メニュー
イチ押しのビジネスカード
三井住友カードビジネスオーナーズ
イチ押しのビジネスローン
イチ押しのファクタリング
ビートレーディング

資金調達の方法は何がある?即日借入や返済不要のサービスまで紹介!

資金調達の方法

個人事業主や中小企業のオーナーの方の中には資金調達を検討している方も多いです。

中には、即日で資金調達を行いたい場合や返済不要のサービスを検討したい方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、法人と個人事業主の両方を対象に資金調達の方法や具体的なサービスについて詳しくご紹介します。

目的に応じた資金調達の方法も解説するので、検討している方はぜひ理解してみて下さい。

10秒で完了

適切な資金調達診断

>診断結果<

条件に合う資金調達は「ビジネスローン」。 ビジネスローンは事業資金を借入できるローンです。 銀行をはじめとして、信販会社やカード会社・消費者金融など、さまざまな金融機関で取り扱われています。 ローンとしての性質は基本的に同じですが、融資金額や適用金利・融資までのスピードなどは金融機関によって大きく変わります。 自社が置かれている状況を踏まえて、どの金融機関のビジネスローンを利用すべきかを考えることが重要です。

>>ビジネスローンを比較してみる<<

もう一度診断する

>診断結果<

条件に合う資金調達は「ファクタリング」。 ファクタリングは、売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達を行う方法です。 売掛債権で決められた期日よりも前に資金が必要な場合は、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことで支払いサイトを短縮して資金繰りを改善させることができます。 自社が置かれている状況を踏まえて、どのファクタリング会社を利用すべきかを考えることが重要です。

>>ファクタリングを比較してみる<<

もう一度診断する

>診断結果<

条件に合う資金調達は「エンジェル投資」。 エンジェル投資は、ベンチャーやスタートアップといった起業して間もない企業を中心にお金を出資する、いわゆる「エンジェル投資家」から資金調達を行う方法です。 エンジェル投資家から調達できる資金は「融資」ではなく「出資」なので返済する義務はありません。 また、エンジェル投資家は自分自身も経営者である(だった)ことも多いので、経営に行き詰まっている場合はアドバイスをくれたり、サポートしてくれる人物を紹介してくれることもあります。 自社が置かれている状況を踏まえて、どのエンジェル投資サービスを利用すべきかを考えることが重要です。

>>エンジェル投資サービスを比較してみる<<

もう一度診断する

目次

資金調達は大きく分けて4種類

資金を調達するための方法にはいろいろありますが、それらは大きく4つに分類することができます。

4種類の資金調達方法について詳しく説明します。

資金調達の種類
  • デット・ファイナンス
  • エクイティ・ファイナンス
  • アセット・ファイナンス
  • 補助金や助成金

デット・ファイナンス

デット・ファイナンスの「デット」は、英語で「債務・借金」という意味です。

つまりデット・ファイナンスとは、金融機関などからの借入によって資金調達を行う方法を指します。

デット・ファイナンスで調達した資金はあくまでも借金なので、後々利息を上乗せして返済しなければなりません。

返済によって事業運営が圧迫されすぎることのないように、借り入れる金額や返済期間・適用利率などを熟考したうえで、資金調達を行うべきかどうかを判断しましょう。

エクイティ・ファイナンス

エクイティ・ファイナンスの「エクイティ」は英語で「資本」という意味です。

つまりエクイティ・ファイナンスとは、主に株式の発行によって資本を増やすことで資金を調達する方法を指します。

デット・ファイナンスとは異なり、調達した資金は自己資本であり返済する必要がないのは事業運営における大きなメリットです。

ただし、株式を発行することで新たな株主が増えたり、既存の株主の株式保有割合が増えたりすることによって経営に介入される可能性があることは、把握しておかなければなりません。

アセット・ファイナンス

アセット・ファイナンスの「アセット」は英語で「資産」という意味です。

つまりアセット・ファイナンスとは、自社が保有している資産を元手にして資金調達をする方法を指します。

利用される資産は不動産や売掛債権などが中心で、資産価値によって調達できる金額も大きく変わります。

融資を受けたり株式を新規発行したりするためには企業の信用力や業績の影響が大きいですが、アセット・ファイナンスでは資産自体に価値があれば問題ありません。

そのため、業績が悪化している企業や規模のそこまで大きくない企業でも資金調達を行いやすいのがメリットです。

補助金や助成金

自治体によっては、企業運営をサポートするための補助金や助成金を設けていることがあります。

利用するために条件があったり、調達した資金の使い道が決められていたりといった制限があるものも多いですが、国や自治体から交付されるお金なので、返済義務がないのが大きなメリットです。

こういった制度は新たに設けられることもあれば、逆に従来の制度が廃止になることもありますし、申し込むための条件が微妙に変化することもあります。

補助金や助成金を利用して資金調達を行おうとお考えの場合は、それらの制度の詳細をきちんと確認することを心がけましょう。

資金調達の具体的な方法

実際にどのような方法で資金調達を行うべきかは、企業が置かれている状況や調達したい金額によって変わってきます。

代表的な資金調達の方法について、その特徴などを以下で詳しく説明します。

資金調達の具体的な方法
  • ビジネスローン
  • 銀行融資
  • ファクタリング
  • エンジェル投資
  • 法人・ビジネスカード
  • 資本性劣後ローン
  • ベンチャーキャピタル
  • クラウドファンディング

ビジネスローン

ビジネスローンは事業資金を借入できるローンです。

銀行をはじめとして、信販会社やカード会社・消費者金融など、さまざまな金融機関で取り扱われています。

ローンとしての性質は基本的に同じですが、融資金額や適用金利・融資までのスピードなどは金融機関によって大きく変わります。

自社が置かれている状況を踏まえて、どの金融機関のビジネスローンを利用すべきかを考えることが重要です。

銀行融資

銀行融資は「プロパー融資」と「信用保証協会の保証付き融資」の2つに大きく分けられます。

どちらも銀行から受ける融資に変わりはありませんが、信用保証協会の保証付き融資では信用保証協会が保証してくれることによって、企業からの返済が滞っても基本的に銀行が損害を被ることはありません。

一方のプロパー融資では、信用保証協会を介さずに銀行と企業だけで融資の契約を交わすので、万が一企業からの返済が滞るとその分は銀行がまるまる損害を被ることになります。

そのため、プロパー融資と信用保証協会の保証付き融資を比較すると、前者のほうが厳しい審査が行われますし、銀行との付き合いが薄い企業ではプロパー融資は利用できません。

まずは信用保証協会の保証付き融資を何度か受け、問題なく返済を繰り返すことで銀行からの信用を得ることでプロパー融資を受けられる可能性が出てきます。

ファクタリング

ファクタリングは、売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達を行う方法です。

売掛債権で決められた期日よりも前に資金が必要な場合は、ファクタリング会社に売掛債権を買い取ってもらうことで支払いサイトを短縮して資金繰りを改善させることができます。

ファクタリングには、自社とファクタリング会社だけで完結する「2社間ファクタリング」と売掛先の企業も契約に含める「3社間ファクタリング」があります。

3社間ファクタリングのほうが手数料を抑えることができますが、ファクタリングをしていることを売掛先の企業に知られた場合、今後の取引に影響が出る可能性も考えられます。

売掛先に知られずにファクタリングを行いたい場合は、手数料は多少高くなりますが2社間ファクタリングを利用するのが無難です。

エンジェル投資

エンジェル投資は、ベンチャーやスタートアップといった起業して間もない企業を中心にお金を出資する、いわゆる「エンジェル投資家」から資金調達を行う方法です。

エンジェル投資家から調達できる資金は「融資」ではなく「出資」なので返済する義務はありません。

また、エンジェル投資家は自分自身も経営者である(だった)ことも多いので、経営に行き詰まっている場合はアドバイスをくれたり、サポートしてくれる人物を紹介してくれることもあります。

自社の理念や方針などに共感・賛同してくれるエンジェル投資家と出会えるかどうかは運の要素も大きいですが、うまく知り合えた場合は出資をお願いしてみてもよいでしょう。

法人・ビジネスカード

法人カードやビジネスカードには、キャッシングを行える機能が付帯しているものもあります。

借り入れられる金額はカードによってまちまちですが、急いで資金を調達したい場合には重宝するでしょう。

また、法人・ビジネスカードで支払いを行うことによって手元から資金がなくなるのを先送りできます。

厳密には資金調達を行ったわけではありませんが、そういった形で手元のお金に余裕を持たせることが効果的なケースもあります。

資本性劣後ローン

資本性劣後ローンは「資本性」が表すとおり、融資でありながら借り入れた金額を自己資本とみなすことができる特殊なローンです。

また「劣後」であることによって、万が一企業が倒産してしまってもこのローンに対する返済は後回しにすることができます。

業績によって適用金利が変動するという特徴も持っているので、赤字のときには利息負担を抑えられるのも魅力です。

通常の融資と比べて審査が厳格に行われる傾向がある、そもそもの適用金利が少し高めに設定されているといった点には注意すべきですが、利用するタイミングに注意すれば便利なローンといえるでしょう。

ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルとは、エンジェル投資家同様にベンチャーやスタートアップといった企業を中心にお金を出資する企業です。

出資を受けることで経営に関するアドバイスを受けられますし、ベンチャーキャピタルを中心とした企業のつながりに加わることで、さまざまな企業や業界との接点を持ちやすくなることも、副次的なメリットといえるでしょう。

ただし、ベンチャーキャピタルはあくまでも事業として出資を行っています。

出資先企業の事業成長が思わしくなければ、ベンチャーキャピタル自身の利益にも関わってくるため、経営にプレッシャーをかけられる可能性もあることは念頭に置いておくべきでしょう。

クラウドファンディング

クラウドファンディングでは、専用のサイトやサービスを通じて、一般の方などから広くお金を募ることができます。

出資してもらったお金は返済義務がありませんし、企業の魅力・熱意や商品・サービスの性能・可能性にもよりますが、上限なくお金を出資してもらうことが可能です。

起業したばかりで金融機関から融資を受けるのは難しいものの、商品やサービスには絶対の自信があるという場合は、クラウドファンディングを利用することで効率的に資金調達を行えるかもしれません。

共感や賛同を得られなければ出資してもらうことは難しいので、想定している金額を集められない可能性もあることには、注意が必要です。

目的に応じた資金調達の方法

上述してきたように資金調達にはさまざまな方法がありますが、目的によってどの方法を選択すべきかは変わります。

目的に応じた資金調達の方法について以下で詳しく説明します。

目的に応じた資金調達の方法
  • 急ぎの場合は即日可能なサービス
  • 好業績の事業拡大は低金利の融資
  • 起業ならエンジェル投資か創業融資

急ぎの場合は即日可能なサービス

資金調達までにかかる時間は方法によって異なりますが、急きょ資金を調達しなければならないケースもあるでしょう。

そのような場合は、即日で資金調達できるサービスを選ぶ必要があります。

ノンバンクが取り扱っているビジネスローンの中には、即日融資に対応しているものがありますし、法人・ビジネスカードを既に持っていれば、すぐにキャッシングを行うことが可能です。

また、エンジェル投資家との関係性によっては、即日でお金を用立ててもらえるかもしれません。

即日での資金調達は難しくても、2〜3日後であれば対応しているような方法もあるので、資金調達の猶予に応じて方法を選択しましょう。

好業績の事業拡大は低金利の融資

業績が好調で事業拡大を目指すために資金調達を行いたい場合は、金融機関からの融資を検討しましょう。

金融機関から融資を受ける場合、適用される金利は審査によって決定されますが、業績が好調な企業に対する融資は金融機関にとっても低リスクです。

そのため、低めの金利が設定されることが多いといえます。

そもそもの設定金利が低めの融資サービスを選んだほうがよいことは間違いないので、低めの金利の融資サービスを中心に検討しましょう。

起業ならエンジェル投資か創業融資

起業時には、当然ながら業績や利益といった指標がないため、金融機関から融資を受けるのは難しいです。

そのため、他の方法を中心に検討することになりますが、おすすめなのはエンジェル投資や創業融資です。

エンジェル投資家の中には、企業の将来性や熱意・ポテンシャルに対して出資を行ってくれる人もいるので、起業を目指すにあたっては頼りになる存在です。

創業融資は日本政策金融公庫で取り扱われている融資ですが、日本政策金融公庫は事業に取り組む方々を支援することを目的に設立された、政策金融機関です。

さまざまなフェーズの企業に対する融資制度が設けられていますが、創業融資は起業に特化した融資なので、売上実績等を提示することなく融資を受けられる可能性があります。

資金調達に必要な準備

資金調達を行うにあたってはさまざまな手続きが必要になりますが、きちんと準備ができているかどうかで資金調達の成功可能性や適用条件も変わってきます。

資金調達前に行っておくべき準備について以下で詳しく説明します。

資金調達に必要な準備
  • 必要な会計知識を理解する
  • 細かい事業計画を作る
  • 自己資本比率をできるだけ高める

必要な会計知識を理解する

資金調達を行うにあたって、会計知識は必要不可欠です。

現在の資本金や売上・利益などをもとにして、どれくらいの資金調達を行う必要があるか(行えそうか)、毎月の返済金額はどの程度以下に抑えるべきかなどを適切に判断できなければ、資金調達後に企業運営がうまくいかなくなる可能性も考えられます。

代表者自身が必ずしも理解する必要はないので、事業運営のみに力を注ぎたい場合は、専門のスタッフを雇うとよいでしょう。

細かい事業計画を作る

金融機関に融資を申し込む場合、今後の事業計画を提出するよう求められることが多いです。

事業計画は融資の可否や適用金利に影響する重要なものなので、なるべく細かく作成することが重要です。

事業計画を詳細に練ることで、資金を調達すべきタイミングやその金額なども適切に把握しやすくなるので、自社にとってより適した形で資金調達を行いやすくなるでしょう。

自己資本比率をできるだけ高める

自己資本比率とは、総資産における自己資本の割合を表す指標で、経営の安定性を判断する際に用いられます。

「自己資本比率が低い」=「借入などで資金調達を行っている」ということであり、毎月生じる返済負担によって経営が圧迫される可能性が懸念されます。

自己資本比率が低くなると金融機関からの融資を受けにくくなるので、自己資本比率をできるだけ高めておくことを意識しましょう。

資金調達で注意すべきポイント

資金調達を行う際、選択できる手段が複数あるケースも多いです。

そのような場合、それぞれの手段同士を比較検討したうえでどういった方法で資金調達を行うべきかを判断しなければなりません。

資金調達で注意すべきポイントについて以下で詳しく説明します。

資金調達で注意すべきポイント
  • 利子や手数料を考慮する
  • フェーズに合った手段を選ぶ
  • お金以外の条件も比較する

利子や手数料を考慮する

融資を受ければ適用金利に応じた利子が発生しますし、ファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社に手数料を支払わなければなりません。

調達できる金額が同じだとしても、利子や手数料に差があることによってそれぞれの手段に対して明確に優劣を付けられることもあります。

利子や手数料が経営に与える影響まで鑑みて資金調達を行うことで、適切かつ無理のない資金調達が可能になるでしょう。

フェーズに合った手段を選ぶ

自社のフェーズに合った手段を選ぶことで、よりスムーズかつよい条件で資金調達を行いやすくなります。

起業のための資金調達を行いたい場合、金融機関から融資を受けるのは難しいので創業融資やクラウドファンディングを利用するのがおすすめです。

事業がある程度軌道に乗っており規模拡大のための資金調達を行いたい場合は、比較的低い金利で金融機関からの融資を受けられる可能性が高いです。

自社が置かれている状況を客観的に判断しつつ資金調達の方法を選ぶことを意識しましょう。

お金以外の条件も比較する

資金調達の方法によってはお金以外のものが得られる可能性もあります。

エンジェル投資家やベンチャーキャピタルから出資を受けることで、経営に関するアドバイスを受けられますし企業同士のつながりに入りやすくなることも考えられます。

クラウドファンディングを利用すれば、自社や自社の商品・サービスを応援し続けてくれるコアなファンを獲得できるかもしれません。

こういった副次的に得られる効果も踏まえて比較することで、自社の将来にとってよりよい形で資金調達を行えるでしょう。

資金調達を有効活用して事業を成功に導こう

この記事では資金調達の具体的な方法や目的に応じた選び方について解説していきました。

中小企業も個人事業主も、資金調達には多くの選択肢があるので、急いでいない場合は慌てずに比較して検討することをおすすめします。

また、直近で資金調達を考えていない方も経営判断の選択肢として頭に入れておくと良いかもしれません。

適切な資金調達を行いたいなら「AGビジネスサポート」がおすすめです。

担保が必要なビジネスローンが多い中AGビジネスサポートなら原則無担保無保証で即日融資を受けることができます。

また申込から融資まで来店不要で、資金用途も自由です。

法人のみならず個人事業主の方も融資の対象となっています。

※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次