メニュー
キャッシュフローを改善する
キャッシュフローを改善するための新たな選択肢
経理業務のコストを大幅に削減
経理業務のコストを大幅に削減
新たな資金繰り改善方法
新たな資金繰り改善方法

審査が甘いファクタリング会社はある?審査なしは可能?提出書類や口コミからわかる通りやすい会社ランキング

ファクタリング審査

経費の先払いなどが重なって手元の資金が少なくなってきたときは、ファクタリングを利用するのもひとつの方法です。

ただ、ファクタリングで資金調達を行うためには、審査に通過する必要があります。

赤字が続いているなど、事業の状態に不安のある経営者の方にとっては、ファクタリングの審査に通過できるかどうかは不安に感じるかもしれません。

本記事では、比較的審査が甘いファクタリング会社を紹介するとともに、ファクタリングの審査基準や審査に通過しやすくなる方法などについて、説明します。

ビートレーディング

適切なファクタリングを行いたいなら「ビートレーディング」がおすすめです。

買取額制限や審査に時間を要するファクタリングが多い中ビートレーディングなら買取に下限上限なしで最短即日入金を受けることができます。

また、2社間・3社間ファクタリングや個人事業主対象のファクタリングも行っているため、月間約800社が利用するほど人気となっています。

スクロールできます
順位1位2位3位
名称ビートレーディングQuQuMoアクセルファクター
入金最短即日最速2時間原則即日
手数料2社間:約4%~12%
3社間:約2%~9%
1%〜~100万円:10%~
101~500万円:5%~
501~1000万円:2%~
1001万円以上:別途相談
買取額下限:なし
上限:なし
(3万円〜7億円の実績)
下限:なし
上限:なし
下限:なし
上限:1億円
申込公式サイト公式サイト公式サイト
目次

審査が甘いファクタリング会社5選

当サイトがおすすめする比較的審査が比較的甘いファクタリング会社をご紹介します。

それぞれのファクタリング会社に特徴があるため、自分にはどのような業者が合っているのか確かめてみましょう。

比較的審査が甘いファクタリング会社
  • ビートレーディング
  • QuQuMo
  • アクセルファクター
  • ウィット
  • QUICKMANAGEMENT

1位:ビートレーディング

おすすめのファクタリング会社「ビートレーディング」の特徴
入金速度最短即日
手数料2社間:約4%~12%
3社間:約2%~9%
買取額下限:なし
上限:なし
(3万円〜7億円の実績あり)
必要書類・債権資料(請求書、注文書など)
・通帳のコピー(2ヶ月分)
オンライン完結可能
2社間ファクタリング⚪︎
3社間ファクタリング⚪︎
個人事業主の申込⚪︎
申込フォーム公式サイト

ビートレーディングは最短即日で入金してもらうことができ、債権買取額に下限も上限もないという大きな特徴があります。

会社の規模にあった金額を調達できるため、数万円〜数十万円などの少額を今すぐ欲しいという企業・個人事業主におすすめなファクタリング会社です。

2社間・3社間ファクタリングや個人事業主対象のファクタリングも行っているため、月間約800社が利用するなど、主に今すぐに資金を調達したいという法人に人気となっています。

契約はオンラインと対面のどちらも選ぶことができますが、オンラインの場合であれば即日で入金をしてくれるため、今すぐお金が欲しい経営者の方はクラウドサインで契約をしましょう。

>>最短2時間審査はこちらから

スクロールできます
会社情報
運営会社株式会社ビートレーディング
代表者代表取締役会長 鈴木 秀典
代表取締役社長 佐々木 英世
会社住所・東京本社
〒105-0012
東京都港区芝大門一丁目2-18 野依ビル3階・4階
・仙台支店
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-7 三共仙台ビル3階
・大阪支店
〒530-0027
大阪府大阪市北区堂山町1-5 三共梅田ビル9階
・福岡支店
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目1-33 はかた近代ビル8階
資本金資本金 7,000万円/資本準備金 5,000万円
設立年2012年
法人番号5010401112066
会社HPhttps://betrading.jp/

2位:QuQuMo

入金速度最速2時間
手数料1%〜
買取額下限:なし
上限:なし
必要書類・運転免許証、パスポートなど
・全銀行口座の入出金明細直近3ヶ月分
・請求書
オンライン完結可能
2社間ファクタリング⚪︎
3社間ファクタリング×
個人事業主の申込⚪︎
申込フォーム公式サイト

QuQuMoは最速2時間での入金に対応しているファクタリングサービス。

必要情報と買取対象となる請求書をオンラインで申請し、クラウドサインで契約するだけなので、完全にオンラインで入金まで完結します。

買取金額上限なしで、少額から高額まで対応してくれる上に、債券譲渡登記の設定も不要なので履歴に残ることがありません。

しかし、他のファクタリング会社で対応していることが多い3社間ファクタリングはQuQuMoでは対応していないため注意が必要です。

>>最短2時間入金はこちらから

スクロールできます
会社情報
運営会社株式会社アクティブサポート
代表者代表取締役 羽田 光成
会社住所〒171-0022
東京都豊島区南池袋二丁目13-10 南池袋山本ビル3階
資本金1000万円
設立年2017年
法人番号9013301041158
会社HPhttps://ac-s.net/

3位:アクセルファクター

おすすめのファクタリング会社「アクセルファクター」の特徴
入金速度原則即日振込
手数料~100万円:10%~
101~500万円:5%~
501~1000万円:2%~
1001万円以上:別途相談
買取額下限:なし
上限:1億円
必要書類・請求書など売掛金が確認できる書類
・入金が確認できる預金通帳
・直近の確定申告書(所得税又は法人税)
・代表者の身分証明書
オンライン完結可能
2社間ファクタリング⚪︎
3社間ファクタリング⚪︎
個人事業主の申込⚪︎
申込フォーム公式サイト

原則即日入金を方針として掲げるアクセルファクター。

501万円以上のファクタリングは手数料が2%〜と、他のファクタリングサービスと比較しても割安と言えるでしょう。

支払いサイクルが長い場合や工事未完などで請求書が発行できない場合でも、アクセルファクターなら買い取ってくれる可能性も高いため、まずは一度相談してみましょう。

原則としては債権譲渡登記が必要ですが、状況によっては債権譲渡登記なしで買取対応をしてくれることもあるため、債権譲渡登記なしを希望の場合はその旨を伝えましょう。

>>最短即日入金はこちらから

スクロールできます
会社情報
運営会社株式会社アクセルファクター
代表者代表取締役 本成 善大
会社住所・本社
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-30-4 30山京ビル5階
・仙台営業所
〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1-12-12 GMビルディング3F
・名古屋営業所
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F
・大阪営業所
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-11-10 心斎橋大陽ビルTHE HUB 心斎橋 B1階
資本金2億8,447万円
※グループ総資本金
設立年2018年
法人番号9011101084526
会社HPhttps://accelfacter.co.jp/

4位:ウィット

ウィット
入金速度最速2時間
手数料5.0%~20.0%
買取額下限:30万円
上限:500万円
必要書類・代表者の身分証明書
・入出金の通帳
・請求書
・印鑑証明書
・決算書
・見積書
・許認可書
オンライン完結可能
2社間ファクタリング⚪︎
3社間ファクタリング×
個人事業主の申込⚪︎
申込フォーム公式サイト

ウィットはお客様満足度94%の優良ファクタリング会社です。

請求書も注文書もどちらでも資金調達が可能で、審査開始から最短2時間で実現可できます。

また、ファクタリング会社で随一の完全被対面なので手続きのハードルも低いです。

個人事業主の方や被対面を希望する方、少額でサービスを受けたい方におすすめです。

>>最短2時間入金はこちらから

スクロールできます
会社情報
運営会社株式会社ウィット
代表者代表取締役 佐野 俊亮
会社住所・東京本社
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-6-3いちご東五反田ビル3F
・仙台営業所
〒980-8485
宮城県仙台市青葉区中央1-2-3 仙台マークワン19F
・福岡営業所
〒812-0013
福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-19 サンライフ第3ビル6F
資本金1,500万円
設立年2016年
法人番号6013301039659
会社HPhttps://witservice.co.jp/

5位:QUICKMANAGEMENT

クイックマネジメント
入金速度最短30分
手数料記載なし
買取額下限:30万円
上限:5,000万円
必要書類記載なし
オンライン完結可能
2社間ファクタリング⚪︎
3社間ファクタリング⚪︎
個人事業主の申込×
申込フォーム公式サイト

クイックマネジメントは1日でも早い資金調達を必要としている企業のためのサービスです。

利用金額の下限はなく、個人事業主などの小口債権にも対応してくれます。

手続きの難易度もそれほど高くはないので、ファクタリングが初めての方でも安心です。

他社でお断りされた方・キャッシュフローを安定させたい方や損失を防ぎたい方におすすめです。

>>最短30分入金はこちらから

スクロールできます
会社情報
運営会社株式会社ウェーブネット
代表者久我哲也
会社住所〒174-0046
東京都板橋区蓮根2丁目27-12
資本金300万円
設立年2017年
法人番号3040001076347
会社HPhttps://quick-management.jp/

審査が甘いファクタリング会社の比較表

スクロールできます
サービス名入金速度手数料買取額必要書類オンライン
ビートレーディング最短即日2社間:約4%~12%
3社間:約2%~9%
下限:なし
上限:なし
(3万円〜7億円の実績あり)
債権資料(請求書、注文書など)
通帳のコピー(2ヶ月分)
可能
QuQuMo最速2時間1%〜下限:なし
上限:なし
運転免許証、パスポートなど
全銀行口座の入出金明細直近3ヶ月分
請求書
可能
アクセル
ファクター
原則即日振込~100万円:10%~
101~500万円:5%~
501~1000万円:2%~
1001万円以上:別途相談
下限:なし
上限:1億円
請求書など売掛金が確認できる書類
入金が確認できる預金通帳
直近の確定申告書(所得税又は法人税)
代表者の身分証明書
可能
ウィット最速2時間5.0%~20.0%下限:30万円
上限:500万円
代表者の身分証明書
入出金の通帳
請求書
印鑑証明書
決算書
見積書
許認可書
可能
QUICK
MANAGEMENT
最短30分記載なし下限:30万円
上限:5,000万円
記載なし可能

審査が甘いファクタリング会社の特徴

審査が甘いファクタリング会社の特徴としては、「申込時の提出書類が少ない」「手数料が高め」といったことが主に挙げられます。

また、即日入金に対応しているファクタリング会社も審査をスピーディに行うために、審査基準は甘めの傾向にあるといえるでしょう。

上述した内容を含めて、審査が甘いファクタリング会社の特徴について、以下で詳しく説明します。

提出書類が少ないファクタリング会社は審査が甘い傾向

申込時に提出が必要な書類が少ないファクタリング会社は、審査が甘い傾向にあります。

提出書類の多さは、そのまま審査時にチェックされる項目の多さにつながるので、より多くの書類を提出しなければならないファクタリング会社は、審査が厳しいと考えられます。

どのようなファクタリング会社でも、ファクタリングに利用したい請求書(もしくは発注書や納品書など)および、入出金の履歴が分かる通帳のコピーは必ず提出しなければなりません。

それらに加えて、決算書や登記簿謄本などの提出が求められる場合もあります。

審査が甘いファクタリング会社を探している場合は、最初に触れた2つ以外に数多くの書類の提出が求められるファクタリング会社は、避けるべきかもしれません。

申込から入金までがすべてオンラインで完結するなら審査は甘め

申込から入金までのすべての手続きをオンラインで完結できるファクタリング会社も、審査は甘めと考えられます。

審査を対面で行う場合、申込者に直接話を聞いたり確認したりすることもできるため、ファクタリング会社にとってはチェックできるポイントが多いです。

一方、すべての手続きをオンラインで完結させる場合は、審査をある程度定型化する必要が出てくるため、申込者の個々の事情に応じた部分のチェックまでは手が回りません。

そのため、対面で手続きをしなければならない場合よりも、審査が甘くなることが期待できます。

少額から債権を買い取ってくれるファクタリング会社はリスクも少なく審査も甘め

少額から債権を買い取ってくれるファクタリング会社も、審査基準は甘めなことが多いです。

売掛債権がファクタリング会社に買い取られることによって、売掛債権から回収できるお金は、ファクタリング会社に入ることになります。

売掛債権の金額が大きいと、万が一回収できなかった場合にファクタリング会社が被る損害は大きなものになるので、審査は慎重に行われます。

一方、少額の売掛債権の場合、仮に回収できなかったとしてもファクタリング会社が負うリスクは少ないです。

そのため、少額から売掛債権の買取を行っているファクタリング会社では、申込者の利便性を重視して審査基準を甘めにしていることが多いといえます。

手数料が高めのファクタリング会社は審査が甘い傾向

手数料の高さも、ファクタリングの審査の甘さと相関がある要素です。

手数料はファクタリング会社の利益のために設定されていますが、売掛債権の現金化に関して万が一問題が起こった場合の保証料や担保のような側面も、持ち合わせています。

手数料が低いファクタリング会社の場合、売掛債権を回収できなければ自社が損害を被る可能性が高いため、審査を厳しめに行って確実性の高い売掛債権しか買い取ってくれません。

一方手数料が高いファクタリング会社の場合、売掛債権を回収できなかったとしても手数料である程度カバーできるため、審査基準は多少甘めになっていると考えられるでしょう。

即日入金に対応しているファクタリング会社は審査がスピーディでゆるい傾向

即日入金に対応しているファクタリング会社も、審査は甘い傾向にあります。

即日入金に対応するためには、申込を受けてから審査を行って契約に至るまでの手続きを、なるべくスピーディに行う必要があります。

審査を厳しく行うと、その分必要書類が多くなったりチェックすべきポイントが多くなったりするため、スピーディに手続きを行うことが難しいです。

そのため、即日入金に対応しているファクタリング会社では、スピーディさを優先して審査を甘めに行っていると考えられます。

ファクタリングはビジネスローンより審査が甘い?

事業資金を調達する方法としては、ファクタリングのほかにビジネスローンもあります。

どちらも資金調達のためには審査を受けなければなりませんが、ビジネスローンが融資であるのに対して、ファクタリングは売掛債権の買取という点において異なることには、注意が必要です。

ファクタリングとビジネスローン、それぞれの審査の違いなどについて、以下で詳しく説明します。

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の買取

ファクタリングとビジネスローンには、資金調達の方法という観点において大きな違いがあります。

ビジネスローンが融資であるのに対して、ファクタリングは売掛債権の買取です。

ビジネスローンは融資なので、資金調達を行った後も金融機関に対して、利息を上乗せしたうえで返済する義務が生じます。

一方ファクタリングでは、売掛債権を買い取ってもらうことで資金調達を行うので、お金を返済する必要はありません。

どちらも資金調達の方法としては優れた方法ですが、返済の有無は事業運営を左右する可能性のある要素のひとつです。

後の資金繰りのことなどを考えると、ビジネスローンではなくファクタリングを利用したほうがよいケースも多いでしょう。

ローンとは違い貸し倒れするリスクも低い

ローンとは違い、貸し倒れするリスクも低いことがファクタリングの特徴です。

ビジネスローンもファクタリングも、資金調達の前には必ず審査を行います。

ビジネスローンは、申込企業の経営状態などを踏まえて融資の可否を判断しますが、事業状態によっては返済が滞って貸し倒れになってしまうかもしれません。

一方ファクタリングでは、申込企業の経営状態だけではなく、売掛先企業の経営状態も踏まえて審査が行われます。

判断する要素が増えることによってより正確な審査を行えるので、貸し倒れになるリスクがビジネスローンよりも低くなります。

売掛先の信用度が高ければ審査に通過しやすい

売掛先の信用度が高ければ審査に通過しやすいのは、ファクタリングならではのポイントといえるでしょう。

ビジネスローンを利用した場合、融資を受けた企業が返済を継続しなければならないので、融資先の経営状態などが審査においてチェックされます。

一方ファクタリングでは、ファクタリング会社は買い取った売掛債権をもってお金の回収を行います。

そのため、売掛先の信用度が資金回収における非常に重要なファクターになるのです。

自社の事業状況が若干怪しい場合でも、ファクタリングに利用するのが信用度の高い売掛先の債権であれば、審査に通過できる可能性はあるといえます。

>>おすすめのファクタリング会社を見る

ファクタリングの主な審査基準は4つ

ファクタリングとビジネスローンでは審査基準が異なり、主に以下のような点が審査においてチェックされます。

ファクタリングの審査基準
  • 売掛先の信用力
  • 売掛金の支払い期日
  • ファクタリング利用会社と利用金額のバランス
  • ファクタリング利用会社の信用力

自社の信用力や事業の状態だけでなく、売掛先の信用力などが審査基準となるのは、ファクタリングならではといえるでしょう。

ファクタリングの審査基準について、詳しく説明します。

売掛先の信用力

ファクタリングでは、売掛先の信用力が審査において重要なポイントのひとつです。

ファクタリングは融資ではなく売掛債権の買取なので、ファクタリングを利用した会社はその後継続的に返済を行う必要がありません。

その代わりに、売掛先から後に入る売掛金が、ファクタリング利用会社ではなくファクタリング会社に入る仕組みになっています。

そのため、売掛先の信用力が高く売掛金を問題なく支払ってくれそうであれば、ファクタリングの審査には通りやすくなるでしょう。

ファクタリングを利用する際は、そのことも踏まえて請求書を選ぶことが重要です。

売掛金の支払い期日

売掛金の支払い期日も、審査における判断基準となります。

支払い期日の設定は企業によってさまざまですが、一般的に支払い期日までの期間を短めに設定している企業は、資金繰りに余裕があることが多いです。

支払い期日までの期間を長くしておけば、その分資金を別の用途に用いることができますが、支払い期日までの期間を短めにしている企業は、そういった工夫を行う必要がないと考えられるからです。

売掛金の支払い期日の短さと売掛先の信用力には、ある程度相関関係がありますので、ファクタリングに利用する請求書を選ぶ際はそういった点を重視するとよいでしょう。

ファクタリング利用会社と利用金額のバランス

ファクタリング利用会社と利用金額のバランスも、審査においてチェックされる要素です。

ファクタリングの申込時には、入出金の履歴が分かる通帳のコピーを提出しなければなりません。

そのため、ファクタリング利用会社が普段どのような企業とどの程度の規模感の取引を行っているかは、筒抜けになります。

そういった背景から常識的に判断できる金額の請求書でなければ、審査落ちになってしまう可能性があるでしょう。

普段Aという企業と毎月数十万円程度の取引しか行っていないのに、Aという企業との数千万円単位の売掛債権を買い取ってほしいと申込んでも、請求書の偽造を疑われる可能性があります。

ファクタリング利用会社の信用力

ビジネスローンを利用する場合と同様に、ファクタリング利用会社の信用力も審査における判断基準のひとつです。

ファクタリングで重要なのは売掛債権の信頼性ですが、どのような事業を行っているのか分からない会社や過去に何らかの過失のある会社の場合、審査に落ちてしまう可能性は考えられるでしょう。

また、一般的に法人よりも信用力が低いとされる個人事業主の方も、信用力の面で審査に落とされてしまうケースがあります。

法人・個人事業主の双方に対してファクタリングを行っているファクタリング会社でも、個人事業主に対するファクタリングでは、手数料を少し高めに設定しているところもあります。

>>おすすめのファクタリング会社を見る

ファクタリングの審査に通過しやすくなる方法

ファクタリングの審査に通過しやすくなるためには、以下に挙げるようなことを意識する必要があります。

審査に通過しやすくなる方法
  • できるだけ大企業からの請求書を審査に出す
  • 振り込み期日が近い請求書は審査に通りやすい
  • 取引歴が長い取引先の請求書は審査に通りやすい

ファクタリング会社としても、買い取った請求書を利用してお金を確実に回収しなければなりません。

そのため、大企業の請求書や振込期日が近い請求書は、審査に通りやすい傾向にあるといえます。

ファクタリングの審査に通過しやすくなる方法について、詳しく説明します。

できるだけ大企業からの請求書を審査に出す

なるべく規模の大きな企業からの請求書を利用することは、審査通過のための重要なポイントです。

ファクタリング会社にとってもっとも避けたいことは、買い取った請求書による資金回収が滞ってしまうことです。

そのために審査においては売掛先の信用力をチェックするわけですが、信用力と企業の規模はある程度相関関係にあります。

大企業は取引において支払いの延滞をする可能性が総じて低いので、ファクタリング会社としても安心して売掛債権を買い取れます。

審査に出す請求書で悩んでいる場合は、より規模の大きな企業からの請求書を選ぶことで、審査に通りやすくなるでしょう。

振り込み期日が近い請求書は審査に通りやすい

振り込み期日が近い請求書も、ファクタリングにおける審査には通りやすいです。

先ほども少し触れましたが、「振り込み期日が近い(支払いサイトが短い)=資金繰りに余裕がある」と判断しやすいため、売掛先としての信用力は高いと判断されます。

また、振り込み期日が遠いということは、資金を回収できるまでのファクタリング会社の負担が大きいということも意味します。

売掛先の信用力の観点からも、ファクタリング会社が負う負担を避けるという観点からも、振り込み期日が近い請求書を利用することがおすすめです。

取引歴が長い取引先の請求書は審査に通りやすい

ファクタリング利用会社と売掛先の取引歴の長さも、審査通過のためには重要です。

「ファクタリング会社が資金を回収できる=売掛先がファクタリング利用会社に売掛金を支払ってくれる」ということなので、ファクタリング利用会社と売掛先企業の信頼関係は必ずチェックされます。

つい最近取引を新規で始めたような売掛先の場合、ファクタリング利用会社との信頼関係が構築できているかどうかは分からず、売掛金を支払ってくれない可能性も考えられます。

その点、取引歴が長い売掛先であれば、従来通りに売掛金を支払ってくれる可能性が高いです。

そのため、そういった売掛先の請求書はファクタリングの審査に通りやすいといえます。

>>おすすめのファクタリング会社を見る

まとめ

ファクタリングの利用を検討している場合、審査に通過できるかどうか不安であれば、審査が甘いファクタリング会社を利用することがおすすめです。

各ファクタリング会社は審査基準を公開しているわけではありませんが、提出が必要な書類が少ない、手続きがすべてオンラインで完結できる、即日入金に対応している、といった特徴を有するファクタリング会社は審査が甘い傾向にあります。

ファクタリング会社は売掛債権をもって資金を回収するため、売掛先の信用力や売掛金の支払い期日などは、審査において重要なポイントです。

自社の経営状態が不安な場合でも資金調達をできる可能性があり、資金調達後に返済の必要もない便利な方法なので、手元の資金に不安のある経営者の方はぜひファクタリングの利用を検討してみてください。

ビートレーディング

適切なファクタリングを行いたいなら「ビートレーディング」がおすすめです。

買取額制限や審査に時間を要するファクタリングが多い中ビートレーディングなら買取に下限上限なしで最短即日入金を受けることができます。

また、2社間・3社間ファクタリングや個人事業主対象のファクタリングも行っているため、月間約800社が利用するほど人気となっています。

はじめての方へ

WizBizは、売上拡大、人材採用・育成、新規事業、資金調達など、企業成長に直結するテーマで経営者向けにセミナーを開催しています。

詳しくはこちら
※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次