経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  朝礼ネタ110番  >  “挑戦”が成長をうながす  詳細


“挑戦”が成長をうながす

更新日:2004年05月20日

社員の士気を高める朝礼も、毎週、毎日となれば、話すネタも尽きてしまう。「朝礼で使える話はないか?」と日々頭を悩ませている経営者の方々に、ヒントになる話題を提供します。
 


 
バックナンバー
バックナンバー一覧
 

海外旅行は、――といってもフリーの旅行に限るが――、自分を成長させるいい機会だ。
名所旧跡を訪れて見識を高めるという点では、パッケージツアーも悪くないが、ときには、自分で旅程を決め、ホテルや交通機関も手配する個人旅行をしてみることを勧めたい。

地図や時刻表を片手に交通機関を乗り継ぎ、目的地まで行ってみる。ガイドブックに載らない店で食事をし、街中のスーパーで買い物をして、自分の足で探したホテルに泊まる。すべて自分で考えて、判断して行動することで、パッケージツアーでは決して味わうことができない、充実感が得られるはずだ。

もちろん、こうした旅には危険もつきまとう。地元の人から情報を入手し、危険なところには近寄らないとしても、地域によっては、旅行者を狙うひったくりなど日常茶飯事というようなところも少なくない。しかし、あえて、そういった環境にさらされることで、危険に対する意識も高まり、自己防衛の能力も育つ。また、言葉の通じない環境で、自分の思いや要求を伝えながら旅をすることで、コミュニケーション能力や忍耐力をつけることにもなる。

とはいえ、誰もがこうした旅行に出かけられるわけではない。では、普段の生活のなかで、どうすれば自分を成長させることができるだろうか。

それは、少しハードルの高い仕事に挑戦することである。毎日同じことを繰り返すだけの仕事は、たしかに楽ではあるが、緊張感もなく、何かをやりとげたという充実感もない。

一方、自分には手に余ると思われるような仕事は、これまで以上の努力が必要になり、時にはストレスも溜まる。しかし、がんばって完遂することで、自分の知識や技術の幅が拡がるとともに、困難を乗り越えたという達成感があり、また、次の仕事への自信にもなる。

むずかしそうな仕事を与えられた場合は、ぜひ、しり込みしないで取り組んで欲しい。また、与えられた仕事をこなすだけではなく、自分から積極的にハードルの高い仕事に挑戦してもらいたい。それが自分の可能性を拡げることにもなるのだから。

■関連記事
モバイル新時代の幕開けか?(2010年12月28日)
今スマートフォンに何が起きているのか(2010年12月01日)
歌舞伎の世界での責任の取り方(2010年11月02日)
 2010年は電子書籍元年なのか?!(2010年10月05日)
表の道徳、裏の道徳(2010年09月07日)