経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  森永卓郎の経済探偵録 一覧

森永卓郎の経済探偵録

記事一覧

キーワードから検索

全73件中 1件〜30件

<森永卓郎の経済探偵録> 上海からみた中国経済の行方

 森永氏は今上海に滞在しているという。5年ぶりだそうだ。万博が開催され、活気がみなぎっているのだが、一方で確実に影が忍び寄っていると感じるという。中国ブームもそろそろ限界ではないかと。  

更新日:2010年06月01日

<森永卓郎の経済探偵録> 「スタンダード」が快進撃を支える

 デフレといわれているこの景気の中、ユニクロは過去最高の業績を達成した。森永氏は、ダイエーと比較することにより、ユニクロの快進撃を分析している。  

更新日:2010年05月06日

<森永卓郎の経済探偵録> 電子配信が変えるライフスタイル

アメリカ・アマゾンでは、2009年の暮れごろ、電子書籍の売り上げが従来の紙の本をうわまった。数年の内に日本でも同じ現象が起こるであろう。今回、森永氏は、書籍、音楽などの電子配信の普及が、ライフスタイル…

更新日:2010年04月06日

<森永卓郎の経済探偵録> ガラパゴスでもいいじゃないか

 キリンホールディングスとサントリーの経営統合が見送られた。そのニュースを耳にして、森永氏は密かに胸をなで下ろしていたという。  

更新日:2010年03月10日

<森永卓郎の経済探偵録> デフレ対策に有効な期間限定値下げ

すき家が280円という驚異的な牛丼の価格設定をしたため、ひとり勝ち状態。しかし吉野家は期間限定の値下げにとどめている。その理由は、期間限定の値下げは、高度なマーケティング技術の裏付けがある方法だからだ…

更新日:2010年02月10日

<森永卓郎の経済探偵録> 日本航空の経営再建問題は日本の縮図

 遅々として進まない日航の経営再建。本稿で森永氏は、問題の本質を摘出し、解決の方法を提示している。  

更新日:2010年01月13日

<森永卓郎の経済探偵録> 日本の農業ビジネスをどうするのか

 民主党のマニフェストに「農林水産業は成長産業である」とあるが、森永氏はこの考え方に全面的に賛同するという。しかし、実際の農業政策は、氏の考えとは、まるでかけ離れたことが行なわれようとしているそうだ。…

更新日:2009年12月09日

<森永卓郎の経済探偵録> 日本航空の再建プログラムは正しいのか

森永氏は、日本航空再建の方針に対して、「またダイエーの時と同じことをやるのか」と落胆しているという。日本航空の場合には、人員整理、赤字路線廃止といった切り捨てではない前向きの再建方法があるではないか、…

更新日:2009年11月11日

<森永卓郎の経済探偵録> 非常に危険な足下の景気

森永氏は、民主党の政策には基本的に賛成しているというが、その経済政策には大きな問題があると考えている。来年の参議院選挙でも勝利してもらうために、今一度、経済政策を見つめ直して欲しいと言っている。  

更新日:2009年10月15日

<森永卓郎の経済探偵録> 外食産業の新しい波

外食店全体が軒並み売り上げ不振に悩んでいるなか、着実に売り上げを伸ばしているいくつかの外食企業がある。森永氏はそれらの例から、これからの時代にマッチした外食店のあり方を分析している。  

更新日:2009年09月16日

<森永卓郎の経済探偵録> 不透明さを増すアメリカ経済

ブッシュ前大統領が残した負の遺産があまりにも大きいため、アメリカ経済の早期回復に暗雲が立ちこめ始めているという。森永氏は、アメリカの経済が復活するためには、どのような経済対策が望ましいのか、そのカギと…

更新日:2009年08月19日

<森永卓郎の経済探偵録> 新しい雇用システムをどのようにデザインするのか

与謝野大臣は事実上の景気底打ち宣言をした。しかし国民の多くが景気回復を実感していない。森永氏は、その原因は、日本の雇用システムにあると分析する。  

更新日:2009年07月15日

<森永卓郎の経済探偵録> こんな銀行があったっていいじゃないか

来年から、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の株式が放出始まる。森永氏は、もう一度郵政民営化の検証をきちんすべきだという。そもそも上場することで、国民にメリットがあるとは思えないからだ。  

更新日:2009年06月17日

<森永卓郎の経済探偵録> 景気は底打ちしたのか

G7において、「経済活動は年内に回復を開始するだろう」と明るい経済見通しが示された。著者はその他の統計数値を冷静に分析すると、日本経済が欧米に先駆けて景気を復活させる可能性が出てきたという。  

更新日:2009年05月19日

<森永卓郎の経済探偵録> 銀行の経営モデルはいかにあるべきか

米シティグループが事実上破綻した。この事件は、小泉構造改革のなかで示された銀行経営のモデルが破綻したことを意味すると、筆者は言う。したがって、アメリカの銀行経営を手本として、構造改革の名のもとに日本で…

更新日:2009年03月18日

<森永卓郎の経済探偵録> アメリカはどう変わるのか

全米を熱狂させたオバマ大統領の就任式。筆者も翌日に早朝からの生放送を控えながら、演説を最後まで聴いていたという。 しかし、いざ熱狂から冷めてみると、オバマ氏が大統領に就任しただけで、アメリカが抱える…

更新日:2009年02月18日

<森永卓郎の経済探偵録> 最初から解散する気などなかったのではないか

ワンポイントリリーフだったはずの麻生内閣が年を越しそうです。金融危機を理由に解散総選挙もせず、そして第2次補正予算案も提出することなく総理の座にとどまっています。森永氏はひとつの仮定を置いてみると麻生…

更新日:2008年12月17日

<森永卓郎の経済探偵録> ブッシュ大統領の最大のミス

任期切れ間近のブッシュ大統領が行なった金融政策のミスは、アメリカ経済にとっては大きな傷手であるが、長期的な視点からみれば世界経済にとっては結果的にはよかったのではないかと、森永氏は分析する。それはどう…

更新日:2008年11月19日

<森永卓郎の経済探偵録> アメリカ金融危機の本質は何か

今(08年)アメリカで起きている金融危機は、サブプライム・ローンという個別の金融商品の問題ではないと森永氏は分析している。アメリカの抱える問題の本質はいったい何なのであろうか。  

更新日:2008年10月22日

<森永卓郎の経済探偵録> ドルは基軸通貨から転落するのか

サブプライムローン問題によるアメリカ経済への悪影響が進行するなか、米ドルの基軸通貨としての地位を失うのではないかと言われ始めている。 森永氏は、過去に英ポンドが基軸通過の地位を失った状況と対比させ、…

更新日:2008年08月28日

<森永卓郎の経済探偵録> マンション販売価格はどこまで下がる

新築マンションも中古マンションも価格が下落している。小さなバブルが起きた後、価格が下落に転じているのだ。今後の価格変動はどのように推移するのだろうか。森永氏はふたつのシナリオを提起する。  

更新日:2008年07月24日

<森永卓郎の経済探偵録> 若者の購買意欲を掘り起こす手段は

若者向け雑誌が節約特集を組むなど「節約ブーム」が到来しているようだ。総務省「家計調査」からは、29歳以下の世帯主の場合、可処分所得が伸びているのに消費支出が減っている事実が示されている。若者の購買意欲…

更新日:2008年06月26日

<森永卓郎の経済探偵録> ねじれ国会で景気対策足踏み

構造改革の本家であるアメリカがなりふり構わぬマクロ経済政策に乗り出している。小泉構造改革の時代には、財政政策や金融政策といったマクロ経済政策は効果がないとされていたが、いまやマクロ経済政策を実行しなけ…

更新日:2008年05月29日

<森永卓郎の経済探偵録> 新卒社員の5月病を防ごう!

そろそろ新卒社員たちが5月病にかかる時期です。この時期、退職してしまう社員もいる。毎年発生する5月病だが、これを防ぎ、定着させる有効な手段は何だろうか。森永氏は「重要なことは、若者が将来に希望をもてる…

更新日:2008年05月01日

<森永卓郎の経済探偵録> 個人消費の低迷は続く!

春闘低調、物価上昇、貯蓄率低下・・・ 森永氏は、景気は明らかに危険水域に突入し、今年も消費の低迷は続くと説く。  

更新日:2008年04月03日

<森永卓郎の経済探偵録> マンション市場に何が起きているか

「マンション市場はいま凍りついていますよ」。ある不動産業者は森永氏にそう語った。首都圏のマンション市場では、新築マンションの発売戸数が下落する一方で価格は上昇している。マンション市場で何が起きているの…

更新日:2008年03月06日

<森永卓郎の経済探偵録> サブプライムショックでM&A頻発!?

サブプライムショックがどこまで広がるのか。政府の対応が焦点になっているが、森永氏は、サブプライムローンの損失額が91年に貯蓄貸付組合(S&L)問題に比べて小さいことから、春以降に落ち着きを示すのではな…

更新日:2008年02月07日

<森永卓郎の経済探偵録> 収入減のなかで物価が上昇!

首都圏だけでも続々と大型商業施設が開業している。しかし、過去5年間で消費者は14兆円も手取り所得を減らした。物価の上昇もはじまった。「収入減のなかでの物価上昇」という戦後経験のない事態に消費者が追い込…

更新日:2008年01月10日

<森永卓郎の経済探偵録> 氏の手帳歴を公開!

書店や文房具店の手帳売場が活況を呈する時期。ビジネスマンにとって手帳は必携のツールだが、いまやスケジュール管理だけではなく目標管理のツールとして手帳の機能は変わりつつある。仕事の変化に応じて手帳を変え…

更新日:2007年12月06日

<森永卓郎の経済探偵録> 中小建設業はどう生き抜く!?

公共工事の激減によって中小建設業者が苦境に直面している。どのような手段で生き残りを図っていくかは、まだ解答が見つかっていない。しかしヒントはある。団塊世代の移住先として、地方中核都市の近郊にユニバーサ…

更新日:2007年11月08日