見つかる!儲かる!助かる! 経営者の味方 WizBiz(ウィズビズ)

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  朝礼ネタ110番<歴史編> 一覧

朝礼ネタ110番<歴史編>

記事一覧

キーワードから検索

全65件中 61件〜65件

そのとき伊藤博文は、どうしたか

人間、人生の中において一度はのるかそるかの大博打をうたねばならぬ時がある。明治の元勲として名をとどめ、初代総理大臣ともなった伊藤博文にも、その時があった。

更新日:2007年12月13日

思うがままに生きた戦国武将のあり方

佐々木譲、宮本昌孝、火坂雅志などが描く室町時代後期の作品に、武将・松永久秀が登場する。それぞれ描かれ方には特徴があるが、自らの野望のために、謀略をめぐらし、ひたすらに走りきる。そのためには主君をも裏切…

更新日:2007年11月15日

明治維新を形にした技術家・大村益次郎

以前この稿で、歴史の段階によって登場する3つの人物像について記したことがある。これは稀代の歴史小説家、司馬遼太郎が述べていたことなのだが、すなわち思想家、革命家、技術家である。

更新日:2007年11月01日

江戸期の経済システムも描いた平成の大ベストセラー

佐伯泰英が書き下ろす「居眠り磐音江戸双紙」は、平成の大ベストセラーといわれる人気時代小説だ。2002年の刊行以来、シリーズはすでに23巻、累計545万部を突破。かくいう筆者もシリーズ全巻を一気に読破し…

更新日:2007年10月18日

歴史に登場する3つの人物像

NHK大河ドラマ「篤姫」でも、小澤征爾の息子小澤征悦によって好演される幕末の英雄、西郷隆盛。しかし、彼の存在をはなから認めない人物もいた。歴史回天時に登場する人物像は、段階を追って変化してくる。西郷は…

更新日:2004年06月10日