メニュー
キャッシュフローを改善する
キャッシュフローを改善するための新たな選択肢
経理業務のコストを大幅に削減
経理業務のコストを大幅に削減
新たな資金繰り改善方法
新たな資金繰り改善方法

無担保のビジネスローンはどれがおすすめ?法人向け無担保融資の注意点も解説

本サイトは一部PRを含みます。
ランキング根拠
口コミ投稿フォーム

ビジネスローンで借入するには、不動産や債権などの担保が必要だと思っている方も多いでしょう。

しかしビジネスローンには、個人向けのカードローンのように無担保で借入できるものもあります。

無担保ビジネスローンは借入上限が低めで金利は高めですが、即日融資に対応しているものも多く、緊急で資金が必要な会社・個人事業主にはおすすめです。

【最短即日・個人事業主もOK!】

資金繰りに困ったら「AGビジネスサポート」の無担保ビジネスローンがおすすめ。

銀行融資ではないため、銀行融資を断られた方でもビジネスローンを組める可能性は非常に高いです。

また、AGビジネスサポートなら原則無担保無保証即日融資を受けることができます!

※AGビジネスサポートは法人・個人事業主を対象としたビジネスローンです。

AGビジネスサポート
事業者向けビジネスローン
GMOあおぞらネット銀行
あんしんワイド
ファンドワン
事業者ローン
融資時間最短即日最短2営業日最短即日
融資限度50万円
~1,000万円
~1,000万円30万円
〜500万円
金利年3.1%~18.0%年0.9%~14.0%年2.5%~18.0%
必要書類決算書
代表者身分証
など
入出金明細
など
登記簿謄本
決算書2期分
印鑑証明書
など
担保不要不要不要
オンライン可能可能可能
申込方法AGビジネスサポート
公式サイト
あんしんワイド
公式サイト
ファンドワン
公式サイト
目次

無担保ビジネスローンのおすすめ8選

おすすめの無担保ビジネスローンを理解しておくことで、種類が多くある中で選ぶ際の手間を減らすことができます。

また、実際に利用する際に、損をしてしまう可能性もあります。

これから無担保ビジネスローンを利用したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1位:AGビジネスサポート

AGビジネスサポート
商品名事業者向けビジネスローン
融資額50万円~1,000万円
金利(実質年率)年3.1%〜年18.0%
融資までの期間即日融資可能
融資対象法人
個人事業主
用途事業資金
担保不要
保証人原則不要
※法人の場合は代表者が連帯保証人になる
公式申込ページこちら

「AGビジネスサポート」は使用用途が自由で、事業資金の範囲内であれば目的を問わず利用できるビジネスローンです。

Web上でも全国のATMでも借入れ・返済を行うことができるため、とても便利です。

また来店不要で融資まで完結できるため、忙しい方でもスムーズに融資まで行うことができるでしょう。

AGビジネスサポートの特徴
  • 銀行の審査に落ちても柔軟に対応してくれる!
  • Web上で申込〜借入まで完結できる!
  • 手数料が無料!
  • 使用用途が自由!
AGビジネスサポートの会社概要
会社名AGビジネスサポート株式会社
代表深田 裕司
所在地東京都港区芝2丁目31-19
資本金110,000,000円
設立2001年1月18日
法人番号5010401088265
登録番号関東財務局長(8)第01262号
加盟団体日本貸金業協会 第001208号

2位:GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

GMOあおぞらネット銀行
限度額10万~1,000万円
金利0.9%~14.0%
即日融資×
対象法人
用途運転資金
担保不要

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は口座の入出金データで資金調達をし、必要な資金をいつでも借りられる「融資枠型ビジネスローン」です。

契約期間内は融資枠の範囲で、いつでも・どこからでも・何度でも、インターネットバンキングから手続きができ、手数料不要・審査不要で借り入れができるため、資金計画に合わせた柔軟な資金調達が可能です。

  • 2022年5月サービス開始
  • 金利 0.9-14.0%
  • 限度額最大 1,000万円

3位:ファンドワン株式会社

ファンドワン
限度額30万~500万円
金利2.5%~18.0%
即日融資
対象法人
用途運転資金
担保不要

ファンドワンの「事業者向けビジネスローン」は赤字決算や銀行の融資審査に落ちた場合でも利用可能です。

商品の種類も豊富で、担保が不要な事業者ローンから不動産担保融資や売掛債権担保融資まで揃っています。

即日で融資をしてもらうことの可能なので、最適なローンをその場で適用したい場合におすすめです。

  • 最短即日融資
  • 長期返済も可能
  • 担保ローンを選ぶことも可能

4位:アクト・ウィル 「ビジネスローン」

アクト・ウィル
限度額300万~1億円
金利7.5%~15.0%
即日融資
対象法人
用途事業資金
担保不要

アクト・ウィルの「ビジネスローン」は法人向けのビジネスローンで、来店不要で全国的に申し込みをすることができます。

最大で1億円の融資が可能で、最短即日の融資にも対応していることが特徴。

審査も最短で60分と短いため、スピーディーに資金調達できるでしょう。

  • 来店不要
  • スピーディーな審査
  • 無担保、保証人不要

5位:オージェイ「無担保融資」

オージェイ
限度額30万~2,000万円
金利10.0%~15.0%
即日融資
対象法人・個人事業主
用途事業資金
担保不要

オージェイの「ビジネスローン」にはいくつか種類があり、特に人気とされるのが「無担保融資」です。

なおかつ、利用限度額は最大で2,000万円と高額なことが特徴的。

申し込み時間によっては即日融資も可能なので、お急ぎの方でも迅速に資金問題を解決できるでしょう。

  • スピーディーな審査
  • 無担保、保証人不要
  • 利用限度額が高い

6位:デイリーキャッシング

デイリーキャッシング
限度額200万~5000万円
金利5.2%~14.5%
即日融資
対象法人・個人
用途自由
担保不要

株式会社デイリープランニングの「デイリーキャッシング」は担保や保証人なしで最大5000万までの融資を受けることができます。

支払い期間も最長30年まで設定可能なので、無理のない返済プランで大きな融資を受けることができます。

また、即日融資を受けることも可能なので、資金ショートを回避するためのつなぎ資金が欲しい場合にもおすすめです。

  • 全国対応
  • 即日融資が可能
  • 24時間申し込み可能

7位:Carent

Carent
限度額1万~500万円
金利7.8%~18.0%
即日融資
対象法人
用途事業資金
担保不要

株式会社IPGファイナンシャルソリューションズの「Carent」は少額の融資を最速で調達するのに最適なビジネスローンです。

融資の利用限度額は1万円~500万円で、決算書や事業計画・収支計画・資金計画などの必要資料が用意できればすぐに融資を受けることができます。

また、利用年会費や保証料は無料なので、資金調達に無駄なお金をかけたくない場合にもおすすめです。

  • 最短即日
  • 保証人・担保不要
  • 年会費・保証料が無料

8位:ニチデン「事業者ローン」

ニチデン
限度額~1億円
金利4.8%~17.52%
即日融資
対象法人・個人事業主
用途事業資金
担保必要な場合のみ不動産担保

ニチデンの「事業者ローン」は20年間の長期返済を可能としているため、余裕を持って返済を行うことができるのが特徴です。

最大で1億円の融資が可能なので、事業拡大のためにまとまった資金の調達を考える方はぜひ検討してみると良いでしょう。

また即日融資にも対応しているところがポイント。

  • スピーディーな審査
  • 利用限度額が高い

無担保のビジネスローンとは?

無担保のビジネスローンは、その名のとおり担保なしで利用できるビジネスローンです。

ただ、それ以外の特徴も把握しておかなければ、ほかの資金調達の方法と比較検討することができません。

以下では、無担保のビジネスローンの特徴について詳しく説明します。

無担保ビジネスローンの特徴
  • 保証人も不要な場合が多い
  • WEB完結型が基本
  • 資金用途の自由度が高い

保証人も不要な場合が多い

無担保のビジネスローンでは、担保だけでなく保証人も不要な場合が多いです。

ローンに申込むにあたって、担保や保証人を準備しなければならないとなると、それがひとつの大きな壁になってしまいます。

担保は自身の所有する不動産を設定すれば済む話ですが、保証人は相手の同意を得なければならないので、場合によっては担保よりも準備が難しい可能性も考えられるでしょう。

その点、無担保のビジネスローンでは保証会社が保証を引き受けてくれることが多いので、保証人を用意する必要がありません。

担保と保証人という、ローンを申込む際に障壁になりうる2つの要素がどちらもないため、非常に多くの法人や個人事業主の方が、利用を検討できるローンといえます。

WEB完結型が基本

無担保のビジネスローンは、WEB完結型のものが多く、申込みから融資まですべてオンライン上で手続きを済ませられます。

ローンの手続きや契約をするために金融機関に足を運ぶ必要がある場合、当然金融機関の窓口が開いている時間でなければ、手続きを先に進めることはできません。

日中の時間が忙しく、金融機関の窓口が開いているタイミングで時間を作ることができなければ、なかなか融資を受けるためのステップが前に進まないことも考えられます。

WEB完結型であれば、仕事に少し余裕ができたときなど、自身の都合のよいタイミングで効率的に手続きを進められます。

とくに1人で事業を行っている個人事業主の方や、雇っている従業員の数が少ない法人代表者の方にとっては、嬉しいポイントといえるでしょう。

資金用途の自由度が高い

無担保のビジネスローンは、資金用途の自由度が高いことも、特徴のひとつです。

ローンの種類によっては、運転資金にしか使えないローンや、設備資金に限定されたローンなどもあります。

そういったローンを利用して融資を受けると、不慮の事態が起きて急きょ資金が必要になった場合、せっかく融資金があるのに本来の資金用途ではないため手を付けられない、という状態に陥ってしまう可能性もあるでしょう。

無担保のビジネスローンも、もちろん「事業資金」という縛りはあるものの、その範囲内であれば融資金の使い道は比較的自由です。

融資を受けたお金を活用して、事業を行ううえでのピンチやチャンスに臨機応変に対応することができます。

>>無担保のビジネスローンを見てみる

無担保ビジネスローンのメリット

無担保のビジネスローンを利用すべきかは、そのメリットが自社にとって望ましいものかどうかで判断するとよいでしょう。

無担保のビジネスローンのメリットを以下でいくつか紹介します。

無担保ビジネスローンのメリット
  • 審査が早く比較的甘い
  • 他の融資よりも必要書類が少ない
  • 総量規制の対象外
  • 無担保なのでハードルが低い

審査が早く比較的甘い

無担保のビジネスローンは、事業資金の融資を受けられるローンの中では比較的審査がスピーディーに行われ、審査通過の基準も甘めです。

審査に通過できなければ融資を受けられない以上、審査基準が比較的緩いことは、大きなメリットといえます。

また、緊急で資金調達を行わなければならないために、ローンに申込むケースもあるでしょう。

そのような場合は、どれだけ条件がよいローンでも、必要なタイミングに融資が間に合わなければ意味がありません。

審査が早く終わってスピーディーに融資を受けられるという理由で、無担保のビジネスローンが選ばれることも十分考えられます。

他の融資よりも必要書類が少ない

事業資金の融資を受けるためのローンは、申込み時に提出しなければならない書類が多岐に亘ることが多いです。

法人代表者や個人事業主本人の本人確認書類はもちろん、事業計画書や履歴事項全部証明書、納税証明書なども求められることが多いですし、ローンによってはさらにいろいろな書類を提出しなければなりません。

それらの書類をすべて不備なく揃えて提出するためには、多くの時間と手間がかかります。

その点無担保のビジネスローンは、「本人確認書類+α」程度の書類しか求められないことも多いです。

申込みにかかる時間や手間が大幅に少なくて済むのは、無担保のビジネスローンのメリットのひとつといえるでしょう。

総量規制の対象外

担保の有無に関わらず、ビジネスローンは融資金額の制限に影響する「総量規制」の対象外のローン商品です。

総量規制とは、金融機関が融資を行う金額を「申込者の年収の3分の1まで」に制限する規制で、貸金業法の中で制定されています。

総量規制にはいくつか「除外」や「例外」が存在しており、「事業資金に用いるための融資」は総量規制の「例外」に該当します。

そのため、個人事業主が申込む場合でも、融資金額を自身の年収の3分の1までに制限されることがありません。

実際に融資を受けられる金額は、返済能力などを踏まえて審査で決定されるものの、自身の年収の3分の1を超える金額の融資を受けられる可能性が残されているのは、ビジネスローンのメリットです。

無担保なのでハードルが低い

担保を用意しなければならないローンだと、ローンの申込み条件の時点で、多くの法人や個人事業主がふるいにかけられることになります。

とくに最近では、起業に対するハードルが心理的にも金銭的にも下がってきていることから、より多くの人がさまざまな分野で事業を立ち上げています。

ただ、そういった人のすべてが担保にできる不動産を保有しているわけではないどころか、むしろ有担保ローンに申込める人のほうが少ないでしょう。

無担保で申込めるということは、より多くの人が利用できる可能性があり、申込みのハードルが低いということなので、資金調達を検討している人にとっては大きなメリットといえます。

>>無担保のビジネスローンを見てみる

無担保ビジネスローンの注意点

無担保のビジネスローンには、無担保であるがゆえに注意すべきポイントもいくつかあります。

無担保のビジネスローンの注意点について以下で説明しましょう。

無担保ビジネスローンの注意点
  • 有担保より金利が高く限度額が低め
  • 個人の信用度が比較的重要
  • 適用条件が厳しめの場合もある

有担保より金利が高く限度額が低め

担保を取らず、保証人を必要としないケースも多いということは、返済が滞ってしまった場合の回収が難しいので、金融機関にとってリスクの大きな融資であるといえます。

金融機関はローンのリスクに伴って適用金利や融資限度額を調整しており、リスクの少ないローンの場合は適用金利が低めで、限度額は高めです。

一方、無担保のビジネスローンのようにリスクが高めのローンでは適用金利は高めに、限度額は低めに設定される傾向にあります。

調達する必要がある金額はケースバイケースで異なると思いますが、少なくとも「調達したい金額<上限限度額」となるローンを選ばなければなりません。

限度額の低さゆえに、資金調達時の選択肢に入らない可能性があるのは、無担保のビジネスローンを検討する際に注意しておかなければならないポイントです。

個人の信用度が比較的重要

担保や保証人を取らないローンで審査時に重要なウェイトを占めるのは、「個人の信用情報」です。

信用情報は、クレジットカードの支払いやローンの返済といった「信用取引」に関する履歴が蓄積されている情報で、「返済の確からしさ」を判断する材料になります。

担保や保証人を取らない以上、「きちんと返済してくれそうな相手」を選んで融資を行うことが非常に重要なので、信用情報がきれいかどうかが審査結果に及ぼす影響は大きいでしょう。

法人代表者や個人事業主の方で、過去に信用取引に傷を付けてしまいそうなことをしたことがある場合は、無担保のビジネスローンを利用できない可能性があることに、注意しておかなければなりません。

適用条件が厳しめの場合もある

上でも触れたように、無担保のビジネスローンは金融機関にとってのリスクが高めのローンです。

そのため、金融機関によっては申込み条件を厳しめに設定することで、申込者をふるいにかけていることもあります。

たとえば、創業してから1年以上経過していることが条件になっていたり、税金の未納があると申込めなかったり、といった具合です。

これらの条件は金融機関によりけりなので、申込みを検討しているビジネスローンがある場合は、申込み条件をクリアしているかどうかを最初に確認しておくのが賢明です。

>>無担保のビジネスローンを見てみる

ビジネスローン以外の無担保資金調達

無担保で資金調達を受けたい場合に、無担保のビジネスローンは便利な方法のひとつです。

ただ、無担保で資金調達を受けるための方法はほかにもあるので、それらの方法と天秤にかけたうえで、無担保のビジネスローンを利用すべきかを判断しなければなりません。

ビジネスローン以外に無担保で資金調達が可能な方法を以下で紹介します。

ビジネスローン以外の無担保資金調達
  • 無担保の銀行融資
  • 事業者カードローン
  • ファクタリング

無担保の銀行融資

銀行融資では担保や保証人を求められることが多いですが、銀行によっては無担保で融資を行ってくれる場合もあります。

また、銀行と並んで資金調達時にお世話になることの多い日本政策金融公庫でも、無担保の融資を取り扱っています。

どちらも、無担保であるがゆえに申込み条件は少し厳しめに設定されていますが、条件さえクリアできていれば無担保での資金調達において、優先的に検討すべき方法です。

とくに日本政策金融公庫からの融資は、創業して間もない時期でも受けられる可能性があるので、スタートアップやベンチャー企業にとって重宝するでしょう。

事業者カードローン

事業者カードローンは、「事業資金の融資を受けられるカードローン」です。

一般的にカードローンは、個人を対象にして資金使途自由の融資を行うローンですが、事業者カードローンは、法人や個人事業主を対象にしています。

利用限度額の範囲内であれば、いつでも自由に借入できるというカードローンならではの特徴はもちろん備えていますし、申込んでから融資を受けられるまでのスピードも早いです。

通常のカードローンとは異なり、融資金の資金使途が事業資金に限定されることや、適用金利が比較的高めなことに注意して、利用すべきかどうかを検討するとよいでしょう。

ファクタリング

ファクタリングは、入金される前の売掛金を利用して資金調達を行う方法です。

売掛金は、遅くともその期日には現金化されますが、期日よりも前に資金調達を行う必要がある場合に、ファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金化できます。

ファクタリングは、資金調達を行う企業とファクタリング会社だけで契約する「2社間ファクタリング」と、売掛先の企業も含めて契約を行う「3社間ファクタリング」に、大きく分類されます。

2社間ファクタリングでは、比較的スピーディーに手続きを進められますし、売掛先の企業にファクタリングをしていることを知られる心配はありませんが、手数料が少し高めです。

3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングよりも手数料を抑えられるメリットがある一方で、契約に関わる会社が増える分だけ手続きに時間がかかりますし、売掛先企業にファクタリングのことを知られてしまいます。

それぞれメリットとデメリットがあるので、何を重視するかによって2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらを利用するかを、決めるとよいでしょう。

無担保ビジネスローンに関するよくある質問

これまでに無担保のビジネスローンを利用したことがなければ、無担保ビジネスローンで資金調達を行うことに対して、漠然とした不安を感じるかもしれません。

そこで、以下では無担保ビジネスローンに関するよくある質問に対して、Q&A形式で回答していきます。

無担保ビジネスローンを利用しようかと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

無担保ビジネスローンに関するよくある質問
  • 申し込みの対象者は?
  • 即日の融資は可能ですか?
  • ノンバンクの無担保融資はありますか?

申し込みの対象者は?

無担保ビジネスローンは、法人代表者もしくは個人事業主を対象にしたローン商品です。

事業を営んでいない方では、利用できません。

また、ローンによっては融資対象者を法人代表者のみに限定している場合もあるので、個人事業主の方が申込む場合は、先に申込み条件を確認しておいたほうがよいでしょう。

即日の融資は可能ですか?

即日の融資が可能かどうかはケースバイケースですが、即日融資に対応している無担保ビジネスローンは比較的多いです。

緊急で資金調達を行わなければならない場合に、重宝するローンといえるでしょう。

即日融資を受けるためには、当日中にすべての手続きを完了させなければならないので、なるべく早めの時間帯に申込むことを心がける必要があります。

ノンバンクの無担保融資はありますか?

無担保ビジネスローンはさまざまな金融機関で取り扱われており、ノンバンクが提供している商品もあります。

ノンバンクの無担保ビジネスローンは、銀行の無担保ビジネスローンに比べると、審査期間が短めで審査通過のハードルも低めのことが多いですが、その分金利は少し高めに設定されている傾向にあります。

融資時に重視するポイントを踏まえたうえで、利用するビジネスローンを決めましょう。

利便性が高い無担保ビジネスローンを利用しよう

今回は、おすすめの無担保ビジネスローンやメリット、注意点について見てきました。

あらかじめ、おすすめのビジネスローンを知っておくことで、種類が多くある中で選ぶ際の手間を減らすことができます。

無担保メリットについては、利用する前にあらかじめ理解することで、最大限に活用することができ、注意点についても、余計な手間やリスクを回避することにも繋がります。

ぜひ、今回紹介したことを参考に、自分自身に合った無担保のビジネスローンを探してみてください。

【最短即日・個人事業主もOK!】

資金繰りに困ったら「AGビジネスサポート」の無担保ビジネスローンがおすすめ。

銀行融資ではないため、銀行融資を断られた方でもビジネスローンを組める可能性は非常に高いです。

また、AGビジネスサポートなら原則無担保無保証即日融資を受けることができます!

※AGビジネスサポートは法人・個人事業主を対象としたビジネスローンです。

WizBiz|はじめての方へ

WizBizは、売上拡大、人材採用・育成、新規事業、資金調達など、企業成長に直結するテーマで経営者向けにセミナーを開催しています。 詳しくはこちら

WizBiz|無料プレゼント

『社長の孤独力』(新谷哲/著) の【抜粋版】を無料プレゼントしております!

71の課題の中から「資金・人材・売上・採用・後継者」の5つを抜粋いたしました。銀行からお金が借りれない、社員がすぐに辞めてしまう、売上を伸ばしたい、など、具体的なお悩みの解決策が掴めます。ぜひご覧ください。

WizBiz株式会社概要・運営者情報

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するオンラインセミナー「WizBiz 経営セミナー」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

特記事項

※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
目次