経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ヒットの証  >  TVショッピング10分で9000足完売の記録  詳細


TVショッピング10分で9000足完売の記録
リゲッタ/シューズ ・ ミニッシュ

更新日:2010年12月08日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 大阪の小さな靴メーカーがつくった商品が、通信販売での靴の売り上げ上位に食い込んでいる。その商品の名は「リゲッタ(Re:getA)」。 オフィスで履いても疲れない、履き心地を下駄(げた)に似せたサンダルだ。
 

   お気に入りに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 del.icio.us に追加 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加 ニフティクリップに追加 Buzzurl(バザール)に追加 newsingブックマークに追加 ツイッター

 
 
リゲッタ(Re:getA)
■リゲッタ(Re:getA)
ローリングサンダルR-12
4980円(税込み)
 
 
高本泰朗専務
シューズ・ミニッシュの高本泰朗専務。「サンダル業界では外国製のクロックスが売れている。日本製のリゲッタで一矢報いたい」と野望を語る
 
 
 
 
 

販路を変えると評価も違う

そんなリゲッタも最初から売れ行きが好調だったわけではない。
「販売当初は卸問屋から全面否定され、流通に乗せてもらえなかった」と高本氏は当時を振り返る。

靴業界ではこれまで「デザインをコピーするのが習慣化していた」(高本氏)。ドイツやイタリアなど、本場のブランドがデザインした形を模倣するのだ。この手法が、売れる商品開発として定着していた。

これはサンダルも同様だった。新企画をつくっても「業界の異端者としてレッテルを貼られた」という。

だが高本氏はあきらめなかった。従来の流通に受け入れられないならば、展示会に出品することを考えた。

「このまま干上がるぐらいなら」と、思い切って大金を投じて東京インターナショナル・ギフトショーに出展。自社のブースをリゲッタ一品に絞って、下駄の歩き心地をアピールした。

すると、行列ができた。「こんなサンダルが欲しかった」「独占販売権を結びたい」「海外で販売したい」など、さまざまな声も寄せられた。

これまで靴業界でけなされ続けたリゲッタが、ギフト業界で歓迎された。「販売先を変えれば評価も違ってくる」と高本氏は語る。以後、同社のリゲッタは破竹の勢いだ。従来の流通ではなく、通販やネット販売を軸に売り上げを伸ばし続けている。

月刊ウィズビズ2010年8月号よりの転載記事です。

 

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
Company Profile

シューズ ・ ミニッシュ
大阪府大阪市生野区小路3-12-5
資本金 300万円
売上高 6億5000万円
従業員 20人
06-6755-2430
http://mini-shu.com/