経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  WizBizニュース  >  リージャス、「ソーシャルネットワーキングのビジネス利用実態調査」結果を発表  詳細


リージャス、「ソーシャルネットワーキングのビジネス利用実態調査」結果を発表

更新日:2010年07月12日

〜リージャス、世界15,000社を対象とした
 「ソーシャルネットワーキングのビジネス利用実態調査」の結果を発表〜
2010/07/07

日本企業、海外に比べSNSのビジネス利用に遅れ
世界の企業の4割が顧客獲得にSNSを有効活用


 ソーシャルネットワーキングは新たなビジネス戦略として広く使われるようになっており、世界中の企業の4割がソーシャルネットワークを通じて新たな顧客を獲得している中、日本でSNSを活用している企業は3割にとどまる − 世界最大のサービスオフィス・プロバイダーであるリージャス(本社:ルクセンブルク、CEO:マーク・ディクソン)は、本日、『ソーシャルネットワーキングのビジネス利用に関するグローバル調査(リンク先は英語のみ)』の結果を発表しました。本調査によると、世界の企業のおよそ3割がマーケティング予算、文字通り「現金」を、ソーシャルネットワーキング活動に配分しており、企業が今やソーシャルネットワーキングという手法に投資をし始めているという傾向を裏付けるものとなりました。

 同調査は、2010年2月〜3月の期間に、15,000社を超えるリージャスの顧客を対象に実施され、うち、1,276社の日本企業から回答を得たものです。


◇ソーシャルネットワーキングの利用実態:世界 vs 日本
 ※添付の関連資料を参照

 これまで、企業のSNS利用の実態やその効果については、世界的に見てもほとんど調査分析がされておりません。そこで、本調査は、世界の企業が今後、SNSをマーケティング活動の有効なツールとして本格的に利用しようとしているのかを明らかにすることを目的とし、企業の経営層に対し、SNSが新規顧客獲得に結びついているかだけでなく、マーケティング予算を配分するほどの利用価値があると認識しているか、などを質問しました。

 その結果、58%の人が仕事上の付き合いを保つためにSNSを利用、同様に54%が共通の関心事、事業やスキルを持つ人が集まるサイトに参加するなど、SNSは引き続きその本来の役割を果たしていることが明らかになりました。34%の人は、SNSは決して既存および潜在顧客にリーチする有効な手段にはなりえない、とその効果に懐疑的ですが、半数以上の51%は、顧客グループを体系化し相関させたり、あるいは管理をするのにSNSを利用しています。また、必要なビジネス情報を収集するためにSNSを利用している企業の数も54%に上りました。しかしながら、LinkedInをはじめ就職活動をサポートするサイトが多数存在するにも関わらず、SNSを通じて就職先を見つけたことがあると回答した人はわずか22%でした。


<遅れをとる日本におけるSNSのビジネス利用>
 日本の状況については、マーケティング予算をSNS活用に配分している企業はわずか19%(世界平均27%)、仕事上のつきあいを保つために利用する人も39%(世界平均58%)にとどまりました。情報収集 手段としての活用においても43%で、世界平均の54%を大きく下回っています。逆に、世界平均値と同様もしくは上回ったものとしては、SNSを通じて顧客グループを管理している(53%)、SNSを通じて音声や動画などで企業情報を紹介をしているサイトに強く印象付けられる(44%)、と回答した割合でした。

 リージャスグループの北アジア地区担当会長である呉偉(くれ たかし)は、今回の調査結果に関して次のような見解を述べています。「SNSがいよいよビジネスツールの主流として台頭しつつある事実を明らかにした点で、このグローバル規模の調査は大変革新的なものであると考えています。SNSが既存および潜在顧客に到達する有効な手段にはなりえない、とする懐疑論者の根強い意見もありますが、大半の企業はすでに実際にマーケティング予算をソーシャルネットワーキングの活動に割り当てており、新規顧客獲得や既存顧客のリテンションに活用しています。」

 「現段階では、これらのソーシャルネットワークは引き続き主に顧客との接点を持続するのに使われていますが、新規顧客獲得や、既存顧客のリテンション、顧客グループとのコミュニケーションにおいても企業はSNSを成功裏に活用し始めています。日本では2900万人という莫大な登録者を持つSNS、mixi(ミクシィ)があり、企業がSNSのビジネス利用に二の足を踏んでいるのは世界のトレンドからしても考えにくく、あらためて検討すべきではないでしょうか。日本をはじめ、未だにソーシャルネットワークを利用していない国は多々あり、絶好のビジネスチャンスを逃がしているかもしれません。実際、オランダ(48%)、インド(52%)、メキシコ(50%)、スペイン(50%)などの国では、多くの企業がSNSを通じて新規顧客獲得に成功していることが報告されています。」


<中小企業は主にSNSを活用>
 企業の規模別に見ると、中小企業では大半がSNSを活用していることが調査で明らかになりました。大企業(21%)に比べ、中小企業(20%)はマーケティング予算をSNSに配分している割合はわずかに低いものの、新規顧客獲得においては大企業(23%)より中小企業(33%)の方がSNSを活用しています。さらに、世界のトレンドとは反対に、大企業の26%がSNSを通じて新社員を確保したことがあるのに対し、中小企業ではその割合が32%となり、大企業を上回る数字となっています。

 また、業界別では、小売業の43%がSNSを通じて新規顧客を開拓しているのに対し、金融業ではわずか17%で、世界平均の40%を遥かに下回る数字となりました。同じく金融業界においては、SNSの活用に対して懐疑的な意見を持つ人の割合も世界平均の34%を上回る40%となりました。小売業界についてはさらに、29%(世界平均27%)がマーケティング予算の一部をソーシャルネットワーキングのための活動に積極的に費やしていることも判明しています。


以上

<リージャスについて>

 リージャスグループは、先駆的なワークスペース・ソリューションを提供する世界最大のプロバイダーであり、設備を完備したオフィスから、専門会議室、ビジネスラウンジ、さらにビデオ通信スタジオの世界最大級ネットワークまで、幅広い設備やサービスを提供しています。リージャスは自宅から、外出先、あるいはオフィスのいずれの場所からでも働くことのできる新しい方法を提供します。グーグル、グラクソスミスクライン、ノキアなどの顧客は、成長している何千社もの中小企業とともに、オフィスや作業場のニーズをリージャスにアウトソーシングすることで本業に注力できる恩恵を受けています。

 85カ国、450都市の1,000カ所にわたるリージャスの施設を利用する顧客は毎日65万人以上に上り、それによって個人や企業はいつでも、どこでも、またどのようにでも仕事をすることができます。
 詳細は http://www.regus.co.jp をご覧ください。

 その他の詳細、写真は http://www.regus.presscentre.com をご覧ください。