経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  セミナー集客のヒント  >  セミナー集客はターゲット選定から始めろ! 2−1  詳細


セミナー集客はターゲット選定から始めろ! 2−1

更新日:2017年09月29日

皆様、こんにちは。WizBiz株式会社代表の新谷です。本日から、ターゲット選定のコラムを書かせていただきます。
 

セミナー集客はターゲット選定から始めろ!さて、前回、セミナー集客の鍵は3つ。

   ・目的
   ・ターゲット
   ・集客手段

だ、と書かせて頂きました。本日は、その中の「ターゲット」について、深堀してみたく存じます。

よく、私は部下に「ターゲットイメージを鮮明化しろ!」と指示をします。では、ターゲットイメージって、何でしょうか?実は、この作業は難しいものです。何をイメージするのか?迷ってしまうことも多々あります。

迷った場合は、こんなことをイメージしてみましょう。

   ・この商品を買う人は誰?
   ・何歳くらいの人?
   ・男性、女性?それとも・・・?
   ・手に取ったときに、どんな心持ち?
   ・買うことを決める瞬間にはどんな思い?
   ・買ったことで、何が解決するの?

etc.・・・

上記のようなことをイメージして、ターゲットイメージを鮮明化させます。つまり。売りたい商品を買いそうな人、もしくは買って何かを解決したい人をイメージし、さらに、その人の心持ちを想像することが、ターゲットイメージを鮮明化させることと言えます。このターゲットイメージをもてるかどうか?が集客には作用します。

ターゲットイメージをするというのは、例えば、

【肌荒れを今すぐ直したいと思っている人】とか、

【部下指導に悩んでいて、どうすればいいのか迷っているが、今すぐ解決したいと思っている人】とか、

【パートナーを見つけたいがコンプレックスがあり、なかなか、うまく声がけできない女子、30代前半】とか…。

かなり、細かくイメージを設定することが鮮明化です。このくらい細かく設定しないとセミナー集客は、うまくいきません!

さらに、ターゲットイメージが出来ると、「その人はどこにいるのか!?」を想像します。つまり、マーケットを探すという作業に移ります。もし、マーケットが見つからない場合は、

   ・マーケットがない(ターゲットがいない)
   ・ターゲットイメージが甘い
   ・考え不足

のどれかだと思われます。

ターゲットイメージが鮮明で、マーケットがあれば、必ず集客は成功する!とも言えます。

さあ、皆様、まずは【ターゲットイメージの鮮明化!】から、始めてみてください。そのことによって、セミナー集客がきっと、楽になるはず!

次回は、ターゲットについて、さらに深堀して参ります。次回も、よろしくお願い致します。

プロフィール

WizBiz株式会社 代表取締役社長 新谷 哲
1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。
2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。2017年現在、17万社の会員企業を組織する経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。WizBizは日本国内では、No.1の経営者向けネットメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間5000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。

WizBizセミナー 一覧

「人材育成」「中期経営計画策定」、「助成金・補助金活用術」「最新マーケット分析」など、経営課題を解決するさまざまなテーマのビジネスセミナーを開催しています。昨年1年間では6000名を超える皆様にご参加いただきました。明日から経営に活かせる実践的な内容が満載です。ぜひご活用いただき、「成功の法則」を見つけてください。