経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  ビジネスコラム >  朝礼ネタ110番<歴史編>  >  “維新史の奇跡”坂本龍馬 その年少期は?  詳細


“維新史の奇跡”坂本龍馬 その年少期は?
歴史のひとコマから、生き方、経営、ビジネスを学ぶ

更新日:2014年01月08日

幕末における坂本龍馬は、司馬遼太郎にして「維新史の奇跡」と呼ぶほどに稀有な存在であった。本コラムでも記したことがあるが、白刃をふりかざし切った張ったのやりとりが志士のありようであったときに、大海に船を浮かべることを夢見、かつ倒幕後の体制までに思いを馳せていた人物はほかにはいない。
 


 
歴史の視点
坂本龍馬が長崎・亀山に本部を構えた亀山社中(のちの海援隊)跡。日本初の株式会社といえるものである
バックナンバー
実力100万石を築いた長州藩官僚 その活躍が日本の歴史を変えた!?
2013年12月25日
硬軟は武将によりけり 戦国の世の部下操縦術
2013年12月4日
本能寺の変の遠因となった信長のリストラ政策!?
2013年11月6日
バックナンバー一覧
 

不条理なものを許しておけぬ龍馬の気分

当時の型にあてはまらぬ人間性の萌芽は、当然のことながら少年の頃からうかがい知れる。
たとえばこんな話がある。龍馬は少年の頃から水泳が好きだったという。ある日豪雨が降ったときに、他の子どもたちは水泳の練習を休んだが、龍馬だけはミノカサを着けて川に向かって駆けていった。

途中、水泳の教師が龍馬の姿を見とがめ、今日は雨だから練習が中止であることが告げた。すると龍馬は「川に入るのだから水に濡れるのに変わりはありません」といったという。聞けば屁理屈のような話であるが、龍馬の頭の中では、同じ水に濡れるのに雨だからといって水泳を休むという常識が通用しなかったのである。

また龍馬が18歳の頃、高知城下のはずれに、念力によって神を出現させると行者が現われ、土佐藩太守である山内家の世子、豊範の病を治したということで大いに流行したことがあった。土佐藩という大国の世子が信奉することに難色を示した家臣が豊範をいさめたが、豊範は聞かない。やむを得ず側近は城下の剣術道場で名をあげていた龍馬に相談をする。
話を聞いた龍馬は「その神を退治すればいいだろう」と言う。

龍馬は神が出るという場所に潜み、その出現を待った。真夜中の頃、自ら神と名乗る怪物が出現したのだが、龍馬はおどりあがってその神の胸ぐらをつかみ、なぐりかかってひれ伏させてしまう。「神の正体とはこんなものだ」と言い放って龍馬は立ち去った。まるで講談のような話であるが、世の中の不条理なものを許しておけぬ龍馬の気分が知れておもしろい(以上、司馬遼太郎「あとがき集」を参考にした)。

本質を見抜く眼力に勝れた龍馬

剣術の分野では北辰一刀流、千葉道場の塾頭にまで上りつめ、当代随一の剣客と成長した龍馬であるが、学問においてはからっきしであった。ただその本質を見抜く眼力に勝れ、しばしば人を驚かしている。

ある日、西洋の民主政治のありようを蘭書により講義をしていた学頭に対し、「いまの解釈は間違っているのでもう一度訳を見直してほしい」と龍馬が意見する。勉強に身を入れず、教室の後ろで鼻毛を抜いているような龍馬に指摘された学頭は、当然いきり立つが、念のため訳をし直すと確かに間違っていた。なぜ龍馬に誤訳がわかったのか? 自らがつかんだ西洋の民主政治の本質から、学頭の話がずれていたからである。

他人と比べてたしかに龍馬は変わっていたが、順風満帆な幼少期を過ごしたわけではない。13歳の頃まで寝小便し、かつ人より劣ることに相当の劣等感をもっていた。その龍馬を支え、理解していたのが姉の乙女であった。もし乙女の存在がなかったら、社会からの疎外感を感じていた龍馬は、およそ一国の行き先を憂う志士の道は歩まなかったであろう。

坂本龍馬の幼少期は決して勝れたものではなかった。そのなかで歴史に名を残す所業を成しえたのは、家族の支えがあったこと、剣術という己が生きる道を見つけえたこと、さらには勝海舟という師匠と出会えたことが大きい。いま混迷の度合いを深める現在の教育界においても、このあり方は一考に値する。