見つかる!儲かる!助かる! 経営者の味方 WizBiz(ウィズビズ)

WizBiz:HOME >  セミナー・イベント >  WizBizセミナー開催報告  >  WizBiz会員15万社突破記念 大前研一氏・平野敦士カール氏 特別講演会&名刺交換会 

セミナー開催報告(2016/4/7 開催)
WizBiz会員15万社突破記念 大前研一氏・平野敦士カール氏 特別講演会&名刺交換会
(主催:WizBiz株式会社  会場:ベルサール渋谷ファースト)

更新日:2016年05月06日

おかげさまで、2016年1月にWizBizの会員企業数が15万社を超えました。
それを記念して、日本を代表するコンサルタントである、大前研一氏と平野敦士カール氏をお招きし、特別講演会を開催いたしました。
あいにくの雨にもかかわらず、400名を超す経営者・経営幹部の皆さまがお集まりになりました。その様子をご報告いたします。

大前研一氏 講演会 「中小企業という概念に囚われたら負け!」

大前研一氏

一番早くご来場になった方は、開会の1時間以上も前に到着なさいました。それから次々とお客様がお越しになり、前方のお席から順番に埋まっていきました。そして、開会時刻には、400名のご参加者のうち、ほとんどの方がご来場になり、今回の講演会への期待の大きさが伝わる中、開会しました。

■16:00 大前研一氏 登壇

司会からの開会宣言の後、
早速、メイン講師である大前研一氏が登壇なさいました。
講演のテーマは、「中小企業経営」を取り上げ、

「イノベーションできる中小企業だけしか生き残らない!
2020年の日本経済を斬る!」

冒頭から「中小企業という概念に囚われたら負け!」というインパクトのあるメッセージがあり、具体的に、イタリアでの中小企業躍進の事例、また、海外での成長企業の実例を紹介されました。

さらに、日本でも規制撤廃によって中小企業に大チャンスが到来している、と話され、その具体例をいくつも提示し、「中小企業や個人にとって、今年こそ大成長期の元年になる!」とおっしゃられました。

会場を埋め尽くしたご参加者の皆さまも、メモをずっと取りつづける方が多くいらっしゃり、大きな刺激を受けた方が多数いらっしゃいました。

大前研一氏・平野敦士カール氏 特別講演会&名刺交換会

平野敦士カール氏 講演会 「プラットフォーム戦略は、中小企業のほうが有利!」

平野敦士カール氏

■17:40 平野敦士カール氏 登壇

10分間の休憩を挟み、続いての講演は、平野敦士カール氏です。
お話しになったテーマは、

「小さな会社・個人が大企業に勝つためのプラットフォーム戦略(R)」

平野氏は、ベストセラー「プラットフォーム戦略」の著者としても有名ですが、その「プラットフォーム戦略」の解説にとどまらず、中小・ベンチャー企業が自社の戦略にどのように落としこんでいくか、具体的にお話しいただきました。

その中でも、「プラットフォーム戦略は、中小企業のほうが有利!」というメッセージには、多くの参加者が注目をし、自社にどう取り入れようか、ということを考えている様子の方が何人もいらっしゃいました。

平野敦士カール氏

講演後に、平野氏の書籍販売コーナーに人がたくさん集まり、書籍を買い込んで帰る方が多数いらっしゃったのは印象的でした。



大前研一氏・平野敦士カール氏 特別講演会&名刺交換会

名刺交換会

■19:00 名刺交換会

そして、第三部として、主催者として、弊社・代表取締役の新谷哲よりご挨拶をさせていただいた後、「名刺交換会」を開催し、20時に終了いたしました。

名刺交換会

ご参加いただいた方の声(アンケートから抜粋)

  • ■いろいろと今後のビジネスのイメージができました。ありがとうございます。
  • ■大前研一さんと平野敦士カールさん、短時間で大変勉強になりました。ありがとうございました。
  • ■すばらしい時間でした。ありがとうございます。
  • ■平野先生のお話、非常に面白かったです。本も拝読いたします。
  • ■20年来のファンだったおお前さんに会えて感激です。また開催してください。
  • ■大前さんの世界観には刺激を再び受けました。
  • ■中小企業向けにポイントをついた内容になっています。参考になります。
  • ■全体によくまとまっており、価値はあると思われる。
  • ■非常に分かりやすく、まさにその通りという感じでした。あとは自分で考え、どう行動するかです。
  • ■イタリアの地場産業の考え方、面白かったです。
  • ■今までいろんあセミナーに出てきましたが、初めて聞く話ばかりでした!
  • ■小さい組織でも世界に打って出ていけるアイデアを実践していきたいと思います。
  • ■レベルの高い講演だったと思います。ありがとうございます。
  • ■大前氏の『尖った人材』という表現は、とても心に刺さりました。
  • ■プラットフォームもスタート時は、本人の行動力と人間関係をつくる力が必要とよく分かりました。
  • ■これからの進む方向がとてもよく分かりました。ありがとうございました。