小売の生死を左右する『利益と在庫』の関係とは!

『粗利』を制するものは、小売経営を制す!

※本セミナーのご参加は【法人限定】です。

今後の小売経営で必須となる「粗利第一経営」に変革する術、解説します!

「コスト高」、「市場縮小」、「環境対応」という三重苦をアパレル企業が生き抜くためには、不要な値引きの抑制やプロパー消化率の向上などの取り組みが必要不可欠です。

その取り組みのヒントにいただくために、商品ごとの「在庫分析」によって、自ら経営していた子供服ECの倒産危機を克服したフルカイテン株式会社の社長・瀬川 直寛 氏が、小売業界がこれから採るべき具体的な戦略を解説します。

ポイントは「在庫の質と粗利益」です。

在庫の物量に頼って売上規模を追うビジネスモデルは、三重苦のマーケットでは通用しません。
今後の小売経営で必須となる「粗利第一経営」へ変革する術を分かりやすく解説します。

小売業界やそれに関連する企業の皆様、ぜひご参加ください。

当日スケジュール(予定)

  • コロナ下の2年を総括
  • コロナ後の市場環境
  • 粗利への意識変革
  • これから起きること
  • 余計な値引きを抑制する具体的な方法
  • 意外と知らない「遅行指標」「先行指標」
  • まとめ

 

講師紹介

フルカイテン株式会社
代表取締役 瀬川 直寛 氏

慶應義塾大学理工学部で天然ガスの熱力学変化に関する予測モデルを研究。
ベビー服ECの経営者として、在庫問題が原因で3度の倒産危機に直面。それを乗り越える過程で外的要因や予測不能な変化に強い小売経営モデルを生み出し、『FULL KAITEN』を開発。
2017年11月、FULL KAITENをクラウド事業化し、SaaS型システムとして販売を開始。
2018年9月にはEC事業を売却し、FULL KAITENに経営資源を集中している。
小売業の「在庫」を「利益」に変えるクラウドサービスとして評価を確立。
現在、全国の大手アパレル企業やスポーツメーカーなどで導入が進んでいる。
当社は2021年7月、ジャフコ グループ株式会社が運用する投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資により、5億円の資金調達を実施。累計調達額は8億円超となり、FULL KAITEN新機能のリリースも控えさらに注目を浴びている。

このセミナーへ申し込む

セミナー概要

日時

オンライン(法人限定) 2022年10月6日(木) 10:30〜12:00  

参加費用 無料ご招待
参加条件 法人限定
※法人格の無い個人・フリーランスの方はご参加いただけません。
※講師および主催企業の競合他社様からのお申込み・ご参加はお断りしております。予めご了承ください。
会場 【オンライン会場】
オンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。
視聴URLや接続方法は、セミナーお申込み後に届く《受付完了メール》に記載しております。セミナー当日まで大切に保管ください。
備考 ※本セミナーは、【フルカイテン株式会社】が主催いたします。
お問い合わせ先 WizBiz株式会社
WizBizサポートデスク
電話:03-6809-3845
お問い合わせ
このセミナーへ申し込む

人気セミナーTOP10

Ranking
一覧へ戻る