経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  莫邦富的視点・21世紀の大国中国を見つめる  >  キャリーケースと日系企業の進出先の変化  詳細

莫邦富的視点
キャリーケースと日系企業の進出先の変化
莫 邦富(Mo Bang-Fu)

更新日:2007年11月22日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 最近、旅行に同行していたある中国人女子留学生からキャリーケースをもらった。
 そのメーカーから日系企業の進出先の変化を考察する。


 
莫邦富氏
 
バックナンバー
 
キャリーケースと日系企業の進出先の変化
2007年11月22日
美味しさの裏に潜む経営意識
2007年10月25日
中国の地方にもビジネスチャンスあり
2007年09月27日
 
バックナンバー一覧
 

使いやすいスワニーのキャリーケース

毎年少なくとも20回は海外出張に行く私は、1年の3分の1くらいは海外で過ごしている。しかもどこか一カ所に滞在するような出張ではなく、多くの土地を訪ねることが多い。その分、海外での移動も激しい。パスポートはあっという間に空白のページがなくなり、また新しいものを申請する。

パスポートの更新と同じ頻度、いやそれ以上の頻度で旅行用のスーツケースやキャリーケースを消耗している。これまで使ってきたスーツケースやキャリーケースは大抵1、2年で壊れてしまい、新しいものを買わざるを得なかった。スーツケースやキャリーケースとはそういうものだと私も諦めていた。

2005年の夏、江西省を旅行した時、私が使っていたキャリーケース(しかもブランドもの)は壊れかかっていた。その旅行に同行していたある中国人女子留学生が日本に戻ってから、旅行に誘ってくれた御礼として、スワニーという会社が製造したキャリーケースをプレゼントしてくれた。しかも「使いやすいですよ」と薦めてくれた。

デザインはさほど目を奪うものではなく、色も普通の黒だ。ところが、使ってみたら、その使い勝手は彼女が薦めた通り、たいへんよかった。4つのキャスターは軽やかに各方向に回転し、軽いタッチで押すことができる。それ以降、私は海外出張にはなるべくこのキャリーケースを持っていくようにしている。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール

莫 邦富(Mo Bang-Fu): 1953年中国・上海生まれ。上海外国語大学卒業後、同大学講師を経て、85年に来日。知日派ジャーナリストとして、政治経済から文化にいたるまで幅広い分野で発言を続け、「新華僑」や「蛇頭(スネークヘッド)」といった新語を日本に定着させた。
『蛇頭』『中国全省を読む地図』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーとなり、話題作には『日本企業がなぜ中国に敗れるのか』『これは私が愛した日本なのか』『新華僑』『日中「アジア・トップ」への条件』などがある。
現在、朝日新聞be(土曜版)にて「mo@china」を連載中。博報堂スーパバイザ。東京経営者協会評議委員。東京メトロポリタンテレビジョン放送番組審議委員。中国山東省青島市開発区顧問。三菱UFJ信託銀行業務顧問。
http://www.mo-office.jp/