経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  工場・施設などの生産性を向上させたい >  水質自動計測装置

水質自動計測装置

更新日:2013年03月01日

  • 兵庫県

掲載商品・サービス紹介

水質自動計測装置

国民の日常生活に直結しその健康を守るために欠かすことの出来ない水道水、清浄な水の供給をするためには、水源から管末に至る水質監視は不可欠です。

昭和32年に水道法が制定され、平成13年、時代と共に新たな物質の出現等があり水質検査項目は追加、削減、また水質監視場所、検査周期等についても見直され特に管末において「毎日殺菌に必要な残留塩素計測、色濁度の点検」も義務づけられました。

またその後いくつかの追加変更がなされ正式に「改正水道法」として平成16年4月1日施行されました。管末での365日毎日の人手による監視計測は大変な労力が必要で、その労力を水質自動計測装置を設置する事で軽減化を計るご提案です。

特色・アピールポイント

水質自動計測装置の特徴

●色度、濁度計測用光源にLED採用で長寿命しかも安定した計測結果が得られる。

●新設計のワイパー洗浄構造にて保守点検作業に特別な技術を必要とせず誰にでも出来る構造です。よって低価格化、低保守費用化を実現させました

●無試薬で連続自動測定を行います。(残留塩素、色度、濁度3項目用)

●色度、濁度は自動校正自動洗浄、残留塩素はビーズによる自動洗浄を行います。

●遠隔監視に必要な通信は、最も経済的なNTTドコモパケット通信を推奨しますが、その他にも無線、一般電話回線、専用線、CATVLAN環境、IP-VPN、光通信等ブロードバンドにも対応が出来ます。
● 内部部品配置は保守性を考慮した設計、保守はフィルターの交換、半年に1回程度の清掃で済みます。"

価格

価格については、お問い合わせください

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商