メニュー
キャッシュフローを改善する
キャッシュフローを改善するための新たな選択肢
経理業務のコストを大幅に削減
経理業務のコストを大幅に削減
新たな資金繰り改善方法
新たな資金繰り改善方法

事業に必要な先行投資とは?選択肢別のメリットや必要な準備まで解説!

先行投資

お金がなければ事業の運営はできません。

事業を運営するにあたっては、先行投資のための資金調達が必要です。

先行投資がなければビジネスは始まりません。

適切な先行投資を行うことが、事業を成り立たせるうえで必要不可欠になるのです。

本項では、先行投資の必要性や選択肢について詳しく解説。

適切な先行投資を行い、ビジネスをスムーズに運営していきましょう。

資金繰りに困ったら「AGビジネスサポート」のビジネスローンがおすすめ。

銀行融資ではないため、銀行融資を断られた方でもビジネスローンを組める可能性は非常に高いです。

また、AGビジネスサポートなら原則無担保無保証即日融資を受けることができます!

※AGビジネスサポートは法人・個人事業主を対象としたビジネスローンです。

AGビジネスサポート
事業者向けビジネスローン
GMOあおぞらネット銀行
あんしんワイド
ファンドワン
事業者ローン
融資時間最短即日最短2営業日最短即日
融資限度50万円~1,000万円~1,000万円30万円〜500万円
金利年3.1%~18.0%年0.9%~14.0%年2.5%〜18.0%
必要書類決算書
代表者身分証 など
入出金明細登記簿謄本
決算書2期分
印鑑証明書 など
担保不要不要不要
オンライン可能可能可能
申込方法AGビジネスサポート
公式サイト
あんしんワイド
公式サイト
ファンドワン
公式サイト
目次

先行投資とは?

先行投資とは、ビジネスを長期的なスパンで見据えた時に利益になることを見越して投資する行動を意味します。

ビジネス用語では「成長投資」とよく似た意味合いで使われており、これから企業や事業拡大を検討する上では必要不可欠なものといえるでしょう。

これから起業をする人は、「早く成功したい」「利益を出したい」という思いが先走るあまり、ついつい目先の利益に飛びついてしまいがちです。

しかし、商品・サービスを世に出すまでは、市場・競合調査、アイデアの深掘り、制作、宣伝など膨大な時間と費用がかかるのが当たり前です。

持続可能なビジネスモデルを確立するためには、まずは綿密な事業計画を立てて、それに応じて必要な資金を調達して、先行投資に使うように順序立てて実行します。

企業に限らず、リスク分散や新たなビジネスチャンスを狙った新規事業の立ち上げでも、調査や分析などの工程を丁寧にやるかどうかで将来的な利益の振れ幅に影響します。

確実にビジネスチャンスをものにするためにも、先行投資の種類を正確に理解して、必要なものを見極められる判断力を培いましょう。

先行投資の選択肢

先行投資の選択肢は以下の通りです。

先行投資の選択肢
  • 設備投資
  • 研究開発投資
  • 販売チャネルの拡大
  • マーケティング活動の拡大
  • 雇用と人材育成
  • 新規事業の拡大

設備投資

設備投資とは、会社の立ち上げや事業拡大のために必要とされる設備を購入するために行う先行投資の一種です。

企業や経営業務で必要な設備は、建物・機械設備など目に見える「有形固定資産」とソフトウェア・商標権など目に見えない「無形固定資産」の2種類に分類できます。

有形固定資産無形固定資産
・土地
・建物
・機械
・備品
・車両
・ソフトウェア
・商標権
・特許

例えばお菓子工場を経営している場合、お菓子を製造するための工場そのものや加工や梱包などの機械は有形固定資産に分類されます。

一方で、新作のお菓子を作るために必要な設備や開発費用は無形固定資産に分類されます。

継続的に設備投資を続けている企業は経営状態が右肩上がりであると推測できるため、設備投資額の増減で会社の成長ぶりを判断することもあります。

研究開発投資

研究開発投資とは、新たな製品・製造方法・技術などを開発するために資金を回す先行投資の一種です。

専門性の高い研究者や従業員を集めたり、研究・開発のために必要な原材料費や光熱費などのリソースが含まれますが、生産・製造などのリソースは対象外です。

企業に限らず政府や大学などの機関でも積極的に研究開発投資を行うことが望ましいですが、ここ最近の日本は研究開発投資に使われる資金額は減少し続けています。

研究開発投資に力を入れなければ、技術・医療・テクノロジーなど最先端の分野でのイノベーションを阻む原因になるためビジネス衰退につながりかねません。

経営状況が優れていたり、長期的な視点で新たなビジネスチャンスを掴み取りたいのであれば研究開発投資を行うことを検討するのも大切です。

販売チャネルの拡大

販売チャネルの拡大とは、企業が商品やサービスを販売するための経路を増やすために資金を回す先行投資の一種です。

アパレルブランドやコンビニが店舗数を増やせば、顧客の来場者数・売上額の向上が見込めるため販売チャネルの拡大と言えるでしょう。

しかし、実店舗の場合はテナント料・人件費・光熱費などが固定経費として計上されて利益率を伸ばしづらいのが問題視されています。

そこで最近では、「ネット広告」「アフィリエイト」「ECサイト(通販)」「代理店販売」などの方法をとる企業も増えているのが現状です。

販売チャネルを増やしただけで売り上げ増加に直結するわけではないので、取り扱っている商品やサービスのターゲット層やプロセスを分析して戦略を立てる必要があります。

そのためには専門性の高いヒューマンリソースを確保したり、効率よく売り上げを伸ばせるようなソフトウェアや機能の導入も必要になるでしょう。

マーケティング活動の拡大

マーケティング活動の拡大とは、自社商品・サービスの良さや他の競合との差別化を明確にして売り上げを伸ばす仕組みづくりのために資金を回す先行投資の一種です。

「マーケティング」という言葉には複数の定義がありますが、広義の捉え方としては「顧客の欲求を満たすために企業が行う活動の総称」とされています。

どんなに画期的な商品・サービスを生み出してもマーケティング活動がうまくいかなければ売り上げにはつながりません。

マーケティング活動の流れは以下の通りです。

  1. 顧客のニーズを把握するための市場調査・分析
  2. 分析結果に基づいた商品企画・開発
  3. 完成した商品の認知度を高める広告宣伝・PR

「良い商品・サービスがあれば売れるだろう」と後回しにされがちなマーケティング活動ですが、ここに先行投資をできるかどうかでビジネスの拡大スピードは大きく変わります。

雇用と人材育成

雇用と人材育成とは、専門性の高い人材を外部から雇用したり、自社に属している従業員のスキルアップのために資金を回す先行投資の一種です。

これから起業するためにスタートアップチームを組もうとしている場合、ビジネスに必要な専門性を持っている人材を集めることでより効率よく利益拡大を期待できます。

特にスタートアップの段階では人材育成をするための時間・労力・資金が不足しているケースが多いため、大手企業のような手厚いサポートはできません。

そこで給与面などを充実させることで、外部で経験や専門的な知識を培った人材を集めて効率よくビジネスを始められる可能性が高いです。

一方、これからさらに事業拡大を目指す企業であれば雇用数を増やしたり、今在籍している人材の教育に力を入れると業務効率と生産性の向上が期待できます。

変化の激しい時代のビジネスだからこそ、必要に応じて人材にも投資をする柔軟な対応が必要と考えられているのです。

新規事業の立ち上げ

新規事業の立ち上げとは、起業をしたり既存企業が全く新しい事業を始めて、数年以内に大幅な利益拡大を目指すために資金を回す先行投資の一種です。

起業の場合はいわゆる初期投資とも言えますが、既存企業が新規事業を立ち上げる理由には、更なるビジネス展開や本業の業績悪化の対処法などが当てはまります。

また複数の事業を取り扱うことで余剰資源を無駄にせずに済んだり、リスク分散にも効果があるとされています。

新規事業を立ち上げるためには、アイデアを実現させて利益に結びつけるために必要な人材・設備・研究費など様々な部分でまとまった資金が必要です。

新しいことを始める行動としては利益が見込める一方で失敗すると大きな負債を背負う可能性もあるため、綿密な計画性が必要とされています。

事業における先行投資の目的

事業における先行投資の目的は以下の通りです。

事業における先行投資の目的
  • 成長スピードを上げる
  • 競争優位性の確保
  • 新たな収益源の確保

それぞれの先行投資の目的について解説します。

成長スピードを上げる

先行投資でよりハイテクな設備や機能を導入したり、ヒューマンリソース(人材)を多く確保することで生産性を高められます。

初めて起業をする方や安定しているビジネスの事業拡大を目指すのであれば、人材を増やしたり機械化を進めたりすることで成長スピードは何倍にも上昇するでしょう。

一人で営業・市場分析・生産・マーケティング・広告・カスタマーサポートを請け負うのと、それぞれの分野で専門性の高い人材を確保するのでは負担は全く違います。

また工場で手作業でしていた工程を機械化したり、手入力していた事務作業をオートマチックソフトウェアを導入したりすると作業効率が変わります。

会社の資金の使い道を考え直したり、外部の金融機関から融資を受けることで、お金で時間や効率を買えるのは先行投資ならではの強みと言えるでしょう。

競争優位性の確保

競争優位性とは、競合他社や新規参入のなかで有利な立ち位置を築いて、高い利益率やシェア率を維持することを指しています。

どの分野においても競合他社は存在しますが、数ある同業者の中で秀でるためには、成長スピードを上げたり、明確に差別化できる特性が必要です。

成長スピードを上げるためにはすでにお伝えしている通り、人材雇用を増やしたり、機械やソフトウェアの導入で作業効率の向上を目指す必要があります。

専門家や従業員を雇うのであれば人材への投資、機械やソフトウェアの導入をするのであれば設備投資が必要不可欠なためまとまった資金を用意するべきです。

また、同業者と差別化を測るのであれば、研究や開発にまとまった資金を投資して新しい技術や商品を生み出せるような環境を用意するのが大切です。

研究や開発においては常にスピード勝負になるため、お金をかけてより良い環境を用意できた企業が優位性を確保できるとされています。

新たな収益源の確保

先行投資をして取扱事業数を拡大できたり、本業で競合他社から優位性を確保できれば新たな安定した収入源が確保できます。

変化の激しい時代でビジネス展開をするためには、本業一つに絞って利益を出し続けるのはリスクになるとも考えられているのが現状です。

ビジネスジャンルや時代の変化に合わせて想定されるリスクを回避したり、ビジネスの動向が右肩下がりになったりした時の対策を用意しておくことは大切です。

そのためには一つの事業に絞るにしても常に研究や開発への投資を惜しまずに続けて、常に革新的な商品・サービスを生み出せるような環境づくりをすると良いでしょう。

また、新規事業を初めてみたり、今よりも多くの認知度を高めるために販売チャネルの増加やマーケティング活動に力を入れるのも効果的です。

闇雲に資金を注ぎ込めば良いわけではないものの、現状に満足することなく、安定した収入源の確保と利益の拡大を見据えて選択をとりましょう。

先行投資に必要な準備

先行投資に必要な準備は以下の通りです。

先行投資に必要な準備
  • 目標と戦略
  • 市場や競合の分析
  • 事業計画
  • 必要資金の調達や確保

それぞれの準備過程について解説します。

目標と戦略

まず先行投資を検討する上で大切な意識として、「投資をすれば利益やビジネスチャンスが生まれるわけではない」ということを正しく理解する必要があります。

起業をするのであれば、初期投資にまとまった資金を用意できた方がスタートダッシュを切りやすくて有利ですが、無計画なままだと徐々に失脚する可能性が高いです。

まずはビジネスアイデアを練り出して、ビジネスを通して成し遂げたいことや生み出したい商品・サービスを明確化させる作業に時間をかけましょう。

既存企業で新規事業を始めるのであれば、会社の理念やビジョンなどから大きく逸れることがないような目標を立てた上で、それを実現するための戦略を考えます。

市場や競合の分析

どんなに熱量を持ってビジネスを始めようとしても、世の中の需要が極端に少なければ利益につなげることは難しいです。

また、すでに大手企業や数多くの会社がシェア率を拡大している事業や商品・サービスのジャンルであれば新規参入で苦戦するリスクを伴います。

そのため、実際に先行投資を行う前には、該当する事業の市場調査をして、どれだけの需要があるのか、競合率の高さはどれほどなのかを分析します。

事業計画

市場や競合の分析が完了して長期的なスパンで利益を出せると判断したのであれば、最初に明確化した目標を達成するための事業計画に移ります。

自分が参入したい事業ジャンルですでに競合が多くいたり、高いシェア率を誇る大手企業などがいたとしても、勝ち抜ける戦略があれば挑戦する価値はあるでしょう。

どのような商品・サービスを売り出すのか、提供したいターゲット層、知名度を高める手段など細かくビジネスモデルを組み立て、どれほどの費用がかかるか算出します。

先行投資で用意するべき資金額がどれほどになるのか、用意した資金額はどれくらいの期間で返済できる予定か、より現実的で正確な数値を用いて計画書を作成します。

計画書の作成は必須ではないものの、金融機関や投資家から融資・投資を受けようと考えているのであれば、提出が求められる可能性が高いです。

事業計画書が綿密であるほど高い信用を勝ち取りやすく、スムーズにビジネスを展開させる助けになるでしょう。

必要資金の調達や確保

完成した計画書をもとに、必要な資金をどのように調達するか検討します。

先行投資のための資金調達方法として主に3種類あります。

スクロールできます
必要資金の調達手段返済義務詳細
出資原則なし自社の商品・サービスに価値があると判断した個人や企業から資金を受け取る方法
融資あり金融機関や信用金庫を通して資金を受け取る方法
補助金・助成金原則なし公的資金を使って国・地方自治体がビジネスの資金面で支援する制度

融資は借金をすることに変わりないため、出資や補助金・助成金制度を利用できれば良いですが、それぞれ条件が細かくあるため必ずしも調達できるとは限りません。

まずは自社の商品・サービスの価値をしっかりと高めた上で、定期的に活用できる支援制度が開示されていないかアンテナを張っておくのがポイントです。

先行投資における注意点

先行投資における注意点は以下の通りです。

先行投資における注意点
  • 資金操りの管理
  • 分析や評価方法の確立
  • 適切な目標設定

それぞれの注意点について解説します。

資金操りの管理

先行投資のための資金は、調達方法によっては返済義務が生じるため、将来的にはプラスになるように細かな管理を徹底しましょう。

起業をしたり、新たな新規事業の立ち上げは、成功すれば安定した収入源の確保になりますが、場合によっては経営が傾き多くの負債を生み出すきっかけにもなりかねません。

ビジネスにおいて思い切りは大切である一方で「先行投資をすれば良い」というわけではないため、常に経営状況やお金の動向はグラフ等で分かりやすくまとめてください。

もしも資金の流れが想定とは異なる動きをしているのであれば、何が原因なのかを早急に突き止めて軌道修正できる柔軟性を保つことが大切です。

分析や評価方法の確立

先行投資をするのであれば、事業が成功するために市場や競合他社を分析したり、事業そのものの評価を正しく見つめ直す必要があります。

起業をしたい思いや新規事業への執着に縛られすぎて、利益を出すのが難しい分野に飛び込んでしまったり、既存の本業に悪影響を及ぼしては意味がありません。

経営者として先行投資をするかどうかの決断は、会社の存続を左右すると言っても過言ではないため、自分の会社や従業員を守るためにも確実性を冷静に判断しましょう。

ご自身で判断が難しいのであれば、アナリストなどの専門家を雇って第三者からアドバイスを受けるような姿勢も成功するためには重要とされています。

適切な目標設定

先行投資をすると決めたのであれば、常に軸となる基準をブラさないような目標設定やビジョンを意識しましょう。

ビジネスをやる上で利益を出すことは大切ですが、これにより本来のブランディングや理念からかけ離れたことをすると結果的に不利益を被る可能性が高いです。

適切な目標設定や明確なビジョンを軸にして意思決定を行うことで、本来あるべき姿から間違った方向へ舵を切るリスクを減らせます。

長期的にビジネスで成功を収めたいと考えているのであれば、目先の利益に飛びつくのではなく一貫した姿勢を貫いてビジネス展開をするようにしましょう。

適切な先行投資で事業を拡大しよう

先行投資をするには、これまで見たように様々な方法があります。

また、事業の経営には予測できないことが続きます。

そういった時には、迅速に資金調達ができるサービスを活用することであらゆることに対応できます。

様々な資金調達をすることで、スピード感のあるビジネスにも迅速に対応することができるのです。

それぞれの用途に合わせて柔軟な資金調達の手段を考えてみましょう。

資金繰りに困ったら「AGビジネスサポート」のビジネスローンがおすすめ。

銀行融資ではないため、銀行融資を断られた方でもビジネスローンを組める可能性は非常に高いです。

また、AGビジネスサポートなら原則無担保無保証即日融資を受けることができます!

※AGビジネスサポートは法人・個人事業主を対象としたビジネスローンです。

はじめての方へ

WizBizは、売上拡大、人材採用・育成、新規事業、資金調達など、企業成長に直結するテーマで経営者向けにセミナーを開催しています。

詳しくはこちら
※本サイトはWizBiz株式会社証券コード:5966)が運営するサイトです。
※本サイトは金融庁などの公的機関や銀行・クレジットカード会社などの公式サイトの情報をもとに公正・公平に比較して記事制作を行っております。
※本サイトは可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※金融商品のお申し込みはご自身で各金融機関のホームページをご確認し、判断頂けますようお願いします。
※本サイトのコンテンツは、専門的、かつ、客観的な知識に基づく執筆・編集体制の元、信憑性のあるクチコミ・体験談を収集・検証し、金融機関が公表するデータや事実に基づいて作成されています。
※本サイトでは、ウェブサイト運営費用確保のため広告配信を導入しています。
よかったらシェアしてね!

会社概要

WizBiz株式会社のアバター WizBiz株式会社 証券コード:5866

20万人以上の経営者が活用するウェブメディア「WizBiz」を企画・運営する会社。ビジネスマッチングにも力を入れており、ビジネスマッチングアプリBizOn!(ビズオン)や異業種交流会の企画、WEB版のビジネスマッチングサービスも展開し、全国の中小企業経営者や個人事業主の企業成長を支援。

目次