メニュー
イチ押しのビジネスカード
三井住友カードビジネスオーナーズ
イチ押しのビジネスローン
イチ押しのファクタリング
ビートレーディング

ビジネスローンは無担保でも利用可能?無担保ビジネスローンの注意点まで徹底解説

ビジネスローン無担保

「無担保でビジネスローンを利用したい」「おすすめの無担保ビジネスローンを知りたい」などと思っている方は多いのではないでしょうか。

無担保で融資が可能なビジネスローンも増えているため、自身の利用目的に合わせて利用可能です。

そこで今回は、無担保でビジネスローンを利用したい方に向けて、おすすめのビジネスローンやメリット、注意点を紹介していきます。

適切な資金調達を行いたいなら「AGビジネスサポート」がおすすめです。

担保が必要なビジネスローンが多い中AGビジネスサポートなら原則無担保無保証で即日融資を受けることができます。

また申込から融資まで来店不要で、資金用途も自由です。

法人のみならず個人事業主の方も融資の対象となっています。

AGビジネスサポート
事業者向けビジネスローン
GMOあおぞらネット銀行
あんしんワイド
ファンドワン
事業者ローン
融資時間最短即日最短2営業日最短即日
融資限度50万円~1,000万円~1,000万円30万円〜500万円
金利年3.1%~18.0%年0.9%~14.0%年2.5%〜18.0%
必要書類決算書
代表者身分証 など
入出金明細登記簿謄本
決算書2期分
印鑑証明書 など
担保不要不要不要
オンライン可能可能可能
申込方法AGビジネスサポート
公式サイト
あんしんワイド
公式サイト
ファンドワン
公式サイト
目次

無担保ビジネスローンとは

そもそも無担保ビジネスローンとは、借入や融資の際に担保が必要なく利用することができるローンのことです。

無担保では、責務者の返済が難しくなってしまうと、債権者にはデメリットしかありません。

無担保ビジネスローンでは、そのようなデメリットを防ぐために、借入限度額が設定されていたり、金利が高めに設定してあります。

具体的な無担保ビジネスローンの特徴としては、下記2つが挙げられます。

  • 個人信用の影響が大きい
  • 審査から融資までのスピードが早い

それぞれの無担保ビジネスローンの特徴について、具体的に紹介していきます。

個人信用の影響が大きい

無担保ビジネスローンでは、過去に支払い滞納などがあり、ブラックリストに乗っている場合は基本的には利用することが難しいです。

以下のような個人情報が無担保ビジネスローンの個人信用対象として挙げられます。

  • 年齢
  • 勤務先
  • 年収
  • 転職履歴
  • 取引履歴

上記のような項目を調査して、支払い能力があると判断されれば、無担保ビジネスローンを利用することができます。

仮に、無担保ビジネスローンの審査に落ちてしまった場合は、担保が必要な有担保借入の検討をすることをおすすめします。

審査から融資までのスピードが早い

無担保ビジネスローンは、融資を受けたい方のみの信用情報だけで担保となる方の情報を調べる必要がないので、審査から融資までのスピードが早い特徴があります。

消費者金融や銀行によって多少異なりますが、審査が最短30分で行い、実際に1時間で融資を受けることが可能です。

しかし、無担保ビジネスローンでも、消費者金融や銀行などによっては、審査から融資を受けるまでに、時間がかかってしまう場合もあるため、あらかじめ注意が必要になります。

無担保ビジネスローンのおすすめ8選

おすすめの無担保ビジネスローンを理解しておくことで、種類が多くある中で選ぶ際の手間を減らすことができます。

また、実際に利用する際に、損をしてしまう可能性もあります。

これから無担保ビジネスローンを利用したいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

1位:AGビジネスサポート

AGビジネスサポート
限度額50万~1,000万円
金利3.1%~18.0%
即日融資
対象法人(~75歳)
個人事業主 (~69歳)
用途事業資金
担保不要

「AGビジネスサポート」は使用用途が自由で、事業資金の範囲内であれば目的を問わず利用できるビジネスローンです。

Web上でも全国のATMでも借入れ・返済を行うことができるため、とても便利です。

また来店不要で融資まで完結できるため、忙しい方でもスムーズに融資まで行うことができるでしょう。

  • Web完結
  • 手数料無料
  • 使用用途が自由

2位:GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

GMOあおぞらネット銀行
限度額10万~1,000万円
金利0.9%~14.0%
即日融資×
対象法人
用途運転資金
担保不要

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」は口座の入出金データで資金調達をし、必要な資金をいつでも借りられる「融資枠型ビジネスローン」です。

契約期間内は融資枠の範囲で、いつでも・どこからでも・何度でも、インターネットバンキングから手続きができ、手数料不要・審査不要で借り入れができるため、資金計画に合わせた柔軟な資金調達が可能です。

  • 2022年5月サービス開始
  • 金利 0.9-14.0%
  • 限度額最大 1,000万円

3位:ファンドワン株式会社

ファンドワン
限度額30万~500万円
金利2.5%~18.0%
即日融資
対象法人
用途運転資金
担保不要

ファンドワンの「事業者向けビジネスローン」は赤字決算や銀行の融資審査に落ちた場合でも利用可能です。

商品の種類も豊富で、担保が不要な事業者ローンから不動産担保融資や売掛債権担保融資まで揃っています。

即日で融資をしてもらうことの可能なので、最適なローンをその場で適用したい場合におすすめです。

  • 最短即日融資
  • 長期返済も可能
  • 担保ローンを選ぶことも可能

4位:アクト・ウィル 「ビジネスローン」

アクト・ウィル
限度額300万~1億円
金利7.5%~15.0%
即日融資
対象法人
用途事業資金
担保不要

アクト・ウィルの「ビジネスローン」は法人向けのビジネスローンで、来店不要で全国的に申し込みをすることができます。

最大で1億円の融資が可能で、最短即日の融資にも対応していることが特徴。

審査も最短で60分と短いため、スピーディーに資金調達できるでしょう。

  • 来店不要
  • スピーディーな審査
  • 無担保、保証人不要

5位:オージェイ「無担保融資」

オージェイ
限度額30万~2,000万円
金利10.0%~15.0%
即日融資
対象法人・個人事業主
用途事業資金
担保不要

オージェイの「ビジネスローン」にはいくつか種類があり、特に人気とされるのが「無担保融資」です。

なおかつ、利用限度額は最大で2,000万円と高額なことが特徴的。

申し込み時間によっては即日融資も可能なので、お急ぎの方でも迅速に資金問題を解決できるでしょう。

  • スピーディーな審査
  • 無担保、保証人不要
  • 利用限度額が高い

6位:デイリーキャッシング

デイリーキャッシング
限度額200万~5000万円
金利5.2%~14.5%
即日融資
対象法人・個人
用途自由
担保不要

株式会社デイリープランニングの「デイリーキャッシング」は担保や保証人なしで最大5000万までの融資を受けることができます。

支払い期間も最長30年まで設定可能なので、無理のない返済プランで大きな融資を受けることができます。

また、即日融資を受けることも可能なので、資金ショートを回避するためのつなぎ資金が欲しい場合にもおすすめです。

  • 全国対応
  • 即日融資が可能
  • 24時間申し込み可能

7位:Carent

Carent
限度額1万~500万円
金利7.8%~18.0%
即日融資
対象法人
用途事業資金
担保不要

株式会社IPGファイナンシャルソリューションズの「Carent」は少額の融資を最速で調達するのに最適なビジネスローンです。

融資の利用限度額は1万円~500万円で、決算書や事業計画・収支計画・資金計画などの必要資料が用意できればすぐに融資を受けることができます。

また、利用年会費や保証料は無料なので、資金調達に無駄なお金をかけたくない場合にもおすすめです。

  • 最短即日
  • 保証人・担保不要
  • 年会費・保証料が無料

8位:ニチデン「事業者ローン」

ニチデン
限度額~1億円
金利4.8%~17.52%
即日融資
対象法人・個人事業主
用途事業資金
担保必要な場合のみ不動産担保

ニチデンの「事業者ローン」は20年間の長期返済を可能としているため、余裕を持って返済を行うことができるのが特徴です。

最大で1億円の融資が可能なので、事業拡大のためにまとまった資金の調達を考える方はぜひ検討してみると良いでしょう。

また即日融資にも対応しているところがポイント。

  • スピーディーな審査
  • 利用限度額が高い

無担保ローンの種類とは

「無担保ローンの種類について詳しく知りたい」と思っている方は多くいることでしょう。

無担保ローンの種類を理解することによって、自身が利用したいローンを選ぶことができるメリットがあります。

具体的に、無担保ローンの種類については、主に下記4つが挙げられます。

  • ビジネスローン
  • カードローン
  • フリーローン

それぞれの無担保ローンについて、紹介していきますので、どれが自分に合っている無担保ローンなのか確認しておきましょう。

ビジネスローン

ビジネスローンとは、個人事業主や法人経営者が事業資金として、融資を申し込む事ができるローンのことです。

特徴としては、返済期間が長くて、金利が安いことが挙げられます。

具体的な事業資金としての利用方法については、主に以下が挙げられます。

  • 開業資金
  • 設備投資
  • 開業資金
  • つなぎ融資

審査については、銀行や消費者金融によって、審査の厳しさや融資できる早さが多少異なるため、あらかじめ確認をしておきましょう。

カードローン

カードローンとは、借入用途が限定されていないため、原則として自由に使うことができる無担保ローンのことです。

利用限度額は、指定された金額範囲内であればその都度借入をすることができるので、利便性が非常に高い特徴があります。

消費者金融や銀行によって多少異なりますが、全国の提携しているATMで好きなタイミングで借入をすることが可能です。

フリーローン

フリーローンとは、名前の通り借入の使いみちを自由に利用することができます。

基本的には、一度の契約での借入できるのは一回のみで、追加で借入をしたい場合には、再度申し込みをする必要があります。

申込みをする際には、銀行やクレジット会社などによって用途を申告しなければならない場合があるので、あらかじめ注意が必要です。

また、先ほど紹介したカードローンに比べて金利が安い傾向があるため、返済金額をなるべく安く抑えたい方はフリーローンを利用することをおすすめします。

無担保ビジネスローンのメリット

無担保ビジネスローンのメリットを理解することによって、最大限に活用することができるので、利用する前に理解することをおすすめします。

具体的な無担保ビジネスローンのメリットについては、以下が挙げられます。

  • さまざまな目的で利用することができる
  • 保証人がいなくても借入ができる
  • 審査が早い
  • 総量規制の対象にならない

それぞれのメリットについて、特徴や具体例などを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

さまざまな目的で利用することができる

無担保ビジネスローンは、基本的にはさまざまな目的で利用することができるため、非常に使い勝手が良い特徴があります。

具体的な利用目的として、主に以下が挙げられます。

  • 冠婚葬祭
  • 生活費
  • 娯楽

銀行融資などでは、融資を受ける際にはあらかじめ利用目的の申請をする必要がありますが、無担保ビジネスローンでは上記のようにさまざまな目的で利用することができます。

しかし、利用する無担保ビジネスローンによっては、利用目的が制限されている場合もあるため、あらかじめ注意が必要です。

保証人がいなくても借入ができる

無担保ビジネスローンでは、原則として、担保が必要ないはもちろんですが、保証人がいなくても借入をすることができます。

実際に、個人事業主が銀行で融資を受ける際には、「担保にできるような資産をもっていない」「保証人になってくれる人がいない」などと悩まれているケースが多い傾向です。

そのような方には無担保ビジネスローンを利用することによって、借入ができる可能性を上げることができます。

審査が早い

無担保ビジネスローンでは、申込みから審査までが早いため、実際に融資を受けるまでの日数が短いメリットが挙げられます。

審査をする際には、個人信用を自動で計算することができるスコアリングシステムを活用しているため、できるだけ審査を簡潔化することができます。

例として、銀行や信用金庫などで融資を受ける場合には、1〜2ヶ月ほど掛かる場合がありますが、ノンバンクの場合だと最短で即日融資を受けることが可能です。

「急な支払いがあり、今ズグにでも資金が必要」という場合には、無担保ビジネスローンを利用することをおすすめします。

総量規制の対象にならない

借入をする際に、賃金業法では「個人が借入できる金額は年収の3分の1」という規制があり、このことを「総量規制」と呼ばれています。

無担保ビジネスローンは、基本的には総量規制の対象外になっているため、借りたい金額が年収の3分の1を超えている場合でも借り入れすることができます。

例として、事業を拡大するために多額の資金が必要などの場合でも、無担保ビジネスローンであれば融資を受けることができる可能性が高いです。

総量規制で多額の資金が借りられない方であれば、無担保ビジネスローンの申込みをしてみましょう。

無担保ビジネスローンの注意点

無担保ビジネスローンの注意点を理解しておくことで、余計な手間が掛かってしまったり、損をしたりするリスクを減らすことができます

具体的な無担保ビジネスローンについては、下記2つが挙げられます。

  • 金利が高い
  • 個人の信頼度が低いと借りられない場合がある

上記の注意点について、紹介していきますので、これから初めて無担保ビジネスローンを利用したいと検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

金利が高い

無担保ビジネスローンは、金利が高い特徴があるので、借入をする際には注意が必要です。

しかし、「売上が入金したらすぐに返済することができる」「つなぎ資金として必要なため、短期的に借入する」などの場合であれば、返済期間が短いため金利を抑えることができます。

利用する目的によっては、大きなデメリットになることはないので、借入をする際には、金利が高いということを理解した上で活用することをおすすめします

個人の信頼度が低いと借りられない場合がある

個人の信頼度が低いと借りられない場合あるについては、契約内容や支払い状況などを調べて個人信頼度が低いと判断されれば借入ができない可能性があります。

具体的に個人の信頼度を調べる項目については、以下が挙げられます。

  • 資産
  • 人柄
  • 勤務先
  • 職種
  • 交友関係
  • ライフスタイル
  • 年齢

仮に個人信頼度が低いと判断された場合には、上記の項目を見直してから、再度無担保ビジネスローンの申込みをするようにしましょう。

利便性が高い無担保ビジネスローンを利用しよう

今回は、おすすめの無担保ビジネスローンやメリット、注意点について見てきました。

あらかじめ、おすすめのビジネスローンを知っておくことで、種類が多くある中で選ぶ際の手間を減らすことができます。

具体的におすすめの無担保ビジネスローンについては、「三井UFJ銀行カードローン」「プロミス自営者カードローン」「プロミスレディース」の3つが挙げられます。

無担保メリットについては、利用する前にあらかじめ理解することで、最大限に活用することができ、注意点についても、余計な手間やリスクを回避することにも繋がります。

ぜひ、今回紹介したことを参考に、自分自身に合った無担保のビジネスローンを探してみてください。

適切な資金調達を行いたいなら「AGビジネスサポート」がおすすめです。

担保が必要なビジネスローンが多い中AGビジネスサポートなら原則無担保無保証で即日融資を受けることができます。

また申込から融資まで来店不要で、資金用途も自由です。

法人のみならず個人事業主の方も融資の対象となっています。

※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次