経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  遅すぎた日本のSIMロック解除  詳細


遅すぎた日本のSIMロック解除
〜莫邦富的視点〜21世紀の大国・中国を見つめる〜

更新日:2014年07月09日

総務省は、携帯電話会社が端末を他社で使えないように制限する「SIMロック」の解除を、2015年度にも義務づける方針を固めたことが報道されました。海外へ出かけることが多い著者は、遅すぎると言いつつも歓迎しているようだ。
 


 
莫邦富氏
 
 
著者新刊
莫邦富が案内する中国最新市場 22の地方都市
莫邦富が案内する
中国最新市場
22の地方都市

莫邦富著(海竜社刊)
価格¥1500
見た!聞いた!歩いた!徹底的な現地取材で得た「明日の星」22都市の市場魅力
 
日中「アジア・トップ」への条件
日中「アジア・トップ」
への条件

謙虚になれ中国、
寛容になれ日本

 
莫邦富著(朝日新書
)
価格777円(税込)

朝日新聞土曜「be」の好評連載「mo@china」の内容を凝縮
 
バックナンバー一覧
 

中国訪問前の不安

6年ぶりに香港に行ってきた。しかし、出発する前に、自分でもそわそわしていたのを自覚していた。ある種の不安感にずっと付きまとわれていたからだ。ほかならぬ携帯電話のことだ。

これまで中国本土や香港などに行くとき、いつも空港か宿泊先のホテルの近くにあるコンビニで、現地の携帯電話用SIMカードを入手して、自分の予備用かSIMを自由に取り換えられる海外専用の携帯電話に差し込み、現地の携帯電話料金で携帯電話を使っていた。

しかし、今は3G型の携帯電話はスマートフォンにとって換わった。果たして順調に現地のSIMカードをアップルのスマートフォンに挿しこめるのか、差し込んでからは果たして難なく使用できるのか、ずっと心配していた。それが私をそわそわとした心境に陥れたのだ。

結果から言うと、私の心配は杞憂だった。香港のホテルに到着したら、ホテル内では自由にWiFiを利用できるので、Lineの無料電話機能を使って順調に最初の取材対象と連絡が取れた。そして取材が終わったあと、その方の案内でコンビニに行って、アップルのスマートフォンに使う携帯電話のSIMカードを入手し、店の若い女性店員に私の携帯電話に入れてもらった。

香港で入手したこのSIMカードは海外から訪れた観光客やビジネスマン向けのもので、2日間WiFiフリーという嬉しいサービスもついている。通話料込みの60香港ドルだったが、通話料が60香港ドルを超えた場合は、再度チャージすればいい。こうして日本に住む私は地元の携帯電話料金で電話サービスを利用できるだけではなく、WiFiも使える通信環境を確保できた。

深センを訪問したとき、香港のSIMカードを差し込んだままの携帯電話を中国本土用に順調に戻した。さらに、翌日、深?から香港空港に移動したとき、その電話にもう一度香港SIMカードを差し込んだ。まったく問題はなかった。これで香港を訪れる前に覚えたあのそわそわとした不安感がすっ飛ばされた。

しかし、同じアップルのスマートフォンではあるが、日本用スマートフォンには中国本土用のSIMカードを差し込む勇気はなかった。日本の携帯電話に勝手にSIMカードを差し替えることができないとずっと前から聞いているからだ。

日本もいよいよSIMロック解除へ動き出す

固定電話や国際電話をおもな業務内容として発展してきた日本の電話会社、その後の携帯電話会社が海外ではほとんど評価されておらず、存在感もほとんどない。その原因はさまざまだと思うが、SIMをフリーにするのを頑なに拒否してきたことがあげられる。そのため、日本の携帯電話には他のSIMを差し込んで自由に使うことができないのだ。このことも日本の携帯電話会社の海外進出を失敗させた敗因の一つと見ていいだろう。

遅れすぎた措置とは言え、その日本もいよいよ目指すべき方向へ思い切って動き出した。

総務省が携帯キャリア各社へSIMロックを解除させる方針を決めたそうだ。平成26年度中に解除が始まるという。つまり2015年3月末までに、日本人も日本に居住している私たち外国人もSIMロックが解除された新しい携帯電話が使える時代を迎えた。

メディアの報道によれば、総務省が2010年にすでに省内向けのSIMロック解除ガイドラインを作成した。しかし、携帯キャリア各社から無視された。SIMロックフリーの早期実施を促した総務省の今度の態度には、真剣味が滲みだし、意思も堅い。おそらく携帯電話をめぐる世界の流れの変化をキャッチしたためだろう、と思う。

早くSIMロックフリーの携帯電話を使いたい! その時代の訪れに、拍手を送りたい。

著者プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu)
1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。 『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』などがある。 現 在、三井住友銀行グループ・SMBCコンサルティング会報誌の中国ビジネスクラブにて「データから見えてくる、これからの中国マーケット」、ダイヤモン ド・オンラインにて「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」、時事通信社の時事速報にて「莫邦富の『以心伝心』講座」などのコラムを好評連載中。 博報堂スーパバイザ。SMBCコンサルティング顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。山梨県観光懇話会委員。石川県中国インバウンド研究会顧問。大妻女子大学特任教授。
http://www.mo-office.jp/

  貴社の事業が世界に広がる!
WizBiz海外進出デスク

「自社の商品が海外で売れるか試してみたい」「リスクを最小限におさえて海外進出したい」「海外に進出したいが、どうすれば良いのかわからない」そんな経営者様は『WizBiz海外進出デスク』をご活用ください!
  あなたの運勢は!?
経営者のための占い「WizBiz経営者占い」

「WizBiz経営者占い」は、「経営者のための占い」をキーワードにした占い情報が満載です!経営の悩み解決に、経営の運気アップに、経営の判断の後押しに「WizBiz経営者占い」をご活用ください!

■関連記事
中国の労働力不足問題と産業用ロボットへの需要(2014年6月11日)
危機広報管理がなっていない有名企業の実例(2014年5月7日)
私が見た2つの清里の表情に想う(2014年4月3日)
ソフトバンクの店員の接客問題をあなたなら、どう見る?(2014年3月12日)
柳井正氏の『現実を視よ』を読む(2014年2月19日)
私はなぜ日本航空の機内食とラウンジ食に噛みついたのか(2014年1月22日)
甘味と香りに感激した豚肉(2013年12月18日)
離島・宮古島の南西楽園リゾートホテルのペット誘客作戦(2013年11月27日)
『南仏プロヴァンスの12か月』がくれたヒント(2013年10月30日)
中国旅行に、なぜ日本航空よりも全日空を選びたくなるのか(2013年10月2日)
地方の町おこしに現われた外国人助け人からのヒント(2013年8月28日)
川床料理と流しそうめん(2013年7月31日)
一本のバナナを四人で分けるハイアール創業時のエピソード(2013年7月3日)