経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  朝礼ネタ110番  >  夏バテの予防・解消法  詳細


夏バテの予防・解消法

更新日:2008年07月17日

いよいよ夏本番。この春(2008年)、「ラニーニャ現象」が終息したそうだが、気象庁によれば、「ラニーニャ現象」の影響はまだ残っているため、昨年ほどではないにしても、今年の夏も暑くなりそうだという。暑くなると心配になるのが“夏バテ”だ。体調不良は、仕事の生産性も低下させる。夏バテの予防・解消法を紹介する。


水分の摂り方に注意しよう!

夏バテを予防するうえで、重要になるのが、水分をしっかり摂ることだ。
夏は汗をたくさんかくため、体内の水分が減少する。また、暑い屋外と冷房が効いた屋内を行き来することで、自律神経の働きがにぶくなり、体内の水分の循環もうまくいかなくなる。

水分補給では、水よりもミネラル成分などが補給しやすいスポーツドリンクが望ましい。ただ、スポーツドリンクのなかには糖分が多いものもあるので、水で薄めるなどの工夫が必要だ。また、夏には、冷たい飲み物がほしくなるが、冷たいものは、内臓の機能を低下させるので、摂り過ぎは禁物だ。とくに、清涼飲料水は、糖分が多いので、飲み過ぎないようにしたい。

さらに、ビールの飲み方にも気をつけなければならない。
暑い夏、仕事が終わった後の冷たい一杯は、何よりのご馳走だが、アルコールを分解する際、水分が必要となり、利尿作用があるため、ビールを水代わりに飲むのは危険だ。

食事ではビタミンB1、ビタミンCの摂取を

水分とともに、食事もしっかり摂る必要がある。
夏場は食欲がないため、麺類などの簡単なものですませがちだが、体内の熱を外に出すときに多量のエネルギーを使うため、エネルギー補給が必要だ。また、ビタミンB1は、糖分をエネルギーに代える際に使われるうえ、汗などでも排出されやすいので、日々の摂取が欠かせない。さらに、暑さでイライラすると、ビタミンCも消耗するので、こちらもまめに摂取したい。

ビタミンB1は、うなぎや豚肉、大豆、モロヘイヤなどに含まれる。土用の丑の日に、うなぎを食べるというのは、昔からの夏バテ防止の知恵だったのだろう。
また、ビタミンB1の摂取を助けるアリシンは、ニンニクやネギ、ニラなどに含まれる。ニラやニンニクをたっぷり使った焼肉も夏バテ防止にはよさそうだが、すでに夏バテ気味で胃腸が弱っている場合、油や刺激物の摂り過ぎは、かえって胃腸の負担になるので、控えたほうがよさそうだ。

食欲がないときには、ショウガやミョウガなどの香味野菜を活用する、見た目に涼しい器を使うなどの工夫も、食欲増進の助けとなる。

半身浴をすると、疲れがとれやすい

入浴も夏バテ解消に有効だ。
暑いとシャワーだけですませる人も多いが、入浴は、体内の老廃物排出を促進するうえ、自律神経のバランスを整える。38度から40度程度のぬるめの湯にゆったりとつかるか、みぞおちから下だけつかる半身浴をすると、疲れがとれやすい。

十分な睡眠も大切だ。
熱帯夜が続くと、睡眠不足になりがちで、それが原因で体調を崩すことも多い。とはいえ、ひと晩中、冷房をつけっぱなしにすると冷房病になりかねない。タイマーなどを活用し、冷やし過ぎない工夫が必要だ。また、直接、風が体に当たり続けると体温が奪われるため、クーラーや扇風機の風の送り方にも注意が必要だ。

さらに、夏バテ防止には、適度の運動も有効だ。
最近は、冷房の効き過ぎた屋内で過ごすことが多くなり、体温調節ができずに体調をくずす人も増えている。運動をすることで、血行を促し、体温を調節しやすくすることで夏バテしにくくなる。

夏バテ防止に有効なのが、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だが、炎天下で行なうのは危険なので、早朝や夕方など、涼しい時間を選ぼう。
水泳はとくにこの時期、もってこいの運動だ。水の中にいるだけで、気分もリフレッシュする。水の中を歩くだけでもかなりの運動量になるため、泳げない人でもプールに行くことを勧めたい。

最後に、生活のリズムも重要だ。よく眠り、食事も三食しっかり摂って、スポーツで汗を流し、入浴で体の疲れを取る。毎日とは言わないまでも、なるべくこうした規則正しい生活を送ることで、疲れを貯めず、夏の暑さにも負けない体力を養うことができる。

■関連記事
目から鱗が落ちる(2008年06月26日)
決断力の敵は「私心」にあり!(2008年06月16日)
古い地層から湧き出る泉の新しさ(2008年05月22日)
 犬と私の10の約束(2008年04月17日)
噴き出す民族問題 ― チベット暴動(2008年03月27日)