経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  その他卸売・小売業 >  近畿 >  雨漏り修繕を実績で選ぶなら堺のひかり化成

雨漏り修繕を実績で選ぶなら堺のひかり化成

更新日:2021年04月09日

  • 大阪府

掲載商品・サービス紹介

大阪・堺のひかり化成は社屋・工場・社宅の雨漏りを素早く長期に亘って止めます

ひかり化成が確実に雨漏りを止められる理由は、官公需適合の高度な技術と防水工事業一筋25年、延べ6250件以上の雨漏りを止め、延べ24万7千平米の防水改修実績の蓄積された実証データにより様々な雨漏りの要因を一つ一つ検証して潰していくからです。

ひかり化成の雨漏りを止める2つの技、その1、雨漏り補修向け万能防水材を製作しました。
「ちょっとした補修にでも、既存のどんな素地にもよく接着して、臭いもなく、安全で使い勝手のよい防水材はないものか?」と職人さん達が、現場で考えた自社製品ポリマーセメント系塗膜防水ポリマテックス®は継目の無いシームレス防水、無溶剤、無臭、火気不使用で環境安全、既存のあらゆる下地に接着良好、雨上がり等湿潤面での施工可なので、緊急的な防水補修や応急的な防水修繕、大規模計画修繕に於ける屋上防水改修工事向けに開発した万能防水材です。

ひかり化成の雨漏りを止める2つの技、その2、
ひかり化成工事部技術職員は全員多能工です。陸屋根屋上防水工事はもちろん、外壁の雨漏り補修、外壁防水改修工事も得意としております。外壁の露筋欠損部の断面復旧、ひび割れや浮きの補修、補強、シーリング(コーキング)、外壁塗布防水、アルミ笠木や水切取付け工事も是非ご用命下さい。また雨漏りが止まった後の内部天井補修や内壁塗装工事、樋洗管や高圧水洗浄等付帯工事もお気軽にご相談ください。


既存加硫ゴムシート防水によく接着し、壁面でもダレず、音や臭いもなく火気も使用しないということで、設計施工コンペで受注した、地元の研究施設の屋上防水改修工事です。

特色・アピールポイント

防水材、防水工法は星の数ほど存在します。また既存の材質、劣化状況もこれもまた様々です。防水改修技術とは適材適所の判断力です。10年先20年先はこの既存とこの改修素材の相性はどうなのか?を想定できる判断力はやはり過去実績のデーター数です。ひかり化成が確実に雨漏りを止められる理由は、地元大阪の官公需適合の高度な技術と防水工事業一筋25年、延べ6250件以上の雨漏りを止め、延べ24万7千平米の防水改修実績の蓄積された実証データにより様々な雨漏りの要因を一つ一つ検証して潰していくからです。

雨漏りは「まっいっかっ」と放っておくと、あなたの大切な建物はみるみるうちに、内側よりじわじわ蝕まれて行く事になります。雨漏りは建物にとって「ヘルプ!ミー!」の重大なサインなのです。でも逆に適切な時期に定期健診して、問題点の早期発見と早期治療を行うことによって、驚くほど長生きする健康建物が実現できます。建物があなたへ発する渾身のサイン「雨漏り」、この雨漏り修理の見積りの取り方には、あるいくつかのコツがあります。的外れな見積りの依頼は、的外れな業者に的外れな工事をたのんで不本意な結果となってしまいます。

例えば一口にレストランといっても和食あり、洋食あり又洋食といってもフランス料理あり、イタリア料理ありますよね。では、フランス料理店で「ラーメン餃子セット」を注文したらどうでしょう?おそらくシェフはハイハイと苦笑いしながら、裏口からこっそり出て隣の中華料理店で買って盛り付けなおして出すかもしれませんね。笑い話のようですが、本当に建設業界ではマジメに、こういう作業が常用茶飯事行われているのです。

さて一方、ラーメンも餃子もプロの中華料理店が作ったものですから、普通お客様は大満足です。でも、ここからです!万が一お客様に味のご不満があった場合、シェフは中華に明るくないから、すぐにそのクレームに対応できません。得てしてクレームというものはクレーム自体より、そのお店の低い対応力がお客様の不信をかう地雷になってしまうのではないでしょうか。

建築物の雨を止めるという建設業は「防水工事業」「屋根工事業」「板金工事業」という業者さんがメインですが、専門建設業者というのは「新築専門」「改修や補修専門」「両刀使い」の3種族がいます。新築専門の業者さんは専門工としていくら腕があっても改修や補修は不得手です。既存の撤去、下地処理下地調整工法のノウハウがないからです。又ほかの建設業「左官工事業」「塗装工事業」の業者さんの中でも「雨を止める」技術をもった業者さんが雨漏り修理に対応できます。屋上、ベランダ、ルーフバルコニー等陸屋根の塩ビやゴム、瀝青質のシート又は塗膜を扱うのは防水屋さん、瓦、カラーベスト、スレート、瓦棒、折板等屋根葺き材を扱うのは屋根屋さん、水切り鉄板、鉄板庇、アルミ笠木、オリエンタルメタル箱樋等金属の薄板で雨仕舞材を現場加工するのは板金屋さんです。屋根屋さんと防水屋では水を止めるノウハウが全く異質なもので、本当の防水屋さん屋根屋さんは屋根に関しては屋根屋さんを、陸屋根に関しては防水屋さんを互いに薦めあいます。

外壁の場合、建具廻りや目地コーキングの劣化に因る雨漏りはコーキング(シーリング)屋さん(コーキング屋さんは多くの場合防水屋さんに出入りしている例が多いです。)でしょうし、外壁表面の水密性の退化に因る場合は防水技術に明るい塗装屋さん又は左官屋さん、吹付屋さんの出番です。でもこういった業者さん達は各々独自のネットワークをもっておられるので「これはウチの部門外の工事です」と無下にハネつけはしません。ですから誰をチームリーダにするのかが非常に重要です。

雨を止めるというテーマならば、漏れている或いは劣化している部位によって、前述のメイン3業者「防水屋さん」「屋根屋さん」「板金屋さん」からリーダを決めましょう。因みに小社ひかり化成は防水屋さんですから、「屋上、ベランダ、ルーフバルコニー等陸屋根」の「塩ビやゴム、瀝青質のシート又は塗膜施工」を得意としている職人さん達が多数在籍しています。大阪の陸屋根の雨漏り修理はひかり化成にお任せください。

屋上全面をしっかり防水したのになぜ漏る?実は結構よくあるケースです。しっかり全面防水したつもりが、実は出来ていない箇所があります。例えば床に貫通された支柱パイプ中とかです。手摺パイプが腐食して穴が開いた所から雨水が侵入し防水層を潜って漏る場合、ひかり化成では支柱の中に樹脂を充てんし水抜き穴を設け、防水層の裏に潜らない処置をします。

価格

訪問や電話無しで終始一貫してメールだけで、雨漏り修理の見積り依頼できる方法があります  https://hikari-kasei.com/blog/20210406172021-818/ この方法を用いて工事価格を掌握願います。世間相場と適正価格についてはこちらの記事をご参照ください https://hikari-kasei.com/blog/20210316101620-807/

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商