経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  シニアベンチャー  >  アメリカ人の生活習慣病を整体で予防  詳細


アメリカ人の生活習慣病を整体で予防
導院整体センター創立者 鈴木則正(すずき・のりまさ)

更新日:2011年04月06日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 自分らしい仕事をしたいと考え、起業したシニアにエールを送るコーナーです。
 アメリカでは、鍼灸、指圧、ヨガ、レイキ、マッサージなど東洋的な治療法やヘルスケアが注目されるようになっている昨今だが、鈴木則正氏は16年も前からニューヨークで整体指圧治療の普及に努めている。
 

   お気に入りに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 del.icio.us に追加 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加 ニフティクリップに追加 Buzzurl(バザール)に追加 FC2ブックマークに追加 newsingブックマークに追加

 
 
 鈴木則正さん
公務員、外資系企業、不動産ブローカーなどの職業を経て、整体指圧の「導院整体センター」を創立した鈴木則正さん
 
 
 骨格のゆがみが原因の痛みや症状を治療
1〜3回までの施術で、骨格のゆがみが原因の痛みや症状を治療
 
 
 

西洋医学の行き詰まりと高額医療費が追い風に

――なぜ、アメリカで東洋医学が注目されているのですか。
 西洋医学が行き詰まっているからです。何度も手術をして、それでも治らなかったり、もっとひどくなって苦しんでいる人はけっこう多い。西洋では人体も機械という発想で、悪いところがあればそこだけ取り替えればいいと考えます。検査機械が進歩して悪いところが発見できるようになりましたが、それでは予防はできません。

 東洋には「未病」という考え方があり、痛みや疲れなどの感覚が出てきた段階、病気になる前の段階で、自己の自然治癒力を高めるために指圧や整体を行ないます。こうして免疫性を高めることによって抵抗力を高めていくので、病気を予防することができます。アメリカでもそういう考えが理解されるようになってきています。

 アメリカは医療費も医療保険料も非常に高く、保険に入っていない人も多いのが現実です。そのため、病院に行く前に、まず、西洋医学に比べて治療費が安い東洋医学を試す人が増えているという統計もあります。アメリカの高額な医療費が、東洋医学の追い風になっているという面もあるようです。

――今後の計画についてお聞かせください。
 アメリカでは生活習慣病で早死にする人や苦しんでいる人が多いので、特にこうした人たちを対象に、自己治癒力を高め病気予防ができるようにすることが私の使命だと思っています。そのために、東洋医学の整体指圧を広めていきたいですね。

 また、整体と指圧の授業も行なっており、これまでニューヨークで約400人に整体指圧を指導してきました。7割が非日本人で、空手などの武術を学んでいる人が多いですね。自分の生き方としてヒーリングを選べるような人に、技術を伝えていきたいと思っています。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

導院整体センター創立者 鈴木則正(すずき・のりまさ)
1949年生まれ。千葉市出身。千葉市役所勤務後、バーモント州の大学に留学しMBA取得。帰国後、自ら開発した「異文化適応プログラム」で日本コンサルティングに就職。アメリカン・エキスプレス勤務を経て、再度渡米。不動産ブローカー、大手外資系会社部長職(東京勤務)を経験後、40代で整体師になる。 1995年導院センター設立(ニューヨーク)。自然療法研究家。宅建主任、産業能率士の資格を持つ。

会社名:導院整体センター
設立:1995年
所在地:141 E 55th Street, #2E, New York NY 10022
TEL:1-212-697-9114
URL:http://doinseitai.com