経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  中国に進出したカルフールと不買運動の裏に  詳細

莫邦富的視点
中国に進出したカルフールと不買運動の裏に
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2008年06月12日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 聖火リレーをきっかけに、中国で抗議活動のターゲットとなったカルフール。
 なぜ、カルフールがターゲットとなったのか、その背景にあるものを探る。

   お気に入りに追加 はてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加 del.icio.us に追加 ライブドアクリップに追加 Google Bookmarks に追加 ニフティクリップに追加 Buzzurl(バザール)に追加 newsingブックマークに追加 ツイッター

 
莫邦富氏
 
バックナンバー
 
上海の美味しいパン屋のコーヒー
2008年05月15日
中国富裕層市場への切り込み方を教える一冊
2008年04月17日
人民元は世界の基軸通貨となれるのか
2008年03月19日
なぜ航空会社は地方路線から撤退するのか
2008年02月21日
 
バックナンバー一覧
 

サプライヤーいじめというイメージが定着

友人たちは、まずカルフールの支払いが非常に悪いと指摘している。仕入れ価格を強い立場を利用してさんざんと値切ったうえ、商品の代金に対する支払いが大幅に遅れる。さらにいろいろな名目を設けてはサプライヤーから費用を徴収していた、という。

こうした話を聞いた私は、最初とても信じられなかった。しかし、調べてみると、確かに今回の不買運動が発生する前に、すでにカルフールに対する批判の声がかなり出ていた。

たとえば、08年2月1日、「第一財経」という経済メディアグループとリサーチ会社などが主催する推薦活動で、カルフールが「2007年中国で最も影響力ある多国籍企業」として推薦リストに名を連ねた。しかし、その他の多くのメディアは「カルフールはマイナスの影響力で選ばれたのだろう」と揶揄した。

なぜかというと、数カ月前の07年9月3日に、「第一財経」傘下の「第一財経日報」がカルフールを「最も困った企業」として、サプライヤーから金品の提供を求めるマネジャークラスの幹部の汚職問題などを取り上げたばかりだったからだ。

追い討ちをかけるかのように、08年2月22日、中国共産党機関紙である人民日報も、カルフールがいろいろな名目を設けてサプライヤーから費用を徴収しているとして、カルフールのサプライヤーいじめに容赦なくメスを入れた。その日の昼、CCTV(中央テレビ)のニュースでもこの問題を取り上げた。
こうしたなかで、パリで聖火リレー妨害事件が発生した。カルフールに対してもともと抱いていた不満ははけ口を見つけたかのように爆発した。

その不買運動発生後、サプライヤーがさらに堅い口を開き、これまで水面上に浮かんでこなかった内部の事情がより明らかになってきた。
たとえば、北京のあるサプライヤーの例を見てみよう。ある商品の販売量が中国全土で3位を誇るこのサプライヤーが2001年5月から2002年6月まで、カルフールに約375万円の商品を納品した。

しかし、実際に支払われたのはわずか135万円しかなかった。残りのお金はすべてさまざまな費用の天引き額として処理されていた。北京カルフール方荘店では、あるサプライヤーが300万円にのぼる商品を供給したが、4カ月経っても商品の代金が支払われず、ようやく02年6月になって、天引き額がすべて引かれたとして商品の代金が支払われた。だが額は5000円足らずだった。

カルフールに対する不買事件の裏にあったこれらの事実は、次のことを教えてくれたと思う。企業は日頃よき市民であるよう努力しないと、何らかの波風が起きた場合に四面楚歌となる恐れがある、ということだ。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu): 1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/