経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  起業家インタビュー 一覧

起業家インタビュー

記事一覧

キーワードから検索

全82件中 31件〜60件

確かな英語とビジネス作法を学ぶ新英語学習システム

 正しい英文を丸暗記することで英文の読み書きを習得すれば、話せるようになる。200人とチャットができるシステムを採用した新学習システムで、グローバル化時代に活躍できる人材を育成。  

更新日:2011年08月31日

集客につながる看板、チラシを企画・提案

 看板屋といえば昔ながらの商売だが、この市場に新たに参入し、業績を伸ばしている企業がある。大阪市西区の広告サインシステムだ。同社は、顧客の看板やチラシに対するニーズを掘り起こし、そのニーズに合致する企…

更新日:2011年08月03日

ニューヨーク初のグルテンフリー菓子専門店

 食物アレルギーの人のための代用食品はおいしくないことが多い。アレルギーに悩む人たちのおいしいものに対する欲求をビジネスチャンスに変えた、100%グルテンフリーのお菓子専門店が順調に売れ行きを伸ばして…

更新日:2011年07月27日

自分だけのチョコレートをオンラインでオーダー

 就職難を逆手にとり、コロンビア大学の卒業生3人がチョコレートカスタマイズサービスで起業。クリスマスシーズンを前に雑誌に紹介されると、女性を中心に売り上げ急増。  

更新日:2011年07月13日

商品の形態ではなく、機能で勝負

 同じものでも着目する点を変えることで、新しい展開が可能になる。ピギーバックスの大川明伸社長は、“洗顔石鹸”という競争が激しい製品市場で、“マッサージ洗顔”という機能をアピールすることにより、新しい需…

更新日:2011年06月15日

全米第3位の人気を獲得 ニューヨーク食べ歩きツアー

 お仕着せのツアーではなく、地元に住む友達に観光案内してもらうようにニューヨークを見て歩きたい。グルメの街ニューヨークを手軽な料金で堪能したい。そんなニーズに応えたウォーキングツアーが人気を集めている…

更新日:2011年05月25日

広告・宣伝と介護情報のワンストップサービス

 親の介護のために仕事をやめざるを得なかったという人は少なくないが、親の介護をきっかけに、新しい道を切り拓いた人もある。広告・販促全般を扱う会社「コミュニケーター」を設立した横井孝治氏もそうしたひとり…

更新日:2011年04月27日

マクロビオティックを基本にゆったりと健康に生きるお手伝い

 ミュージシャンのマドンナがマクロビオティックのシェフを雇って話題になるなど、代替医療がさかんなアメリカで注目されているマクロビオティック。野田清美さんはニューヨークで、KIJX(クシインスティチュー…

更新日:2011年04月20日

おいしい缶コーヒーがなかったから、自分で作った

「おいしい缶コーヒーが飲みたいけど、ない」との思いから、自らコーヒーメーカーを立ち上げたGOの前西彰社長。缶コーヒー製造の知識も経験もないながら、体当たりの取り組みで製品化を実現。ネットや高級スーパー…

更新日:2011年04月06日

おしゃれで持ち運びにも便利なBoomCase

 Mr.Simo, BoomCaseはiPodやiPhoneをつないで使える、ヴィンテージもののスーツケースを利用したポータブルスピーカー。デザイン性が高く、インテリアとしてもおしゃれ。オンライン販売…

更新日:2011年03月30日

日本とは異なるニューヨークのアロマセラピー事情

 ニューヨークでは、スパなどに取り入れられることの多いアロマセラピー。マッサージ、鍼灸、指圧などのヘルスケアサービスとの大きな違いは、「薬効に香りという美がついてくること」  

更新日:2011年03月23日

NYの魅力あるロケーションでハレの日を記念に残す

 セントラルパークの四季やタイムズスクエアのネオンサインと行き交う人々を背景に、また、グランドセントラル駅で通行人の祝福を浴びてのフォトウエディングを、コンセプト作りから手伝ってくれるサービスとは。 …

更新日:2011年03月16日

不動産業界の顧客満足度ナンバーワンを目指して!

 起業家には、高収入や安定したポジションを捨て、自分の夢を実現するために、独立の道を選んだ人は多い。T'sカンパニーの田中康弘社長もそんなひとりだ。営業統括部長という安定した職よりも自分が思い描く事業…

更新日:2011年02月23日

顧客のニーズに応えた介護サービスを提供

 介護サービスが登場してから10年余り。数多の事業者がひしめくなか、淘汰される企業も少なくない一方、あえて新規参入する企業もある。真心デイ・サービスを開業したニューワンズの新庄一範社長は、顧客志向を徹…

更新日:2011年02月16日

マッチングで新たな事業を創造

 資本力に乏しいベンチャー企業でも、他社と提携すれば、大きな事業を展開することもできる。グローバル・コンストラクションの郡文治社長は、“携わるみんなが利益を得る”ビジネスマッチングで、ビジネスの幅を拡…

更新日:2011年02月02日

仕入れルートの確保が決め手 インディーズ系ファッション専門アウトレット

 この不景気でセレクトショップも営業不振が続いているなか、毎日のようにラインナップを変えるINVENT・ORY(インベントリー)は、SNSなどから情報を仕入れる若者の支持で堅調に売り上げを伸ばしている…

更新日:2011年01月26日

仲間と働ける環境を求めて起業

 金銭的な成功を求めて起業する人がいる一方、自由のために起業をするという人もある。ディレクターズ・ユニブを共同で設立した板倉一成氏と小澤晋平氏のふたりは、“気心が知れた仲間と働きたい”と起業の道を選ん…

更新日:2011年01月12日

巻き寿司のニューウェーブ「すしポッパー」

 カリフォルニアロール、スパイシーツナロールなど、ルーツは日本でも生まれも育ちもアメリカ、という巻き寿司が増えている。こうなると、巻き寿司の食べ方もアメリカ流にカジュアルになっても不思議はない。まるで…

更新日:2010年12月28日

自家製ビールが手軽に造れるビアキット販売開始

 ビールの種類が増えたのに伴い、ここ2、3年、ニューヨークではビールの人気が伸びている。従来から自家製ビールのサークルなどもあったが、このほど、2人の20代の若者起業家によって、経験がなくても手軽に自…

更新日:2010年12月01日

マナーのOJT研修でサービス業の地位向上を目指す!

 不景気の折、交際費・交通費・広告費などと並んで減らされるのが教育研修費だ。しかし、Truth(大阪市)は、設立から5年という新しい企業にもかかわらず、リーマンショック後の景気低迷のなかでも、現場に入…

更新日:2010年10月26日

60秒でオンラインショップのオーナー

 オランダ発のTinypay.meを使えば、チャリティにも貢献できて、しかもeBayより手軽に自分が売りたいモノをワールドワイドに公開できる。

更新日:2010年09月28日

建築設計のスパイスを目指す!

 建築不況が続くなか、あえて独立の道を選んだ設計士もいる。ワサビの笹岡周平社長もその一人だ。仕事の大きさよりも“やりがい”を大切にしたいという笹岡氏は、建築設計業界の“ワサビ”となることを目指している…

更新日:2010年08月24日

日本ではこれから普及!? アレクサンダーテクニック教室開講

 プロのミュージシャンやスポーツ選手から、坐りっぱなしのコンピュータワークなど、仕事のストレスによるトラブルに悩む人まで。欧米で注目されるアレクサンダーテクニックとは。  

更新日:2010年07月27日

「女性」と「企業」を元気にしたい!

 女性の戦力化が叫ばれるが、女性の特性を活かした女性戦力化の研修というのはあまり聞かない。そこに目を付け、女性のモチベーションを高め、戦力化につなげる研修を始めたのがナチュラルリンクの片山美菜子社長だ…

更新日:2010年06月22日

ニューヨークで日本酒マーケットを開拓

 不況の今が日本酒のマーケットを開拓するチャンス。ニューヨークの日本酒ブームは一段落し、真の日本酒ファンを育てる段階へ。  

更新日:2010年06月01日

7つの事業で7つの海を渡りたい

 フリーター歴が長いと、なかなか正規の仕事に就けないと言われるが、10年間アルバイトと海外放浪を繰り返した後、会社員を経て、経営者になった人もある。大阪市の下町、天満でワインバー「luv wine(ラ…

更新日:2010年04月28日

ニューヨークで日本人対象の自動車学校を設立

カーレンタル、シェアリング、オリジナルカーの生産まで視野に入れた、エコカー時代の自動車学校が誕生した。画期的な福利厚生のビジョンで従業員の労働意欲も向上している。  

更新日:2010年04月14日

“はまった”仕事で社会に貢献したい!

起業を目指して仕事を選ぶ人がいる一方、面白いと思った仕事を選んだ結果が起業につながったという人もある。フランの社長、竹川智子氏もそうした人のひとりだ。  

更新日:2010年03月24日

第4のビジネスはフードトラック

従来からニューヨークにはストリートフードが多く、オフィス街では人気の屋台に行列ができるほど。最近はグルメフードやデザート、エスニックフードなど、さまざまなタイプの「フードトラック」がお目見えしている。…

更新日:2010年03月17日

おいしさと安全性で勝負する小さなやおや

スーパーなどの量販店に押され、八百屋や魚屋といった昔ながらの店は減る一方だが、あえてこうした店を開業する若者も登場している。京都市の小さな商店街の一角にこだわりのやおや「ONEDROP」を開業した小谷…

更新日:2010年02月24日