経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  工場・施設などの生産性を向上させたい >  関東 >  事業再生(資金調達と事業の再構築)

事業再生(資金調達と事業の再構築)

更新日:2015年03月12日

  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 山梨県
  • 静岡県
  • 愛知県

掲載商品・サービス紹介

資金繰り改善と共に、ビジネスモデル・事業形態の再構築で収益力アップ

(1)【資金繰りの改善】
借入金の返済に窮し、高利な資金借入れをして返済することはしないで下さい! 

なぜ銀行は融資を渋るのか? 
それは企業の事業展開や収益確保の明確な姿が見えないからです。

資金調達には事業改善計画書と資金回収計画書(資金繰り表)が必要です。

しっかりした計画書で、企業の先行きを説明することで、融資または融資が不可能でも返済条件の変更ができます。

当社は金融機関が納得する事業再生計画書と資金回収計画書(資金繰り表)の作成と資金調達の交渉を支援します。 
倒産回避と企業再生は、資金繰りの安定が急務です。

銀行以外、ノンバンク・リース会社、投資ファンド・ベンチャーキャピタル・個人投資家等からの融資・投資も行います。

(2)【担保不動産を確保して事業継続】
銀行への返済が困難であり、担保不動産が競売される恐れある場合は、銀行の了解を得て担保不動産を売却し、その代金から銀行に返済します。

同時に不動産の買い手から同不動産をリースすることで、事業の継続を可能とします。

(3)【事業の再構築で収益向上】
現在の事業を継続するのでは黒字達成が危うい場は、ビジネスモデル・事業戦略の見直し・再構築が絶対に必要です。
 
不採算な事業・商品は縮小・撤退をせねばなりません。

余剰となる人員の削減、設備・在庫品の処分、取引先との交渉などを実施せねばなりません。
 
一方継続する事業・商品についても、事業の在り方(上記のビジネスモデル)の検討がまず必要です。

提案営業・顧客開拓、広告その他の販売促進、内製化・間接経費削減ほか原価管理の強化によるコストダウン等の各方策により、収益力の向上を図る必要があります。

当社は経営者と共にこれらの検討・計画策定と、その具体的な実行を強力に支援します。


当社は経営者と共に事業の再構築を図るため、あらゆる支援を惜しみません。

特色・アピールポイント

当社代表は会社勤務時代、会社が3年連続の大赤字で債務超過となった際、再生資金の調達、事業・製品の選択と集中、事業の再構築ほか事業再生を3年間にわたり身を以て実践しました。

【会社勤務時代の経験】
銀行が再生融資に難色を示したため、抜本的な対策を策定した。 

主な施策として赤字部門の一部撤退・縮小、実施途中の新規事業の事業化中止。

営業強化(提案営業の推進、情報共有化、事業提携ほか)、コストダウンとして内製化・原価管理の徹底等。

また余剰人員の削減、不要資産の処分、給与の引下げ等を計画し実施に移した。

その結果、事業再生資金を確保し、2年後に黒字転換し、それから2年で債務超過を解消できた。

資金調達について事業再生計画・資金回収計画に真実味(根拠となる資料等)があれば、
金融機関は債務超過でも融資に応じることを経験した。

事業再生には思いきった外科手術的な措置(事業の撤退、余剰人員の削減等)が必要となることも体感した。

また実施の過程(実施後も含め)では、断固として実施(商道徳と雇用者責任等の社会通念には外れない範囲)することが必要である。

その他、経験者の退職等で、新たな体制で事業を遂行するため、一時的にミスの増加や業務遅延が生じること。

取引先との契約書があいまいな場合、契約の変更や解消が難航すること等に注意が必要である。

当社はこれら経験に基づき、机上の提案ではなく、会社の実情に応じ具体的方策の実施を支援します。

経営者の思いを重視し、会社の存続・発展を支援します。

価格

メール相談1回のみ受付:無料
対面相談  60分:4千円(渋谷)
出張相談  60分:7千円+交通費実費(渋谷、横浜から1時間以内)遠隔地はご相談

事業再生等の支援料金は面談時にご説明致します。

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商