経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 12月9日  詳細


今日は何の日 12月9日

更新日:2010年10月25日

 

1909年―グライダーで池に落下

東京・上野不忍池のほとりで、日本初のグライダー試乗が行なわれた。陸軍砲兵大尉の相原四郎は竹で作った複葉式グライダーに乗ってさっそうと飛行開始、といきたいところ。しかし自転車で引っ張るという方法だったため、距離も出ずに池にドンブリコ。飛行距離40メートルという記録は残した。

1941年―NHK『語学講座』中止

真珠湾攻撃から一夜明けたこの日、NHKの『語学講座』の中止が決まった。一方、『国民に告ぐ』『我等の決意』『国民の誓』などの新番組が始まった。太平洋戦争開戦で、8日には中継放送は東京発に限られ、都市放送(第2放送)と気象通報は中止となっていた。外国宛の郵便も、アメリカ映画も対象にされた。

1942年―播磨造船所で俘虜を収容

この日、兵庫県相生市の播磨造船所に大阪俘虜(捕虜)収容所分室が開設され、400人が収容された。これは10月21日に公布・即日実施された俘虜派遣規則に基づくもので、俘虜を収容所外の工場などで労務作業をさせるというもの。徴兵による労働力不足を補う手段として、京浜・阪神の工場や鉱山・炭坑に送られた。

1945年―『真相はこうだ』開始

この日の夜8時30分から、NHKラジオ第1放送で新番組『真相はこうだ』の放送が始まった。これはNHK制作と見せかけたGHQ企画の30分番組で、日本の侵略戦争の事実を暴露するという構成。脚本・演出もGHQだったため、日本占領政策の一環として行われた「戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画」の一つであり、故意の歪曲や事実に反する部分もあった。人気は今ひとつだったが、番組名だけは国民に受け入れられて流行する。

1947年―『女優』封切り

衣笠貞之助がメガホンをとった東宝作品『女優』が封切られた。島村抱月と松井須磨子の恋を描いた作品で、主演は土方与志と山田五十鈴。妻のある抱月がスペイン風邪で死ぬと、後追い自殺した須磨子の激しさを山田が熱演、話題となった。当時の映画制作費は1本500万円ほどだが、この作品は1500万円!

1967年―都電銀座線などを廃止

東京では車の増加で道路事情は悪化し、路面電車は車の通行に邪魔だとばかりに廃止が決定。この日、銀座線など9系統が廃止された。ゆったり走る都電は効率最優先の時代には否定されたが、唯一の残る都電荒川線沿いや、今でも路面電車が活躍する鹿児島、松山、広島、岡山、札幌などの街は魅力的だ。

1968年―東大の入試は中止

この日、文部省は東京大学、東京教育大学、東京外語大学の入試の扱いを協議した。結局、大学紛争で年末まで授業再開の見通しが立たないために「入試の中止もやむを得ない」という結論に達した。29日には東大が全学部での入試中止を決定。68年は年明け早々からエンタープライズ寄港阻止闘争があり、学生運動が盛り上がっていた。