経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  シニアベンチャー  >  環境によい揚げものオイルでビジネスチャンスをつかむ  詳細


環境によい揚げものオイルでビジネスチャンスをつかむ
アイ・アンド・エム株式会社 代表取締役社長 伊豆 恒(いず・ひさし)

更新日:2010年06月22日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 自分らしい仕事をしたいと考え、起業したシニアにエールを送るコーナーです。
 良い商品に恵まれ、退職後に起業、その企業を今や18年も継続している伊豆恒氏。最初は、前職の関係の広告業から始まった事業は、拡大に成功し、コストがかからず、環境によい揚げものオイルやよもぎ商品の販売にまで発展している。


 
 
 代表取締役社長 伊豆 恒氏
代表取締役社長
伊豆 恒氏
 
 
 
 
 
 

将来に不安を覚え、退職後に起業を決意

──いつ創業されたのですか?
平成2年60歳の時で、もう今78歳なので、もう創業してから18年になりました。ライオンやジョンソン、広告代理店を経験し、その経験を生かしたいと思いました。

──60歳になってから起業されましたが、企業のきっかけを教えてください。
実は、60歳の定年になっても、まだまだ年金だけでは暮らせないのではないかと思い、定年後も仕事をするなら起業しよう、と思いました。私は、最後は広告業界におり、その経験を生かそうとして創業しました。当初は広告業務を中心に事業を展開しておりました。

ミルオイルとよもぎ商品との出合い

──ミルオイルについて教えてください。
当社では、揚げ用油の使用料を20%〜50%削減する「ミルオイル ベターフライングシステム」というのを採用しています。これは、油の使用量を大幅に削減できる画期的な米国生まれのシステムです。食用油の品質改善を徹底して行なうことで、常に「新油」に近づけます。そしてより良い調理が可能となり、コスト削減や環境への配慮につながるシステムです。現在、ミルオイルは、国内の多くのファミリーレストランで使われています。

この油は、油切れがよく、油のパワーが持続し、粘りが継続する商品です。また、揚げ上がりもきれいでこんがりと上がるので、長年愛用していただいています。また、ミルオイルフライングパウダーというのを使って古くなり劣化した油の老廃物をこのパウダーに吸着させます。そして、ミルオイルフィルターで老廃物をろ過し物理的に除去していきます。これらを「ミルオイルベターフライングシステム」と呼んでいます。

──ミルオイルはどこで使われているのでしょうか?
サンデーサン、ロイヤル、スカイラーク、ジョナサン、ガスト、デニーズ、ケンタッキーなど主なファミリーレストランで使われています。

──よもぎの商品について教えてください。
特に、カワラヨモギというのを使い、これは、古くから中国や日本で生薬として広く利用されていました。カワラヨモギを使った、クリーム(アルテクリーム)、お茶(よもぎ茶)、シャンプー(ルミーズシャンプー)、せっけん(自然派よもぎ石鹸)などの商品を販売しています。販売方法は、通販や直販ですが、助産婦、母乳相談などを通じても需要があり、アトピー、かゆみ、などの対策で使われているようです。効き目があったという声を聞くとうれしい限りです。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

プロフィール
伊豆 恒(いず・ひさし)

昭和6年生まれ。ライオン歯磨(株)、ジョンソン(株)広報室長などを歴任。
アイ・アンド・エムのMは、伊豆社長の上司にあたり、ジョンソン(株)の取締役社長になられた故御厨文雄氏から取ったもの。

会社概要
会社名:アイ・アンド・エム株式会社
設立:平成2年4月25日
資本金:2000万円
所在地:〒104-0061
東京都中央区銀座1-16-5 銀座三田ビル
TEL:03-3563-0075
FAX:03-3563-0074
URL:http://miroil.co.jp http://www.yomogi.info