経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  現在導入をしているシステム費を削減したい >  近畿 >  技術開発支援

技術開発支援

更新日:2015年01月06日

  • 全国

掲載商品・サービス紹介

威海インキュベーションプロジェクト

<山東省・威海市の技術・開発区のご案内>

威海市では、前例のない、研究・開発に特化した開発区を計画しています。

(広さ3万u、1,500uの工場7棟敷 地面積約33万u)



ここでは、日本の最先端技術の研究・開発を支援する体制を整えています。

費用は原則無料です。(環境・省エネ関連事業優先)

条件は、研究の成果を中国市場で事業化する(中国側)ことと、 研究開発推進に必要な技術者を常駐させることです。

日本企業は、開発の成果を自由に持ち帰り、日本で製品化することが出来ます。この開発区で、量産を行うことはありません。
(別途合弁会社設立により量産も可能)

実証実験が必要で、時間と手間を要する、中小企業の開発に心強い、パトナーです。研究内容の技術審査はありますが、日本の助成金と違い、金額の上限も期限の限定もありません。

研究・開発に必要な費用は、全て中国サイドが負担します。

<問い合わせ先>

mail@jpwinwin.com




威海インキュベーションプロジェクト

特色・アピールポイント

威海インキュベーションプロジェクト

【開発区のコンセプト】

 ○目的 : 未完成技術の製品化にむけた研究・開発

 ○分野 : 環境関連事業・省エネ関連事業を優先

 ○業態 : 中国と外資の合弁事業、または開発の受託契約

 共同研究・開発を目的としており、完成された技術の商品化等は対象外、

高度な専門性のある技術(開発中の技術や企画段階でも可)の継続的な研究・開発を支援し、製品の試作や量産設備の設計・開発も行う。

*開発期間・企業規模・開発予算等制限無し(30〜40案件、総額50億円想定)


価格

無償開発支援

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商