経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  シニアベンチャー  >  海外輸出に特化し食品メーカーをサポート  詳細


海外輸出に特化し食品メーカーをサポート
株式会社ケングローバル代表取締役 岡部健太郎

更新日:2009年10月07日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

総合商社、メーカーと会社は変わっても食品一筋に関わってきた岡部さん。若き日の起業への夢を50代半ばで実現し、海外進出を考える食品メーカーをサポートしています。
 


 
「これまでの経験を活かして、もう一度自分でチャレンジ
 「これまでの経験を活かして、もう一度自分でチャレンジしたいと考えたのです」と起業動機を語る岡部氏。
 
 
 
昔は部下に調べてもらうのが当たり前だったが、今は何でも自分でこなす。お陰でものすごく勉強熱心になったとか。
昔は部下に調べてもらうのが当たり前だったが、今は何でも自分でこなす。お陰でものすごく勉強熱心になったとか。
 
 
 
起業から現在に至るまで、ずーっと試行錯誤の毎日だそう(岡部氏)。
起業から現在に至るまで、ずーっと試行錯誤の毎日だそう(岡部氏)。
 
 

商社の合併を機に退職

――御社の事業内容を教えてください。
「自社製品を海外でも喜んで食べていただきたい」という希望を持たれている食品メーカーの海外輸出サポート事業を行なっています。食品の海外輸出に附随して発生するすべての業務が対象です。市場調査やモニタリング調査に始まり、商品企画、販路開拓、バイヤーや流通企業の紹介、商談支援、試食・試飲、デモサービス等の販促活動、契約締結、物流網構築などのトータルサポートをしますが、一部を手伝うだけのこともあります。

――どのような食品を扱っておられるのですか。
基本的には調味料や菓子、飲料、一部冷凍食品などの加工食品です。おもなお客様は海外在住の日本人ですが、最近は日本の高級食材が多く現地の方に受け入れられています。ニューヨークではイタリアンやフレンチのシェフが積極的に日本の食材や調味料で新しいメニューを作ってお客さんに喜ばれているので、そこからクチコミで広がっていくこともあります。日本の食料品のおいしさ、安全管理は世界で認められているのです。

――総合商社での仕事は気に入っておられたとお伺いしましたが。
はい。希望した食料部門に配属されてラッキーでした。ところが52歳の時、商社の合併を機に、従来の立場では仕事ができなくなったので「新たなチャレンジをしたい」と自分から辞めました。
紹介されて食品メーカーに入社したところ、商社が売れ筋商品を扱うのに対して、メーカーではいかにして売れる商品を企画・開発し、販売し、プロモーションして売っていくかが非常に重要なんだとわかりました。商社とはまったく違い、実際に自分でそれらをやってみると非常に新鮮でとても勉強になりました。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

株式会社ケングローバル代表取締役 岡部健太郎<おかべ・けんたろう>
昭和27年生まれ。総合商社で穀物をはじめとする食品の輸出入に28年間携わり、ロンドン、北京、アメリカに約10年駐在。会社の合併を機に平成16年3月退職、食品メーカーへ。マーケティング等を学んだ後、同19年末退社、翌20年1月、中小食品メーカーの輸出を支援すべく55歳で起業。
http://www.kenglobal.co.jp/