メニュー
イチ押しのビジネスカード
三井住友カードビジネスオーナーズ
イチ押しのビジネスローン
イチ押しのファクタリング
ビートレーディング

消費者金融のおすすめ人気ランキング!即日低金利で借りられるカードローンはこれ!

消費者金融おすすめ

ギャンブルが好きな方は手元にお金があればついギャンブルにつぎ込んでしまうため、慢性的に金欠なことが多いと思います。

中には生活費などの手を付けてはいけないお金にまで手を出してしまい、急遽お金を用立てる必要がある方も、いるのではないでしょうか。

ただ、すぐにお金が必要なものの、お金に困っていることを周囲にはバレたくないという気持ちも同時に抱えているはずです。

そのような方は、消費者金融を利用してお金を借りることがおすすめです。

本記事では、消費者金融の選び方や銀行のカードローンとの違いなどについて説明すると同時に、大手・中小のおすすめ消費者金融も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

今すぐお金を借入するならプロミスのカードローンがおすすめ。

申込〜審査完了まで最短3分ととても早く、24時間365日申し込みができ、夜間振込にも対応している点が人気です。

さらに、初回利用翌日から30日は利息0円で振込手数料も無料のため、初めてのカードローンはプロミスがおすすめです。

プロミス
カードローン
SMBCモビット
カードローン
フタバ
カードローン
SMBCモビットフタバ
融資時間最短3分最短即日最短即日
融資限度1万円~500万円1万円~800万円1万円~50万円
金利年4.5%~17.8%年3.0%~18.0%年14.959%~19.945%
必要書類身分証
源泉徴収票 など
身分証
源泉徴収票 など
身分証
源泉徴収票 など
担保不要不要不要
オンライン可能可能可能
申込方法プロミス
公式サイト
SMBCモビット
公式サイト
フタバ
公式サイト
目次

大手消費者金融おすすめランキング

結論、消費者金融は大手から融資を受けることがおすすめです。

大手消費者金融は資金力があるので、サービスが充実しているうえに限度額も高いです。

また、即日融資が可能な場合や勤務先への電話確認が無い場合もあるので希望に合わせてお金を借りることができます。

1位:プロミス

融資額1〜500万円
借入利率4.5〜17.8%
無利息期間最大30日間
申込対応24時間
審査の時間最短20分
融資までの時間最短20分
担保・保証人不要

プロミスは、最短20分審査とスピード感を持って借り入れができる消費者金融カードローンです。

WEB上で契約すると初回借り入れ日の翌日から最大で30日間無利息のサービスを受けることができます。

また、振込融資は24時間365日利用が可能で、契約書周りや返済などもスマホで完結する便利なサービスです。

>>>プロミスを詳しく見る

2位:SMBCモビット 

SMBCモビット
融資額1~800万円
借入利率3.0~18.0%
無利息期間なし
申込対応24時間
審査の時間10秒簡易審査
融資までの時間最短60分※
担保・保証人不要
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは、WEBからの申し込みを選択すると原則電話連絡をなしにすることができます。

また、1ポイント1円の計算でTポイントを返済に充てることも可能で、借り入れ・返済ともにコンビニのATMで行えるので、ズボラでも返済が滞りません。

誰にもバレずに内緒で借りた方や、ズボラで返済が不安な方にもおすすめの商品です。

>>>SMBCモビットを詳しく見る

3位:アイフル

アイフル
融資額1~800万円
借入利率3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
申込対応24時間
審査の時間最短20分
融資までの時間最短20分
担保・保証人不要

アイフルは、審査の通過率が比較的高く、今すぐお金が欲しいという方におすすめの消費者金融です。

銀行傘下に入っていないので独自の審査を行っており、最短20分のスピーディーな融資を受けることができます。

また、WEB申込の後に急ぎだと伝えると優先的に審査を進めてもらえることもあります。

>>>アイフルを詳しく見る

4位:レイク

レイク
融資額1~500万円
借入利率4.5~18.0%
無利息期間最大180日間
申込対応24時間
審査の時間最短15秒
融資までの時間最短25分
担保・保証人不要

レイクは、無利息期間が最大で180日という他社の6倍にもなるサービスが魅力的です。

また、審査の結果を最短15秒で通知してもらえるサービスも魅力の1つです。

スマホのレイクアプリがあれば全国のセブン銀行ATMをカードなしで利用することも可能です。

返済の総額をなるべく減らしたい方は無利息期間が長いレイクを検討しましょう。

>>>レイクを詳しく見る

5位:アコム

アコム
融資額1~800万円
借入利率3.0~18.0%
無利息期間最大30日間
申込対応24時間
審査の時間最短30分
融資までの時間最短30分
担保・保証人不要

アコムは、契約が成立した後の振込融資がとにかく早く、振込手数料も負担してもらえます。

また、申し込んだ後に自動契約機に行けばカードを即日で発行できます。

もちろん、併設されているATMから現金をその場で借りることもできます。

加えて、楽天銀行の口座を持っている場合は最短1分で振込融資に対応してもらえます。

>>>アコムを詳しく見る

中小消費者金融おすすめランキング

既に他社からの借り入れが多かったりローンを滞納した実績がある方は中小消費者金融も視野に入れる必要があります。

大手の消費者金融は審査にAIなどを用いていますが、一部の中小消費者金融では与信審査に対面制を取り入れているので、信用情報以外の個人的な事情なども考慮してくれます。

ただし、限度額の低さや金利の高さには注意が必要なので、どの項目も確認を怠らないようにしましょう。

1位:フクホー

フクホー
融資額5〜200万円
借入利率7.3~20.0%
無利息期間
申込対応24時間
審査の時間最短即日
融資までの時間最短即日
担保・保証人不要

フクホーは、インターネットから24時間申し込むことができる消費者金融です。

申込時にはセブンイレブンのマルチコピー機で予約番号を入力するだけで契約書類を受け取れます。

融資の限度額は低めなので、高額融資を受けたい方にはおすすめできません。

>>>フクホーを詳しく見る

2位:セントラル

セントラル
融資額1〜300万円
借入利率4.8~18.0%
無利息期間最大30日間
申込対応
審査の時間最短即日
融資までの時間最短即日
担保・保証人不要

セントラルは、中小消費者金融の中でも即日融資の対応率が高い会社です。

また、セブンイレブンのセブン銀行ATMで申し込みや返済を行うことができます。

在籍確認の電話や郵送をなしにすることはできませんが、「セントラル」と名乗らないように申込者への配慮もあります。

>>>セントラルを詳しく見る

3位:アロー

アロー
融資額1〜200万円
借入利率15.0~19.94%
無利息期間
申込対応
審査の時間最短45分
融資までの時間最短即日
担保・保証人不要

アローは、貸付条件の項目を減らすことで審査を最短にしています。

また、中小消費者金融の中では珍しく公式アプリで管理できるので、郵送物がないというメリットもあります。

ただし、審査の条件は少し厳しめに設定されているので注意が必要です。

>>>アローを詳しく見る

4位:いつも

いつも
融資額1〜500万円
借入利率4.8~18.0%
無利息期間最大60日間
申込対応
審査の時間最短即日
融資までの時間最短即日
担保・保証人不要

いつもは、契約後に最短3秒で融資を受けられる金融機関です。

また、他の中小消費者金融と比べて限度額が高めに設定されています。

条件を満たせば最大60日間の無利息期間を設けてもらうことも可能です。

>>>いつもを詳しく見る

5位:エイワ

エイワ
融資額1〜50万円
借入利率17.9507〜19.9436%
無利息期間
申込対応
審査の時間最短即日
融資までの時間最短即日
担保・保証人不要

エイワは、与信審査を対面で行う珍しい消費者金融です。

信用情報だけではなく、個人の事情や返済の意思を直接確認してもらうことができます。

ただし、限度額は低く最低金利も高めなので特殊な状況以外ではあまりおすすめできません。

>>>エイワを詳しく見る

おすすめの消費者金融を一覧で比較

この記事で紹介しているおすすめの消費者金融を、それぞれの条件をもとに一覧で比較してみましょう。

スクロールできます
金融機関名融資限度額借入利率無利息期間申込対応審査時間融資時間担保・保証人
プロミス500万円4.5〜17.8%最大30日間24時間最短20分最短20分不要
SMBCモビット800万円3.0~18.0%なし24時間10秒簡易審査最短60分不要
アイフル800万円3.0~18.0%最大30日間24時間最短20分最短20分不要
レイク500万円4.5~18.0%最大180日間24時間最短15秒最短25分不要
アコム800万円3.0~18.0%最大30日間24時間最短30分最短30分不要
フクホー200万円7.3~20.0%24時間最短即日最短即日不要
セントラル300万円4.8~18.0%最大30日間24時間最短即日最短即日不要
アロー200万円15.0~19.94%24時間最短45分最短即日不要
いつも500万円4.8~18.0%最大60日間24時間最短即日最短即日不要
エイワ50万円17.9507〜19.9436%最短即日最短即日不要

消費者金融の選び方目的別に解説

大手と中小に分けておすすめの消費者金融を紹介してきましたが、実際に利用するにあたってどこを選ぶべきかは、お金を借りる際に何を重視するかによって変わります。

以下では、どういった消費者金融を選ぶべきかについて目的別に説明しますので、消費者金融選びの参考にしてください。

今すぐ即日でお金を借りたい場合は大手消費者金融がおすすめ

「今日中に何としてでもお金が必要」という方は、大手消費者金融を利用することがおすすめです。

申し込んで審査を受けてお金を借りるという流れ自体は、大手でも中小でも同じです。

ただ、中小消費者金融の場合、審査に通っても実際にお金を借りられるのは翌日以降のことも少なくありません。

その点大手消費者金融は、全国に設置されている自動契約機を利用すればすぐにローンカードを発行できるので、申し込んだその日にお金を借りることも可能です。

ローンカードを即日発行できない場合でも、指定した金融機関の口座に即日で振り込んでくれる体制が整えられています。

即日でお金を借りたい場合は手続きを済ませるタイミングも重要なので、なるべく早く申し込むことを心がけましょう。

電話などでバレずにお金を借りたい場合は大手消費者金融がおすすめ

消費者金融から職場や自宅などに電話がかかってくることが不安な方も、大手消費者金融を利用することがおすすめです。

消費者金融で審査を受ける場合、申し込み者が申告した勤務先が正しいかを確認するために、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることがあります。

お金を借りようとしていることを周囲にバレたくない方にとって、在籍確認の電話は迷惑以外の何物でもありません。

大手消費者金融の中には、申し込み者の属性次第によっては在籍確認の電話をかけずに審査を完了してくれるところもあります。

また、在籍確認を職場への電話ではなく、書類の提出(社員証のコピーなど)で行ってくれるケースもあります。

できれば職場への電話を避けてほしいとお考えであれば、大手消費者金融を中心に検討するとよいでしょう。

審査通過が不安な人は、まずは大手消費者金融で申し込もう

収入や雇用形態などに不安があり審査に通過できるか不安を感じている方は、まずは大手消費者金融に申し込むことがおすすめです。

大手でも中小でも、審査で確認すべきことは大きく変わるわけではありません。

年齢や年収・雇用形態・勤続年数などが確認されたうえで、融資可否の判断が下されます。

ただ、申し込んでから融資可否の連絡が来るまでにかかる時間は、一般的に大手消費者金融のほうが短いです。

お金が必要で消費者金融に申し込んでいる場合、もしお金を借りることができなければ、ほかの手段でお金を調達することを考えなければなりません。

審査に落ちた際に次に行動を起こすことを考えると、大手消費者金融の審査スピードの早さはありがたいです。

大手消費者金融の審査に落ちたら中小消費者金融に申し込もう

大手消費者金融の審査に落ちてしまってあらためてほかの消費者金融に申し込む場合は、中小消費者金融を選んで申し込みましょう。

一度大手の消費者金融の審査に落ちてしまった方が、ほかの大手消費者金融の審査に通る可能性は、決して高くはありません。

先ほど、大手でも中小でも審査で確認すべきことは大きく変わるわけではないとお伝えしましたが、融資可能かどうかのハードルは大手と中小では異なることが多いです。

中小消費者金融に申し込む方は、大手消費者金融で審査落ちになった方が多いです。

そのため、中小消費者金融が大手消費者金融と同じ基準で審査を行っていると、中小消費者金融はいつまで経っても融資を行えないかもしれません。

中小消費者金融は大手消費者金融よりも融資可と判断するハードルを下げていることが多いので、大手で審査落ちになった場合は中小に申し込むことで、審査に通過できる可能性を上げられるでしょう。

初めて消費者金融を使うなら初回無利息期間がある消費者金融がおすすめ

今回初めて消費者金融を使う方は、初回無利息期間を設けている消費者金融を利用することがおすすめです。

消費者金融を利用する場合に限らず、お金を借りた場合は利息を上乗せして返済しなければなりません。

消費者金融の中には、初めて借り入れを行うお客様に限り、一定期間内であれば無利息で返済できるサービスを行っているところがあります。

利息は返済負担を重くする要因のひとつなので、無利息で返済できるサービスが利用できるのであれば利用しない手はありません。

ただし、無利息期間を利用する場合は借りられるお金に上限があるなど、何らかの制限が設けられていることもあります。

無利息期間を利用したい場合は、そういった制限をクリアできることを踏まえたうえで申し込みましょう。

既に他社でお金を借りている人は借り換えローンがある消費者金融がおすすめ

お金を借りたい理由が「他社で借りているお金の返済に困っている」というような場合は、借り換えローンがある消費者金融を利用することがおすすめです。

すでに借りているお金の返済に困っている場合、その原因はいろいろと考えられますが、適用されている金利が原因であることも多いです。

金利は高ければ高いほど、返済時に上乗せしなければならない利息も増えます。

金利の高さに苦しんでいる場合に活用できるものが借り換えローンで、現在借り入れているローンよりも低めの金利で借り入れを行えることが多いです。

借り換えローンを利用したとしても借金がなくなるわけではありませんが、適用金利が低くなる分だけ毎月の返済は少し楽になります。

借り換えローンを利用するにあたっては、現在利用しているローンとの金利差がどれくらいあるかが重要なので、その点を踏まえたうえで申し込みましょう。

消費者金融とはどのような機関?闇金とは違う?

これまで消費者金融を利用したことがない方の中には、消費者金融に対して少し怖いイメージを抱いている方もいるでしょう。

消費者金融は平たく言えば「金貸し」であり、漫画やドラマなどで金貸しが怖いイメージで描写されていることが、その一因となっているのかもしれません。

そこで以下では、消費者金融とはどのような機関でどのような形でお金を借りられるのか、違法な金貸しである「闇金」と消費者金融は違うのかなどについて、詳しく説明します。

消費者金融は個人を対象とした少額融資を行う貸金業者

消費者金融は融資を行う貸金業者ですが、その対象は個人のみです。

銀行も個人に対して融資を行ってはいますが、銀行の融資対象には法人も含まれているので、その点は消費者金融と銀行の違いといえます。

また、消費者金融の行う融資はあくまでも「少額融資」です。

銀行で取り扱っている住宅ローンのような、数千万円単位での融資は行っていません。

消費者金融は闇金とは違い合法に融資を行う業者

消費者金融と闇金の違いは、「違法かどうか」という点に尽きます。

消費者金融は金融庁に登録して営業許可を得たうえで、関係する各法律を守ったうえで事業を行っています。

一方の闇金は金融庁に届け出を行っていない違法な業者であり、法律を守らず非常に高い金利で融資を行っています。

闇金からお金を借りてしまうと、法外な金利が適用されて真っ当な形で返済することが難しくなってしまうので、絶対に利用してはいけません。

大手消費者金融なら基本的にWeb完結でお金を借りられる

大手消費者金融は申し込みから融資までのすべての工程を、Web上で完結できるようにしていることが多いです。

Web上ですべてが完結できることで、時間を選ばずに申し込みができますし、手続きのために自動契約機に脚を運ぶ必要もありません。

お金を借りられるなら大手でも中小でも同じと思われる方もいるかもしれませんが、すべてがWeb上で完結できる利便性は、大手消費者金融を利用する大きなメリットといえます。

融資に担保や保証が不要で使用用途も自由

消費者金融でお金を借りる場合、担保や保証人を用意する必要はありませんし、借りたお金を何に使うのも自由です。

銀行などの金融機関でお金を借りる場合、土地などを担保にしなければならないことがありますし、利用するローンの種類によって借りたお金の使い道も制限されます。

消費者金融ではそういった制限なくお金を借りることができるので、使い勝手という点では非常に優れています(ただし事業用の資金には利用できないケースが多い)。

借入金額が50万円以下なら収入証明の提出は不要

消費者金融では借り入れる金額が50万円以下であれば、収入証明を提出する必要はありません。

その日のうちにお金を借りたい場合、給与明細書や確定申告書などの収入証明の提出が必要だと、書類の準備に時間がかかってしまって手続きが当日中に終わらない可能性もあります。

借り入れる金額が50万円以下ならそういった書類を提出せずに手続きを進められるので、急いでお金を用意したい場合にも安心です。

借り入れる金額が50万円を超す場合は収入証明の提出が求められるので、あらかじめ用意したうえで申し込んだほうがよいでしょう。

消費者金融と銀行のカードローンの違い

消費者金融と同じような形でお金を借りられるサービスには、銀行のカードローンがあります。

消費者金融と銀行のカードローンの違いを把握しておけば、どちらを利用すべきかを自分なりに判断できると思いますので、両者の違いについて以下で詳しく説明します。

消費者金融は銀行とは別の独自の審査がある

消費者金融で融資を受ける場合も銀行のカードローンを利用する場合も、申し込んで審査を受けて契約する、という流れは変わりません。

ただし銀行のカードローンでは、保証会社として何らかの会社が関与しているので、万が一カードローン利用者からの返済が滞っても、銀行が損害を被ることはありません。

一方消費者金融では、融資を行うにあたって保証会社を関与させていないため、利用者からの返済が滞った場合は消費者金融がダイレクトに負担を被ることになります。

そのため消費者金融では、銀行カードローンとは別の独自の審査を行っており、申し込み内容をかなり厳しく調べています。

消費者金融も銀行カードローンも、審査基準や審査内容は公開していません。

ただそういった違いによって、銀行カードローンを利用できても消費者金融は利用できない(その逆も然り)といった可能性があることは、念頭に置いておきましょう。

消費者金融の方が融資スピードは早い

消費者金融と銀行カードローンを比較すると、消費者金融のほうが融資スピードは早いです。

銀行カードローンでは審査の過程で、申し込み者の情報を警察庁のデータベースに照会する必要があります。

照会結果がわかるのは最短で翌日なので、銀行カードローンでは即日融資を受けられません。

一方の消費者金融では、警察庁のデータベースへの照会は行っていないので、先ほど触れたように最短即日での融資が可能です。

この融資スピードの早さは、消費者金融が銀行カードローンに明確に勝っているポイントのひとつといえます。

銀行カードローンは上限金利が低めで返済額を抑えやすい

返済負担に大きく関わる金利に目を向けると、銀行カードローンのほうが消費者金融よりも上限金利が低めです。

消費者金融や銀行カードローンでは「〇.〇%~△.△%」のように上限と下限がある形で、適用金利が示されていることが一般的です。

実際に適用される金利はこの範囲の中から審査を経て決められますが、上限金利に近い金利が適用されるケースが多いといえます。

適用される金利によって発生する利息の金額も変わるため、なるべく金利が低いところで融資を受けたほうが返済負担を抑えられます。

そのため返済負担を抑えたい方にとっては、上限金利が低めに設定されていることの多い銀行カードローンのほうが、魅力的に映るでしょう。

消費者金融を使いたい人によくある質問

これまで消費者金融を利用したことがない方にとって、消費者金融でお金を借りるにあたって不安に思ったり疑問だったりすることは、多々あると思います。

そこで以下では、消費者金融を使いたい人によくある質問に対してQ&A形式で回答していきますので、実際に消費者金融に申し込む前にぜひ参考にしてください。

消費者金融は危ないですか?

消費者金融は金融庁に届け出を行っている貸金業者なので、危ないことはまったくありません。

消費者金融同様に個人に対する融資を行っている業者には闇金がありますが、闇金は金融庁に届け出を行っていない違法な業者です。

法律で制限されている以上の金利を適用したり、悪質な取り立てを行ったりする業者なので、闇金からは絶対にお金を借りてはいけません。

今日すぐにお金を借りたいのですが可能ですか?

消費者金融の中には、申し込んだ当日中の融資が可能なところもあります。

ただしすべての消費者金融が即日融資に対応しているわけではないので、ホームページなどで即日融資に対応していることを確認したうえで、申し込みましょう。

また、手続きが完了することが遅くなると当日中に融資を受けられない場合もあります。

早い時間帯に申し込むことや、提出が必要な書類をあらかじめ準備しておくことなどを心がけましょう。

完全オンラインでお金を借りることはできますか?

大手消費者金融は、申し込みから融資までのすべての工程をオンライン上で完結できるところが多いです。

消費者金融での申し込みには自動契約機を利用することが便利ですが、自動契約機の営業時間中に仕事が終わらないことも考えられます。

完全オンラインでお金を借りることができれば、時間を気にせずに申し込みや書類の提出などを行えるので、空き時間に手続きを進められます。

自動契約機を利用する場合とオンラインの場合で、必要書類や手続きが異なることもあるので、手続きの流れは事前に確認しておくと安心です。

必ず借りられる消費者金融はありますか?

消費者金融で融資を受けるためには審査が必要な以上、必ずお金を借りられる消費者金融はありません。

融資業者の中には、「だれでも融資可能!」「審査なしで100%融資!」といった謳い文句を掲げているところもあります。

ただ、上述したように必ずお金を借りられる消費者金融はないため、そういった業者はすべて闇金です。

闇金でお金を借りてしまうと人生が破綻するといっても過言ではないので、「必ず借りられる」といった謳い文句の業者は決して利用してはいけません。

まとめ

消費者金融でお金を借りる場合、目的によって選ぶべき業者は変わります。

即日融資を受けたい、周囲にバレずにお金を借りたいといった場合は大手消費者金融を利用することがおすすめですし、大手で借りられなかった場合は中小消費者金融を選ぶ必要があるでしょう。

消費者金融と銀行カードローンは似ているサービスですが、融資スピードでは消費者金融が、上限金利の低さでは銀行カードローンがそれぞれ勝っています。

また、消費者金融と闇金も似ているように思われますが、消費者金融は正規の業者で闇金は違法な業者なので、後者は決して利用してはいけません。

お金を借りるときにどういったことを重視するかを踏まえたうえで、利用する消費者金融を決めましょう。

今すぐお金を借入するならプロミスのカードローンがおすすめ。

申込〜審査完了まで最短3分ととても早く、24時間365日申し込みができ、夜間振込にも対応している点が人気です。

さらに、初回利用翌日から30日は利息0円で振込手数料も無料のため、初めてのカードローンはプロミスがおすすめです。

※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次