確保できます。

融資までの時間が早い

審査申込みから融資まで最短2営業日で完了します。

銀行によっては、書類の確認や行内の稟議などで審査が完了するのに数日~1週間程度かかることもあるので、最短2営業日で融資を受けられるスピーディーさは大きな魅力です。

急いで事業資金を調達したい理由がある場合でも頼りになるローンといえそうです。

ネットで完結する

GMOあおぞらネット銀行の申込みにあたっては、来店や決算書の提出が不要でネットでの手続きだけですべて完結します。

日中に時間を取って銀行に足を運ぶのは難しいケースもあると思いますが、GMOあおぞらネット銀行であれば会社にいながら融資関連の手続きを済ませられるので非常に便利です。

申込み手続きだけでなく借入や返済の手続きもすべてネット上で行えます。

GMO

銀行以外に融資はある?

銀行融資は法人が資金調達を行う際の主な選択肢のひとつですが、銀行以外でも融資などの方法で資金調達を行うことは可能です。

銀行融資以外の主な資金調達の方法を以下でいくつか紹介します。

銀行以外の融資
  • ファクタリング
  • ノンバンクビジネスローン
  • 日本政策金融公庫

ファクタリング

ファクタリングは売掛債権を利用して資金調達を行う方法です。

記事前半でも触れましたが、銀行にも売掛債権を担保にして融資を行う「売掛債権担保融資」がありますが、ファクタリングは売掛金を担保として利用するのではなく、ファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達を行います。

資金調達を行う法人とファクタリング会社だけで完結する「2社間ファクタリング」と、売掛先の企業も含める「3社間ファクタリング」に大きく分けられ、必要な手続きや手数料などがそれぞれ異なります。

売掛先にバレてもいいか、許容できる手数料の割合などによって、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを使い分けることが可能です。

ノンバンクビジネスローン

銀行でビジネスローンを取り扱っているのと同様に、信販会社や消費者金融といったノンバンクの会社でもビジネスローンを取り扱っています。

どちらもローン商品としての特徴に大きな違いはありませんが、ノンバンクビジネスローンのほうが総じてスピーディーな融資に対応しています。

その分適用金利は少し高めなことが多いですが、急いで融資を受けられることを最優先に考えたい場合はおすすめの資金調達方法です。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は事業に取り組む方々を支援することを目的に設立された政策金融機関です。

さまざまなフェーズの法人に対する融資制度を設けているので、銀行と並んで資金調達を受けたい場合に頼りになる金融機関といえます。

無担保・無保証の融資があったり創業して間もない法人でも申込みやすかったりといった点は、とくに規模の小さな法人にとってはメリットです。

審査にかかる時間は少し長めなので、融資を希望する場合は早めに申込むことを意識しておきましょう。

銀行融資を活用して事業を拡大しよう

法人が資金調達を行う必要性と、銀行融資を受ける方法について見ていきました。

銀行の融資を受けるためには、所定の審査をクリアする必要があります。

そのためには、財務状況を改善して返済能力をアピールすること、納得性のある事業計画を作成して資金調達の必要性を理解してもらうことが必要です。

審査のために事業計画を作成することで、自身の事業について理解を深めることができるでしょう。

何のために資金を調達するのか、資金をどう使えば事業が拡大していくか綿密に計画立てることがビジネス成功の鍵といえます。

積極的に資金調達をして事業を拡大させていきましょう。

GMO

銀行から資金調達を行いたいなら「GMOあおぞらネット銀行」がおすすめです。

担保が必要な銀行融資が多い中GMOあおぞらネット銀行なら原則無担保無保証で融資を受けることができます。

また申込から融資までネット完結で、決算書や事業計画も不要です。

年利0.9%から借入できる低金利の銀行融資となっています。

はじめての方へ

WizBizは、売上拡大、人材採用・育成、新規事業、資金調達など、企業成長に直結するテーマで経営者向けにセミナーを開催しています。

詳しくはこちら
※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次