経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  食品製造業 >  カメラ付きエッジAI(検品・管理・識別等)

カメラ付きエッジAI(検品・管理・識別等)

更新日:2021年04月19日

  • 全国

掲載商品・サービス紹介

「人が目で見て判断している作業」ならAIで出来るかもしれません。

サービス名にある通り、クラウドAIではなくエッジAIを使用していますので、データ量を少なくした状態で処理速度を早くしています。
もし御社の業務で数名の方々が人の目で認識・判断してい業務がありましたら、AIが出来るかもしれません。

「人間」は曖昧なものを個人の範疇で判断することができます。
「機械」は決まった答えに対して正解・不正解を出すことができます。
しかし、AIは曖昧な形や色などをある特定の共通項を見つけて判断することができますので、人間に近い結論を出すことが出来るのです。
今までは、人に出来ない作業を機械が埋めてくれた部分が多いのですが、AIは「人が行う作業」を実施出来る機械になりえます。

今回のサービスは、その中でも視覚に携わる部分に特化していますので、商品の形が均一でない・人の目で見ると誤認識しやすい・小さくて判断に困る等の目に関わる問題から、人材の確保が難しい・少しでも従業員の負担を減らしたい等の人材に対するお悩みまで、今まで解決出来ないと思われた問題を解決出来るかもしれません。


カメラで撮影した映像をエッジ側で処理します。

特色・アピールポイント

早い・安い・巧いをモットーに提供させて頂いています。

第一に、確実に同業他社様よりも早く・安くご提供できる内容になります。

従来のセンサー式の検査機であれば「決められた結果に対して正解・不正解を出す」のですが、AIであれば「以前正解をみなしたモノに近い」等の判断が出来るので、より人間の思考に近い形で答えを出します。

人に近いからこそ、今まで4人で行っていた作業をAIを含めて2人と1台に減らし他の作業に人手が避けるようになったり(事例@)、重なっている商品に対して人が見て誤認識していたことがAIを使用したことで誤認識が減った等(事例A)、今までの機械と違う活用法が生まれています。

また検査以外でも、音声認識を活用したディスプレイの立ち上げ・QRコードからの流入を集計するシステム・病床等に取り付けて遠隔通話出来るシステム・AIを使用した顔認証式ディスプレイ広告等、他の引き合いにもご対応させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

人が見る作業ならAIにできるかもしれません。

事例@

事例A

価格

お客様の現場の状況や設置する内容によって変動します。
一度お問い合わせ下さい。

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商