メニュー
キャッシュフローを改善する
キャッシュフローを改善するための新たな選択肢
経理業務のコストを大幅に削減
経理業務のコストを大幅に削減
新たな資金繰り改善方法
新たな資金繰り改善方法

GMOあおぞらネット銀行ビジネスローン「あんしんワイド」の口コミ・評判は?審査基準・利用方法・おすすめな人は?

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

本サイトは一部PRを含みます。
ランキング根拠
口コミ投稿フォーム

事業資金の調達には、低金利で最大1,500万円まで借りられるGMOあおぞらネット銀行のビジネスローン「あんしんワイド」がおすすめです。

しかし、「あんしんワイドの審査って厳しそう」「他社と比べて何がいいの?」など、申し込みに際して不安になる点も多いでしょう。

公式サイトに記載されているサービス内容だけでなく、実際に利用した方の口コミも気になります。

今回は、GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドの基本情報や口コミをもとに、この商品の特徴について徹底解説します。

商品のメリットや利用の流れ、審査の厳しさなど気になる疑問を解決していきましょう。

GMO

銀行から資金調達を行いたいなら「GMOあおぞらネット銀行」がおすすめです。

担保が必要な銀行融資が多い中GMOあおぞらネット銀行なら原則無担保無保証で融資を受けることができます。

また申込から融資までネット完結で、決算書や事業計画も不要です。

年利0.9%から借入できる低金利の銀行融資となっています。

目次

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」とは?

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」
商品名あんしんワイド
融資額〜1,000万円
金利(実質年率)年0.9%〜年14.0%
融資までの期間最短2営業日
融資対象法人
用途事業資金
担保不要
保証人不要
公式申込ページこちら

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、法人向けに提供されているビジネスローンです。

最大1,500万円(初回最大1,000万円)までの融資枠があり、他社ビジネスローンと比較して低金利で借りられるのが特徴です。

また、申し込みの際に決算書や事業計画書の提出は必要ないため、創業間もない事業者でも利用できるのが大きなメリットといえます。

【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイドの概要】

金利年利0.9%〜14.0%
遅延損害金年14.0%
借入限度額最大1,500万円(初回契約時最大1,000万円)
利用条件・GMOあおぞらネット銀行の法人口座を所有している
・営利法人である
・法人口座または入出金明細管理サービス※1で、
 申込日の属する月の前月から遡って
 2ヵ月以上の入出金明細情報を同期している
・日本に登記上の法人住所がある
資金使途事業性資金
返済方法約定返済/随時返済
返済日毎月25日
担保
保証人
不要
※1:freee入出金管理 with GMOあおぞらネット銀行

引用:GMOあおぞらネット銀行「融資枠型ビジネスローン あんしんワイド 商品概要説明書」

銀行で事業融資を受ける場合は決算書などの提出を求められることも多く、黒字であることが前提となります。

その点、GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドは黒字を証明する書類提出が不要なため、より柔軟な融資が期待できます。

融資を受けるハードルが低く、カードローンのような柔軟性もあるため、資金調達の利便性が高いローンといえるでしょう。

あんしんワイドの特徴
  • 創業初年度から利用可能!
  • 融資枠型なので、何度でも借入・返済ができる!
  • 申込〜借入までオンライン完結で使いやすい!
GMOあおぞらネット銀行の会社概要
会社名GMOあおぞらネット銀行株式会社
代表金子 岳人
所在地東京都渋谷区道玄坂1丁目2-3
資本金24,129,960,000円
設立1994年2月28日
法人番号9010001025425
登録番号関東財務局長(登金)第665号
加盟団体一般社団法人 金融先物取引業協会 0313号

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドの特徴

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」の特徴は以下の7点です。

あんしんワイドの特徴
  • ビジネスローンの中でも超低金利
  • 借入限度額は最大1,000万円
  • ネット完結なので手間がかからない
  • 赤字決算でも借入が可能
  • 創業1年未満でも利用可能
  • 融資利用枠型なので利便性が高い
  • freee会計の会員限定ビジネスローンもある

銀行融資や他社ビジネスローンと比較した場合のメリットやデメリットについても、詳しく見ていきます。

ビジネスローンの中でも超低金利

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドは、他社のビジネスローンと比較して、低金利での借入れが可能です。

【主なビジネスローンの金利比較】

ビジネスローン金利
GMOあおぞらネット銀行
「あんしんワイド」
年利0.9%~14.0%
東京スター銀行
「スタービジネスカードローン」
年利4.5%~14.5%
AGビジネスサポート
「事業者向けビジネスローン」
年利3.1%〜18.0%
ファンドワン
「事業者向けビジネスローン」
年利2.5%〜18.0%
オリックスクレジット
「VIPローンカードBUSINESS」
年利6.0%~17.8%

ビジネスローンの初回利用者には上限金利が適用されるケースがほとんどです。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドの上限金利は、他社と比較しても0.5%~4.0%程度低いため、毎月の返済負担も抑えられるでしょう。

例えば500万円を1ヵ月借りた場合で、金利18%と14%の利息差を比較してみると、下記のようになります。

  • 金利18%で500万円を1ヵ月借りた場合の利息……約74,000円
  • 金利14%で500万円を1ヵ月借りた場合の利息……約57,500円

金利が4%下がると、1ヵ月の利息差は約16,500円も低くなることがわかります。

なお、初回融資時の金利について当サイト編集部にて問い合わせをしてみました。その結果は下記の通りで「審査の結果決定する」とのことでした。

【編集部からの質問とGMOあおぞらネット銀行の回答】

◆当サイト編集部:「初回融資時の金利は上限金利になるのでしょうか?」

◆GMOあおぞらネット銀行:「借入条件(限度額・金利)は審査により決定いたしますので、事前のご案内はおこなっておりません。

以下に口コミもご紹介していますが、利用者の返済能力次第では上限金利以下の金利が適用されるケースもあるようです。

借入限度額も最大1,500万円

借入限度額は最大1,500万円(初回契約時最大1,000万円)と、高額融資にも対応できます。

【融資限度額の他社比較】

ビジネスローン金利
GMOあおぞらネット銀行
「あんしんワイド」
最大1,500万円
※初回契約時最大1,000万円
東京スター銀行
「スタービジネスカードローン」
最大1,000万円
AGビジネスサポート
「事業者向けビジネスローン」
最大1,000万円
ファンドワン
「事業者向けビジネスローン」
最大500万円
オリックスクレジット
「VIPローンカードBUSINESS」
最大500万円

融資限度額が高いと余裕のある資金計画が立てられるようになり、仕入れ代金の支払いに困ったときなど、資金難のケースでも安心です。

ただし、借入限度額は申込内容やGMOあおぞら銀行での入出金明細などを基準に決められるため、必ずしも1,500万円借りられるわけではありません。

融資枠を増やしたい場合は以下のポイントを意識しましょう。

【GMOあおぞらネット銀行 よくある質問より】

「融資枠を増額するための3つの方法」

  1. GMOあおぞらネット銀行口座での取引を増やす
  2. 他金融機関の口座の入出金明細を「freee入出金管理 with GMOあおぞらネット銀行」に同期する(他の金融機関を利用している場合)
  3. 定期的にfreee入出金管理にログインを行い、freee入出金管理上で他金融機関の口座の入出金明細連携が途切れないようにする

参考:GMOあおぞらネット銀行「よくある質問」

増額して欲しいなら、安定した事業取引があり売上利益ともに順調であることを銀行に示す必要があります。

ネット完結なので手間がかからない

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、ネット完結で申し込みが完了するため、手間がかかりません。

【GMOあおぞらネット銀行 よくある質問より】

Q:審査にあたり、来店する必要はありますか?

A:来店不要です。当社ローン担当者より電話ヒアリングをさせていただきます。
※お申込内容により、電話ヒアリングを行わずに審査結果をご連絡させていただく場合がございます。詳細はお申込後に銀行担当者よりご案内いたします。

参考:GMOあおぞらネット銀行「よくある質問」

審査時間は最短2営業日と短くスムーズな借入れができるため、緊急の資金調達が必要な場合でも対応できるでしょう。

金融機関まで足を運ぶ必要もないため、事業運営で忙しい経営者の方にもおすすめです。

赤字決算でも借入が可能

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、赤字決算の企業でも借入れが可能です。

銀行の事業融資だと経営状況に関するハードルが高く、赤字の企業は融資が認められないケースがあります。

その点、GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドは、申込時に決算書や事業計画書の提出が不要です。審査でチェックされるのは入出金明細のみのため、審査で経営状況は重視されません。

赤字企業でも独自の審査基準で柔軟に対応してくれるため、気軽に事業資金の調達ができるでしょう。

ただし、法人代表者個人の信用情報に他社ローンの延滞記録や債務性の履歴など、ネガティブな情報があると審査通過は難しくなります。

創業1年未満でも利用可能

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドじゃ、創業1年未満の事業者でも利用できます。

個人事業主やスタートアップ企業など、創業したてで審査に通らないケースも多いですが、GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」なら、融資が受けられる可能性も高いでしょう。

ただし、ローン契約後に経営状況が悪化した場合は、銀行へ申し出る必要があります。利用規約にも書かれていることですので、契約後は注意しましょう。

GMOあおぞらネット銀行「融資枠型ビジネスローン あんしんワイド規定」

融資利用枠型なので利便性が高い

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、融資利用枠型のビジネスローンのため、繰り返し借りられるなど利便性が高い商品です。

融資利用枠型とは、決められた利用限度額の範囲内で何度でも融資が受けられるローンのことを意味します。

一般的な事業者ローンは「証書型」と呼ばれる商品で、一度契約すると融資額が振り込まれ、追加融資を受ける場合は新規でローン契約をしないといけません。

融資利用枠型なら、資金が必要なタイミングで必要な金額だけ借りられるため、借り過ぎも防止できます。

利用するタイミングと金額を自分で選べることから、緊急時の備えや少額の借入れに向いているビジネスローンといえるでしょう。

freee会計の会員限定ビジネスローンもある

会計ソフトの「freee会計」会員限定のビジネスローンも提供されています。

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」と比較して、金利が年0.9%~12.0%とより低く設定されているのが魅力です。

ただし、申込条件には「freee資金調達で7カ月以上連続した入出金明細情報を同期している法人」とあるため、審査で一定期間の収支はチェックされる点は覚えておきましょう。

申し込みも、GMOあおぞらネット銀行からではなく「freee資金調達」にログインしてからの手続きが必要です。

【GMOあおぞらビジネスローン(freee会員向け)申込条件】

・freee資金調達および無料会員を含むクラウド会計ソフトfreee会計の会員の法人
・freee資金調達で7カ月以上連続した入出金明細情報を同期している法人
・freee資金調達に登録した事業所情報、代表者情報、財務情報、入出金明細情報などに虚偽や更新漏れなどがなく当該情報がローン審査に利用されることに同意している法人

GMOあおぞらネット銀行「GMOあおぞらビジネスローン(freee会員向け)」

freee会計を導入している企業であれば、より利息の負担を抑えてビジネスローンが利用できます。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドの口コミ・評判

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」の口コミ・評判を調査していきます。

良い口コミ・悪い口コミの両方をチェックして、自社に向いているローンかチェックしていきましょう。

あんしんワイドの良い口コミ

「あんしんワイド」の良い評判には、以下のような口コミがありました。

【金利が7%から2.5%まで下がった!】

「あんしんワイド金利2.5%キターーーーーー(現在7%) 500万円の枠を2.5%で借りれるようになりましたwww キッカケはGMOで引き落としてる公庫の返済が開始されたからなのかな? 何にせよ多少借りといて金利2.5%で借りれる男ってのを融資開拓で見せつけるのも手だな( ゚Д゚)」

X

金利の低さに特徴がある「あんしんワイド」ですが、限度枠500万円で年2.5%というのは破格の低さです。

これなら利息負担を気にせず、必要なときに資金調達が可能です。

【1年以上使えば優遇金利が適用された】

「GMOあおぞらネット銀行さんからあんしんワイド更新のお知らせ。 借入上限額500万→500万(契約当初300万からスタート) 金利6.0%→5.5% ありがたく再契約致します。 契約は1年毎ですが、順調に限度額アップ・金利共に条件は良くなっていっています。

X

サービスの利用状況によっては限度額もアップされるため、堅実な利用を心がけるとよいでしょう。

【利用限度額が50万円から500万円に!】

GMOあおぞらネット銀行のあんしんワイドっていうビジネスローン、まあなんかの足しになればいっかーぐらいのかんじで申し込んで、最初50万とかしか枠がないうえに年利6%とかで、なんに使うん?と思ってたけど、申し込んでからまだそんなに経ってないのに今は500万、4%に勝手に成長してます。 え、これって意外と安心感絶大じゃない? 1000万、2%ぐらいまで成長を期待!笑

X

契約時は限度額が低く抑えられていても、利用を続ければ限度額はアップされるようです。

あんしんワイドの悪い口コミ

「あんしんワイド」の悪い評判には、以下のような口コミがありました。

【信用度が低いと融資枠が少ない】

GMOあおぞらネット銀行の融資枠型ローン あんしんワイド、申し込んでみたら融資枠10万円、金利7%でした。 1000万円じゃないのね。 法人の信用度低いwww

X

限度額は「最大1,000万円」と案内されていたのに、申し込んだら限度額が10万円だった方もいるようです。

公式サイトを見ると「限度額が最大10万円になる要因」について次の記載があります。

・GMOあおぞらネット銀行の法人口座で2ヶ月以上連続した入出金明細があること
・入出金明細管理サービス「freee入出金管理」で2ヶ月以上連続した入出金明細があること

GMOあおぞらネット銀行「融資枠型ビジネスローン あんしんワイド 商品概要説明」

収支はともかく、一定期間実際に事業を営んでいることがチェックされるようです。

高額融資を受けたいなら、法人口座を開設したうえで入出金をGMOあおぞらネット銀行に集約しておきましょう。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドがおすすめな人

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」がおすすめなのは以下のような人です。

あんしんワイドがおすすめな人
  • とにかく金利を抑えたい人
  • 金額に余裕を持って借入をしたい人
  • 手続きの時間がとれなくて困っている人
  • 創業まもなく決算資料を用意できない人
  • 赤字決算で銀行融資を受けられない人
  • 繰り返し借入をする予定がある人
  • freee会計の会員の人

とにかく金利を抑えたい人

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドは、他社よりも低い金利で借入ができるため、利息の負担を抑えたい方におすすめです。

同条件での借入で他社と比較した場合、以下のような差があります。

【100万円を2年間で返済した場合】

GMOあおぞらネット銀行
「あんしんワイド」
オリックスクレジット
「VIPローンカードBUSINESS」
金利14.0%17.8%
毎月の返済額48,012円49,827円
利息総額152,288円195,848円

100万円程度の借入れでも約43,000円の利息差が生じるため、金利の低いビジネスローンの魅力がわかるはずです。

金利が高いローンだと毎月の返済が負担になり、場合によっては経営を圧迫するかもしれません。

安定した経営を目指すなら、少しでも金利が低い事業者ローンを利用しましょう。

金額に余裕を持って借入をしたい人

利用限度額が「最大1,500万円」と余裕を持った借入れができるのも、おすすめポイントのひとつです。

利用限度額が高ければ高いほど、いざという時に十分な資金を調達できるため、対応できる状況の幅が広がります。

利用限度額は、審査内容や利用状況によって金額が決められます。特に入出金明細を2ヵ月以上提示できない場合は利用限度額が10万円になるため注意しましょう。

最高限度額まで借りるには、高い返済能力と長期的な利用が必要です。

すべての方が満額まで借りられるわけない点は覚えておきましょう。

手続きの時間がとれなくて困っている人

借入れまでの手続きがネット完結なので、申し込み手続きの時間が取れない方にもおすすめです。

一般的なビジネスローンだと、銀行の窓口まで行かなければならないケースもあり、仕事で忙しい方は時間を割けないことも多いでしょう。

ネット完結ができるローンなら24時間好きなタイミングで申し込みができるため、仕事が終わったあとや休日のタイミングでも手続きが可能です。

創業まもなく決算資料を用意できない人

必要書類は銀行の直近2ヶ月分入出金明細のみで良いため、創業まもない企業で決算書を用意できない法人にもおすすめです。

銀行の事業者ローンで融資を受けるには、決算書や事業計画書などの書類が求められることも多く、創業間もない事業者は必要書類を用意できずに審査に落ちることも多いでしょう。

創業したてで資金的に不安定な時期に低金利の事業者ローンが利用できるのは、経営者にとっても安心です。

赤字決算で銀行融資を受けられない人

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドは、赤字決算で銀行融資が受けられない人にもおすすめです。

必要書類は銀行の入出金明細のみで決算書などは不要なため、経営状況などは審査で重視されない可能性が高いです。

赤字を出している企業だと融資が受けられないというイメージが強いですが、柔軟な対応をしてもらえます。

「赤字決算でも決算書なしで申し込めるのか?」という点については、当サイト編集部にてGMOあおぞらネット銀行にメールで問い合わせてみました。

その結果は下記の通りで、公式サイトの情報通り「赤字でも入出金明細だけで審査をする」とのことでした。

【GMOあおぞらネット銀行へのメール問い合わせ結果】

◆当サイト編集部……「赤字でも申し込めるということですが、審査状況次第で決算書類などが必要になるケースはありますか?」

◆GMOあおぞらネット銀行からの返信:「あんしんワイドの審査申込は、直近2カ月分以上の連続した入出金明細のデータをもとに行います。そのため、決算書や事業計画書の提出は不要です。当社法人口座の直近2カ月分以上の連続した入出金明細、もしくはfreee入出金管理上で2カ月分以上の連続した入出金明細の同期が確認できない場合は、借入限度額・借入利率について当社所定の条件が適用されます。あらかじめご了承ください。

繰り返し借入をする予定がある人

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、利用限度額の範囲内であれば、必要なタイミングで繰り返し借入ができるのでおすすめです。

繰り返し借りられるカードローン方式の事業者ローンなら、急な接待や現金支払いなどのシーンでも慌てずに済みます。また「いますぐ仕入れないとビジネスチャンスを逃してしまう」「新規仕入先から先払いを要求された」といったケースでも、必要な金額を借りられるため安心です。

一括融資が行われる証書型の事業者ローンの場合、新規融資を受ける場合は都度審査を受ける必要があります。

その点、GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドのような融資利用枠型ローンであれば、審査は申込時のみで契約後は必要なタイミングで自由に借入れができます。

freee会計の会員の人

会計ソフトの「freee会計」会員限定のビジネスローンも提供されており、より低い金利で借入ができるのでおすすめです。

通常金利が年0.9%~14.0%なのに対して、freee会計の会員であれば年0.9%~12.0%での借入れができます。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドの審査基準

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」の審査基準を解説します。

審査でどのようなポイントが見られるのか気になる方は、参考にしてみてください。

代表者の信用情報

会社の経営状況だけでなく、代表者の信用情報もチェックされます。

信用情報には、クレジットカードやローンサービスの利用履歴が記録されており、延滞などがあった場合には、マイナスの記録として信用情報機関に残されます。

自分の信用情報が気になるなら、信用情報機関の本人開示サービスを利用してみましょう。

例えば、信用情報機関のJICCでは以下のような形で信用情報が開示されます。

信用情報記録開示書の見方

引用:日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関「信用情報記録開示書 項目説明書」

上記には、ローンサービスなどの利用記録が記載されているのですが、「7.異動参考情報」に延滞や債務整理などの履歴があると審査通過は難しいでしょう。

入出金明細

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」では、銀行の入出金明細を必要書類として提出するため、銀行の利用状況が審査の対象になります。

そのため、申し込みの際には「GMOあおぞらネット銀行にとって優良なユーザーであること」を証明できると審査通過しやすくなります。

「GMOあおぞらネット銀行で頻繁に取引する」「freee入出金管理を利用する」といったことを続けると、銀行側からもプラスの評価が得られるでしょう。

現在の借入や他社申込の状況

申込時点で他社からの借入額や借入件数が多いと、審査に落ちてしまう可能性があります。

GMOあおぞらネット銀行の「あんしんワイド」は、貸金業法で定められた総量規制の対象外ローンです。

参考:日本貸金業協会公式サイト「総量規制にかかわらず、お借入れできる貸付けの契約があります」

消費者金融カードローンとは違い年収の三分の一を超えた借入れも可能ですが、返済能力を大きく超えた融資には対応していません。

法人としての返済能力はもちろん、個人の返済能力も重視されるため、他社借入れが多い方は申込前にできるだけ返済しておきましょう。

※貸金業者からの借入れは年収の三分の一まで

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドを利用する流れ

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」を利用する流れを解説します。

申し込み手順や必要書類など、契約までの流れを確認していきましょう。

公式サイトから申込

はじめに公式サイトから申込手続きを行います。

申し込みの際には、代表者の本人確認書類の提出が求められるため、事前に用意しておきましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

審査は銀行口座の入出金明細をもとに行うため、決算書や事業計画書の提出は不要です。

代表者への電話ヒアリング

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドは、審査過程での代表者への電話ヒアリングはありません。

ちなみに、「GMOあおぞらビジネスローン for 弥生ユーザー」に申し込んだ場合は、代表者への電話ヒアリングが実施されます。

ただし、どのローンでも言えることですが審査の状況により不明な点があると電話がかかってくる場合があります。

急な問い合わせにも対応できるよう、申込後はいつでも電話対応ができるようにしておきましょう。

メールによる審査結果報告

無事審査に通過すると、審査結果がメールで届きます。なお、結果通知まで本当に連絡が来ないのかについても、当サイト編集部で問い合わせをしてみました。

結果は「申込内容によっては面談をおこなうことなく審査結果のご連絡をおこなっております」とのことでしたので、メール通知だけで結果は届くようです。

なお、メールから契約画面に進むことができますので、通知内容に問題がなければそのまま契約手続きを行いましょう。

契約と借入

契約が完了すると、インターネットバンキングを通じて借入れができるようになります。

借入の手順
  1. GMOあおぞらネット銀行のインターネットバンキングにログインする
  2. 「ローン」から「あんしんワイド」を開く
  3. 「借入」をクリックする
  4. 「借入金額」を入力する
  5. 取引パスワードとメールトークンを入力して「実行」をクリック
  6. 代表口座に入金される

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイドに関するよくある質問

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」に関するよくある質問をまとめました。

審査日数はどのくらいですか?

申し込みから借入れまで、最短で2営業日程度かかります。

ただし、申し込みが混雑している場合などは1週間前後かかる場合もあるため、余裕をもった手続きを心がけましょう。

返済日はいつですか?

約定返済の期日は「毎月25日18時」です。

返済日が休業日の場合は、翌営業日が返済日となります。

なお、返済日には前月末日時点の借入残高×5%分の元金と利息を支払わなければいけません。

もし残高が50万円以下の場合は元金返済はなく、利息のみの支払いとなりますので返済負担も軽く済みます。

万一返済に間に合わなかった場合には、年率14%の遅延損害金が課せられるため、くれぐれも延滞しないよう注意しましょう。

限度額はいくらですか?

利用限度額は最大1,500万円です。(初回契約時は最大1,000万円)

ただし、 「freee入出金管理」で直近2ヶ月の連続した入出金明細がない場合は、限度額が最大10万円になるので注意しましょう。

個人事業主でも利用できますか?

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、法人向けの商品となっているため、個人事業主は利用できません。

個人事業主が利用するなら、ノンバンク系のビジネスローンなどがおすすめです。

GMOあおぞらネット銀行あんしんワイド|まとめ

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は、必要なタイミングで借りられるビジネスローンで、金利も低く利息の負担が小さいのが特徴です。

決算書や事業計画書の提出も不要で、創業したての企業でも借りられる点は他社にはないメリットといえるでしょう。

来店不要で手続きできるため、普段事業で忙しい経営者にもおすすめです。

WizBiz|はじめての方へ

WizBizは、売上拡大、人材採用・育成、新規事業、資金調達など、企業成長に直結するテーマで経営者向けにセミナーを開催しています。 詳しくはこちら

WizBiz|無料プレゼント

『社長の孤独力』(新谷哲/著) の【抜粋版】を無料プレゼントしております!

71の課題の中から「資金・人材・売上・採用・後継者」の5つを抜粋いたしました。銀行からお金が借りれない、社員がすぐに辞めてしまう、売上を伸ばしたい、など、具体的なお悩みの解決策が掴めます。ぜひご覧ください。

WizBiz株式会社概要・運営者情報

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するオンラインセミナー「WizBiz 経営セミナー」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

特記事項

※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
目次