経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマッチング >  見つかる!商材・サービス >  販促・広告を強化したい >  大阪府 >  CNポイントカードの導入で収益向上

CNポイントカードの導入で収益向上

更新日:2016年03月28日

  • 全国

掲載商品・サービス紹介

Tポイントや楽天ポイントなどの大手ポイントと交換が出来る消費者のニーズにマッチしたビジネス戦略

店舗運営者・経営者の方は「集客」「収益」「顧客の育成」で日々お悩みだと思います。
今回弊社が紹介させていただくのはこういった悩みの改善に繋がる商材です。


いきなりですが現行のポイント市場はご存知でしょうか?



今では年間1兆円以上の金額が流動してると言われるまさに「第二の通貨」という扱いになっています。

また消費者の方もTポイントや楽天ポイントといった大手ポイントが付与される店舗を好んで利用される方が2人に1人は居るという統計の結果も出ています。

ただ単に「イベント」や「割引」、「目玉商品の開発」を行うだけでは今の消費者は来店すらしてくれないというシビアな目線でお店選びをしています。

こういった消費者の方々をいかに自店に引きこむのかは消費者の目線に合わせた施策を打っていくのが一番早いですし、効果的です。


今回の商材はこういった消費者のニーズに合わせた店舗の経営戦略のカラーを壊すこと無く販促の支援が出来る商材です。


CN会員のデータは自社・自店で管理をすることが出来るので簡単に常連客へと育てていくことが可能。

特色・アピールポイント

少ない販売促進費で高い収益の実現を可能にしたサービス

■大手企業がポイント市場に参入している理由
今では大手の企業がどこかのポイントカードを付与するというビジネスモデルに移行しています。
これは来る「2025年問題」。少子高齢化によって消費者の年齢層は上がり今の60代の方は70代になり中々購買行動に出てくれないと予測されています。
大手企業はこういった予測を独自のマーケティングで各々理解しており、今のうちにたくさんの顧客情報を仕入れる準備を行っています。

それはなぜか?

いざ2025年問題に当面した時必要な販促活動が出来ないからです。
今のうちにたくさんの20代・30代・40代の顧客情報を手にしておかないとこの問題を乗り越えることが難しくなるからです。

また最近ではあの回転の速さが売りの「吉野家」でさえもTポイントとタッグを組んで顧客情報の獲得に戦略を移行しています。
つまりそれだけ顧客情報というのは未来の収益に繋がるかけがえのない資産ということです。

■収益増加の実現理由
今回のCNポイント戦略は上記でも記入しました通り消費者のニーズに合わせてポイント戦略となります。
もちろん消費者の方に取って貯めたいポイントはバラバラ。
Tポイントを貯めたい人もいればnanacoポイントを貯めたい方もいます。

ですがCNポイントは大手ポイントとの交換が消費者にとって自由に出来るというのが最大の武器になります。
これにより自店の会社が大手ポイントと提携をしているとイメージしてもらって結構です。

自社の会員になってもらうだけのメリットは十分消費者に方々に伝えれます。

後はこの会員の情報を弊社が共にサポートを行い共に常連客・VIP客へと育てていき少ない販促費で収益を上げていくことが可能になります。

■常連客の大事性
飲食業などでも言われる「8:2」の法則。
売上の8割は2割の常連客で占めてると言われています。
それだけ常連客の資産価値というのは高いのです。
こういった常連客をみすみす逃してします店舗はかなり危険です。
新規のお客様を高い販促費で誘致するよりも常連客のお客様に対して少ない販促費で来店してもらうことの方が費用対効果としては抜群に高いのです。

残念ながら顧客の管理を100%人間だけの力で行うことは不可能です。
一人一人のお客様の使用金額や来店頻度、最終来店日などを把握するには
少なくともツールに頼らないと現実的に難しいでしょう。

お金をたくさん使っていただく常連客を逃がさない為にも徹底した顧客管理を行うことで離反することを防ぎ、それと同時に常連客の育成を行っていくのが今回の商材概要になります。

自店や自社が大手ポイントカードと全て提携出来るイメージです。

消費者の貯めたいポイントの一覧です。

顧客の管理・顧客の育成に特化した販促活動

価格

月間システム使用料 1万2000円
ポイント付与に関与した売上の2,5%〜

掲載企業情報

会社名

ログインすると掲載企業情報が確認できます。

ログイン

まだ会員登録していない方はこちら

新規会員登録
事業分野
都道府県
設立年月
資本金
従業員数
年商