経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  セミナー・イベント >  セミナー/イベント情報 - 詳細

建設業の皆様へ

震災復興・オリンピックによる建設活況をビジネスチャンスに!

【建設業必見!】人手不足解消の切り札!ベトナム人材の活用で活路を拓く! NEW!

〜大手ゼネコン、ハウスメーカーも積極的に進めるベトナム人の活用法とは?〜

人材不足解消の切り札!急増するベトナム人を活用する建設業界!東日本大震災の復興事業、東京オリンピックの招致に伴う建設需要は、今後も拡大が予測されています。一方で、建設職人の高齢化、若者の建設業離れの結果、建設業界では慢性的な人手不足が続いています。

そのような中、外国人材の受け入れ・活用により、その解決を図ろうという動きが活発化していますが、特に最近では、ベトナム人の受け入れ・活用が急増しています。
その理由としては、
 ・勤勉でマジメ。性格も温厚。
 ・向学心が旺盛。
 ・手先が器用。
 ・親日的であり、日本文化との親和性も高い。

といったベトナム人の国民性と気質により、日本企業との相性が良好なためです。
今では大手や中堅のゼネコン、ハウスメーカーはもちろんのこと、中小規模の建設施工企業でも積極的に受け入れを行う企業が急増しています。

また、それを後押しするかのように、今年1月末には、現状の建設業界が抱える人手不足解消という課題に対し、外国人労働者の受け入れを拡大する方針で、日本政府も具体的な検討に入ったというニュースが流れました。
震災復興計画の遅れが指摘されている中、東京オリンピックによる建設需要がますます本格化してくることを考えますと、それらの需要を確実に取り込むためにも人材不足の解消は欠かせません。特に東京オリンピック開催までの間でどれだけ稼げるのかは、建設業界での企業存続を決定するテーマとも言えます。

本セミナーでは、建設業界の経営者・経営幹部の皆様限定で、海外から人材を受け入れる場合の「在留資格」の違いと留意点をご説明した上で、
  ・ベトナム人材受け入れのメリット・デメリット
  ・受け入れの具体的な方法・手順について
  ・受け入れにあたっての留意点

など、ベトナム人材受入の可能性とともに、実際に受け入れをした企業の実例をもとに解説いたします。

■【ご参考】建設系職種に従事する海外人材の主な在留資格


【ご参考】建設系職種に従事する海外人材の主な在留資格


■講師紹介

株式会社ワールディング 取締役副社長 矢代 基裕 氏
慶應義塾大学大学院経営管理研究科(MBA)。株式会社あさひ銀行(現りそな)、ベネッセコーポレション、経営コンサルティング会社にて、 経営企画、新規事業開発、事業再生、M&A、IPO 、マーケティングマネジメントを担当。多数のプロジェクトの推進並びに戦略小会社の経営を実践。2008 年よりベトナム進出支援コンサルティグ・人材育成紹介事業を推進。日越両国にある人材教育拠点(日本語およびビジネスマナーの推進)を統括。 2013 年より事業支援領域をASEANに拡大。東京商工会議所 中小企業国際展開アドバイザー。

参加費用

無料
 ※ただし建設業の経営者、あるいは経営幹部の方に限り、ご参加可能です。
   それ以外の方はご参加をお断りする場合がございますので予めご了承ください。

会場

WizBiz株式会社 セミナールーム(JR田町駅・地下鉄三田駅から徒歩5分)
〒108-0014  東京都港区芝5-16-7 芝ビル5Fセミナールーム
※会場に関する詳細は、お申込み受付後にご案内いたします。

講師

株式会社ワールディング 取締役副社長 矢代 基裕 氏

お問い合わせ先

WizBiz株式会社
WizBizサポートデスク
電話:03-6809-3845
問い合わせフォーム

オススメセミナー

「成長請負人」が伝授する、中小企業のための若手人材採用&育成法!

「いまどき学生」の採用に成功する7つのルール

《東京・大阪開催》会社を成長させるための戦略的営業ツールとしての本の出版とは!?

【無料セミナー】『出版』で売上を5倍に伸ばした成功事例、大公開します!

離職率50%だった会社が、なぜ『誰も辞めない会社』に生まれ変わったのか?

【無料ご招待】経営者のための『社員が辞めない会社づくり』の具体的な取り組みとは!