経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー  >  アメリカの不動産売買をAからZまでサポート  詳細


アメリカの不動産売買をAからZまでサポート
Nezu Properties, Inc.創立者 ビクター・A・根津

更新日:2010年02月17日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

リーマンショック以降、マンハッタンのいたるところで目につくようになった売り物件やテナント募集の看板。円高でもあり、日本人にとってはニューヨークの不動産を取得する好機だが、誰に相談したらいいのか……。
 


 
 
Nezu Properties, Inc.創立者のビクター・A・根津氏
Nezu Properties, Inc.創立者のビクター・A・根津氏
 
 
物件の詳細を記した資料
物件の詳細を記した資料。これをよく検討せずに契約してトラブルになるケースが多い
 
 
法律と不動産ビジネスの専門家としてサービスを提供
法律と不動産ビジネスの専門家としてサービスを提供
 
 
 
 

弁護士サービスと不動産サービスをコンバイン

――弁護士として移民法や会社法などがご専門ですが、不動産ビジネスを始めた理由は何ですか。
これまで弁護士の仕事を通して、アパートやオフィススペースなどの不動産の売買、不動産投資などに関わってきましたが、特に外国人クライアントの場合、米国における不動産売買の手続きや交渉の仕方を知らないために、何か問題が出てきてから相談に来る人が多いのです。しかし、それでは遅すぎます。

また、私は移民法も扱っているため、米国で投資を行なうための投資家ビザのクライアントや、外国に住んでいるクライアントから不動産売買のアドバイスを求められることもありました。そこで、弁護士としてだけでなく、不動産ビジネスのプロとしても不動産売買や賃貸などに一から関わることによって、こうしたトラブルを未然に防ぎ、クライアントのニーズに合ったサービスを提供できると考えました。

――トラブルの原因はどんなことですか。
物件ごとに詳細な資料があるのですが、分厚い資料を読んで理解するのは素人や英語が不得手な外国人にとっては容易ではありません。それを読むとその物件の問題点などもわかるのですが、不動産ブローカー任せで、物件を見ただけで気に入って、資料をろくに読まずに契約を結んでしまう人が少なくありません。すると、あとで予期せぬ問題が出てくることが多いのです。

――不動産の売買やオフィス物件の賃貸などに関してアドバイスできる弁護士は、ほかにもいると思いますが、ほかとの違いは。
私はもともと不動産ビジネスに関心があり、8年前に宅地建物取引主任者資格を取得しました。不動産関連の法律に詳しくても、常に不動産に関心を持ち最新情報に敏感でなければ、不動産売買に関して的確なアドバイスや、クライアントが求めるサービスは提供できません。

 

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

プロフィール
Nezu Properties, Inc.創立者 ビクター・A・根津
ニューヨーク州、ニュージャージー州および米国最高裁の顧問弁護士。専門は移民法、離婚、会社法、興行、不動産等。ボストン大学法学部卒。同大学院にて法律とビジネス管理の両分野にてJuris DoctorとMBA資格を修得。宅地建物取引主任者資格取得。2008年3月、Nezu Properties, Inc.創立。

会社概要
Nezu Properties, Inc.

創立者/ビクター・A・根津
住所/1001 Avenue of the Americas, 4th Floor, New York, NY 10018
電話/917-623-2958
HP/http://www.nezurealty.comhttp://www.nezulaw.com