経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  第一次産業 >  福岡県 >  水質自動監視装置「メダカのバイオアッセイ」(一般固有名称:生物センサー、バイオアッセイ、魚センサーなどとも呼ばれています)

水質自動監視装置「メダカのバイオアッセイ」(一般固有名称:生物センサー、バイオアッセイ、魚センサーなどとも呼ばれています)

更新日:2013年02月28日

  • 福岡県

掲載商品・サービス紹介

大学発ベンチャーの環境電子は、ユニークな独自の開発技術で社会に貢献したいと考えております。

魚類のメダカを使用した水質自動監視装置「メダカのバイオアッセイ」は、毒物に対して反応が敏感とされる小型魚類ヒメダカを試験魚として、24時間体制で連続的に水道原水の監視を自動的に行う装置です。
 1分間に約0.8〜1.5リットルの原水を装置内の飼育水槽に流入させ、約20匹のヒメダカの動きをCCDカメラで俯瞰撮影し画像解析によって、原水の含水毒物を自動的に検知してアラームを出します。

 ヒメダカは微量の含水毒物に敏感に反応し、ヒメダカの微妙な動きを高精度の画像処理によって確実に捉え、複合毒物や化学分析で検出が難しい毒物でも検知が可能です。
メダカが住民の安全と安心をお守り致します。

特色・アピールポイント

水質自動監視装置「メダカのバイオアッセイ」NBA-03型の特長

○ メダカを使った画像解析によるバイオアッセイ検査法は、当社代表者が世界で最初に開発致しました。そのため毒物実験データなど開発ノウハウを豊富に蓄積しております。
○ 北海道から沖縄までの水道施設に約100台弱で納入実績数は国内第2位です。
○ 24時間連続無人監視、自動データ収録、遠隔監視が可能で経費節減、省力化、監視強化につながります。
○ 楕円形状の飼育水槽、回流式、浅い水深(高濁水可)、自動給餌、水温管理、溶存酸素、捕獲ネット等のメダカが自然環境で生息する条件に合わせた飼育水槽は、メダカが長期に生息できるように設計されています。 ・・・メダカは田圃に生息する魚類です、田圃の環境(浅い水深、水の流れ、水温、群れ行動)が飼育水槽に生かされています。
○ アラーム画面を目で見て確認できることは監視者として安心感があります。
○ ヒメダカは小型魚で敏感、専門の養殖業者が多量に養殖していますので調達が容易です、小型魚類のため装置も小型に製作でき、狭い場所に設置が可能です。
○ パソコンで使える管理ソフトでデータの記録が長期間できます。
○ 濾過装置・加温器・管理ソフト・遠隔監視等のオプションも揃えております。
○ 低価格で高精度、メンテナンス容易、アフターサービスで納入先に喜ばれています。

価格

詳細はお問い合わせください

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商