経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  設備・備品 >  気象情報遠隔監視システム

気象情報遠隔監視システム

更新日:2016年10月17日

  • 全国

掲載商品・サービス紹介

Visala社の複合気象センサー(WXT520)とDPNS-mini NEを組み合わせた気象観測システムです。

弊社DPNS-mini NEを用いたリモートウェザー観測システムです。
【観測要素】
 風向:最大/平均 0〜360°
 風速:最大/最小/平均 0〜60m
 降水量:0〜200mm/h
 気圧:600〜1100hPa
 気温:-52〜60℃
 温度:0〜100%
 データ取得間隔:正10分毎
注)気象庁検定は、風向・風速のみに対応可能となります。


U-Weather

特色・アピールポイント

風向・風速・降雨量・気温・気圧・湿度を、ドコモの電波がとどくエリアであれば、日本全国どこでも直ぐに収集することができます。

コンパクトに纏められたシステムで、風向・風速・降雨量・気温・気圧・湿度を、いつでも・どこでも・簡単に観測することができます。

気象センサーはもちろん、通信ユニットも低消費電力品なので、他にはなしコンパクトなソーラーパネルとバッテリーサイズでシステムが構成されているので、設置場所の制限もなく、どこにでも簡単に取り付けすることが可能です。

また、データは、当社のサーバーからインターネットで閲覧可能なので、お客様でサーバーなどのインフラを準備する必要はありません。

さらに、鉛バッテリーの代わりにウルトラキャパシタ―を使う事で、メンテナンスフリーとすることも可能です。

価格

お問い合わせください

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商