経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  3分コンサルティング〜WizBizが社長の悩みを解決!  >  第2回 資金調達はできるものでしょうか?  詳細


第2回 資金調達はできるものでしょうか?

更新日:2017年09月15日

  

"
【B社様】

はじめまして
介護の小規模デイサービスを始めて3年になります。
3施設やっています。利益はトントンか、ちょい赤字くらいです。
最近放課後等デイサービスが流行っているとお聞きし、やってみようか?迷っております。
ただ、資金調達しないといけないかな? とも思っておりまして……。
資金調達はできるものでしょうか?BSはこうなっております。

  資本金   100万円
  売上   1億2000万円   放課後等デイサービス
  利益  少し赤字       投資1500万円
  業種   介護デイサービス   3施設   3年


  BS   千円単位
  流動資産  10,000  流動負債  10,000
  固定資産  10,000  固定負債  20,000
                                    純資産  −10,000
─────────────────────────────
    計            20,000          20,000
"

バランスシートのほうもいただいておりまして、大雑把でございますが流動資産が1000万、固定資産が1000万、総資産2000万、流動負債が1000万、固定負債が2000万、純資産がマイナス1000万ということになっていらっしゃいます。

まず通常ですが、いろいろ考えますと純資産がマイナスということは債務超過でございますので、資金調達するというのはなかなか簡単ではない。普通の支柱の金融機関、いわゆる銀行とか信用金庫さんから資金調達するのは、ちょっと難しいのではないかというようなバランスシートになっています。

一方でこの流動負債、固定負債が1000万、2000万と合わせて3000万ぐらいあられますが、恐らくこの中にオーナー、経営者の皆様方から会社に貸し付けているお金があるのではないかなと。

会社側から見ると役員借入金ということになりますが、それがもしあったならば純資産の1000万の債務超過を消すことができますので、1000万あるのか2000万あるのかわかりませんが、それを消すことによって、銀行や信用金庫さんへ持って行けば恐らく借り入れはできるのではないかなというふうに思われます。

放課後等デイサービスの投資額は大体1500万ぐらいでいらっしゃいますでしょうから、恐らく借金は御社はあと3000万ぐらいは借金はできるのではないかなというふうに思われますので、そういう意味では放課後等デイサービス2施設ぐらいはいけるかなというのが正直なところです。

もちろん細かいことを見てみないと実際には借りれないケースもございます。過去に事故をやっていらっしゃったり等がございますと、借りられないケースもございますので、詳細は決算書を細かく見させていただいて、3期部分見させていただきましたらわかる部分もございますので、是非細かいご相談に乗らせていただきたいなと思っております。何かご相談いただければと思います。

最近放課後等デイサービス、本当に流行っておりますね。私のお客様でも放課後等デイサービスやっていらっしゃる方は皆様儲かっていらっしゃるようです。是非いろいろご検討いただければと思います。弊社としては資金調達のセミナー等もやっておりますし、放課後等デイサービス等のフランチャイズビジネスの需要説明会等も開催しております。是非ご参加いただければと思います。

本日は以上で3分コンサルティング終わらせていただきます。また来週。

著者略歴

新谷 哲(WizBiz株式会社代表取締役社長)新谷 哲 WizBiz株式会社 代表取締役社長
1971年 東京生まれ。大学卒業後、東証一部上場のコンサルティング会社に入社。銀行、信用金庫の融資開拓コンサルタントを皮切りに、仙台支店長、東日本事業部長、執行役員を歴任。その後、常務執行役に就任し、経営コンサルティング部門や営業部門、サービス提供部門を統括。
2010年に独立し、WizBiz株式会社を設立。2017年現在、17万社の会員企業を組織する経営者向けネットメディア「WizBiz」を運営。WizBizは日本国内では、No.1の経営者向けネットメディアとなっている。また、経営者向けサービス提供としては、ネットだけでなく、リアルの場も力をいれており、年間300回以上のセミナーを開催し、年間4000名を越す経営者が参加。その集客力は、各方面からも注目を集めている。