経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  労務情報  >  給与計算のポイント(基礎編)  詳細

労務Q&A
給与計算のポイント(基礎編)

更新日:2012年07月11日

当社は従業員数が少なく、経理担当者には総務関連の業務をも兼任してもらっている状況です。このため経理担当者にかかる負担は大きく、とくに細かな給与計算面ではミスも散見されます。給与計算においてミスを防ぐなど参考になるポイント等があればご教示ください。
 


 
労務Q&A
 
 
バックナンバー
 
高校生を雇用する際の注意点
2011年11月16日
振替休日の取扱いについて
2011年9月28日
パートの健康診断について
2011年8月31日
労働条件の不利益変更について
2011年7月27日
衛生管理者と産業医選任について
2011年6月8日
一般事業主行動計画について
2011年04月27日
転勤の留意点について
2011年04月20日
パートタイマーの雇用保険加入
2011年03月23日
企業のハラスメント対策
2010年12月21日
給料の締め日・支払い日の変更
2010年10月19日
給与の差押命令について
2010年08月17日
労働基準法の改正と時間単位の年休付与
2010年06月15日
退職後の研修費用の返還請求について求
2010年04月21日
退職者からの賞与の請求
2010年03月24日
懲戒解雇と解雇予告除外認定について
2010年02月24日
うつ病社員の職場復帰
2010年01月20日
正社員転換制度導入にあたって
2009年12月22日
裁判員休暇のルール策定について
2009年11月18日
自転車通勤のリスク対策
2009年11月04日
 
バックナンバー一覧
 
 

回答

 2回のコラムに分けて、給与計算のポイントについて解説していきます。

解説

【正しい給与計算の必要性】

給与計算は、従業員を雇用する上で毎月必要となる、大切な業務です。とはいえ、日々の業務の合間を縫って、全従業員分の給与計算を支払期日までに完了させるだけでも大変な作業量です。そのため、従業員一人一人の給与において数十円、数百円単位の計算まで合っているかというところまで確認する余裕がなかったり、仮に不足していたとしても「大したことではない」という錯覚に陥ってしまう場合もあります。

しかしながら、従業員にとっては、たとえ数十円であっても大切な給与の一部です。わずかな不備が結果として会社に対する不信感につながる場合もあります。実際、小さな不備が毎月、毎年継続して積み上がり、気づいた時には大きな金額になっていて紛争に至るケースもあります。

従業員にとって、自分の働きに対し正確に計算された給与が支払われることは、当然のことであり、働く上で最も重要な要素と言えます。従業員に安心して精一杯会社に貢献してもらうためにも、自社では正しい給与計算が行なわれているか、もう一度確認してみましょう。

【給与明細書に記載する項目の一例】

従業員に給与を支給する時は、給与明細書や賃金台帳を作成する必要があります。ここでは、給与明細書を例に一般的な記載項目をご紹介します。

給与明細書の記載項目 記載項目の一例
 1.基本事項に関する項目 従業員氏名、給与支給日、給与名称(何月分の給与か)、会社名 等
2.勤怠に関する項目 所定労働日数や所定労働時間、出勤日数、欠勤日数、有給休暇を取得した日数や時間、遅刻・早退時間 等
3.支給や控除に関する項目 基本給、各種手当、交通費、欠勤控除や遅刻早退に関する控除 等
4.保険料や税金に関する項目 社会保険料や所得税、住民税

以下では、上記の記載項目に従って、給与計算をする際のポイントを一つずつ確認していきます。

【給与計算のポイント(基礎編)】

1.基本事項:人事情報の収集
給与計算をスタートするためには、まず従業員の基本的な人事情報の把握が不可欠です。原則として、入社時や毎年の年末調整時に「扶養控除申告書」を従業員に記入してもらいます。この扶養控除申告書から、氏名・ふりがな・生年月日・住所・扶養家族の有無等の基本情報が把握できますので、その記載内容を確認することで、保険料や税金の控除に関する計算の漏れを防ぐことができます。

また、既婚の従業員が社内で通称として旧姓を使用する場合は、扶養控除申告書はもちろん給与明細書にも本姓を記載しておくと混乱を招くことがなく良いでしょう。

2.勤怠に関する項目:勤怠管理
設立後間もない会社や、裁量労働制を採用している会社では、タイムカードや出勤簿を作成していない場合もあります。しかしながら、出退勤の時刻を管理することは、従業員の安全や健康を管理する上でも重要ですし、仮に裁量労働制を採用していたとしても、深夜、休日労働にかかる部分の割増手当は必要です。従業員の出退勤の時刻は、タイムカードや出勤簿などで把握し記録に残しておくようにしましょう。

最近では、コンピュータネットワークを利用したグループウェアで従業員の出退勤の時刻を管理する会社も増えています。

3-1.支給・控除項目:端数の取扱い
給与計算について最もよく耳にする質問が「端数の取扱い」に関するものです。原則として、労働基準法第24条では賃金の全額払い等、第37条では割増賃金の計算方法について定めていますので、会社の都合の良いように切り捨て、切り上げ等の処理を行なうことはできません。

ただ、時間外手当等の計算をした際に、小数点以下の端数が発生する場合があるため、給与計算途中に生じた小数点以下の端数について、以下のように処理する場合は、便宜上の取扱いとして認められています(昭63.3.14基発150号)。

端数が生じた項目 端数の詳細
取扱い方法
1カ月の労働時間数
時間外、休日、深夜労働の各々の時間の合計に1時間未満の端数が生じた場合
30分未満の端数を切り捨てて、それ以上を1時間に切り上げる(※)。
1時間当たりの賃金額
(月給制や日給制の場合)
1時間当たりの賃金額に1円未満の端数が生じた場合
50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げる。  
1時間当たりの割増賃金額
1時間当たりの割増賃金額に1円未満の端数が生じた場合
1カ月当たりの割増賃金総額
1カ月における時間外、休日、深夜労働の各々の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合

※時間外、休日、深夜労働の各々の時間について、30分未満の端数を切り捨てて良いのは、1カ月の合計時間数です。1日や1週間における時間外労働時間数等について30分未満の端数が生じていても、これを切り捨てることはできません。

3-2.支給・控除項目:遅刻・早退時の控除
従業員が私用等で遅刻や早退をした場合に、多くの会社では「遅刻・早退控除」などといった項目で、基本給から遅刻・早退時間数ぶんの額を差し引いています。では、例えば従業員が8分の遅刻をしたことに対して、事務処理の便宜上の理由のみで15分の「遅刻控除」をすることは可能でしょうか? 答えはNOです。労働基準法第24条では「賃金の全額払い」を規定しており、これはたとえ遅刻をした従業員に対してであっても適用されます。

とはいえ、定時出社が就業規則に規定されていたとしたら、就業規則に反して遅刻をされた上、事務処理まで煩雑になってしまうのは会社にとっては困りものです。そのため、就業規則には「減給の制裁」について記載しておくことをお勧めします。

制裁とは、規定に反した者に対する処罰のことですが、「減給の制裁」とする旨を就業規則等に記載しておくことで、上記の例で言えば、実際に遅刻をした時間数(8分)を超えて控除される時間数(15分−8分=7分)も含め、15分の控除を便宜上の理由、かつ就業規則等に基づいて処理することができます。

■「4.保険料や税金に関する項目」は、次回のコラム「こんなときどうする?/給与計算のポイント(応用編)」にてご紹介致します。

■給与計算についてより理解を深めたい方は、起業ABC「マニュアル/社内規定の整備:賃金規程」を併せてご参照ください。

著者クレジット

社会保険労務士 岩野麻子(いわの・あさこ)
勤務時代から、350社の中小企業に対する労務コンサルティング業務に従事し、企業内人事部では、従業員約3,000人をサポートした経験を持つ。現在は独立開業し、就業規則の作成や助成金の申請等を行なっている。