経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  シニアベンチャー  >  「高専」を核に、新しいビジネスモデルの構築を目指す  詳細


「高専」を核に、新しいビジネスモデルの構築を目指す
高専ホールディングス 代表 大塚晴信(おおつか・はるのぶ)

更新日:2011年03月30日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 「高専(高等専門学校 )」という技術に強い学校のイメージを武器に、起業・自営の企業を集約したWEBサイトを運営。互いの連携・交流によるビジネスチャンスの拡大を徹底サポートする。
 


 
 
 大塚晴信氏
「主役はあくまで会員企業さまです。私は脇役として精一杯皆さまをサポートさせていただければと思っています」と語る大塚晴信氏
 
 
 高専ホールディングスのホームページ
高専ホールディングスのホームページ
 
 
 

「ものを考え、つくり、売る」すべてを経験

──起業までのいきさつを教えてください。
私は、エンジニアとしてエレクトロニクスメーカーに入社し、5年後、自ら希望して製造部門へ異動、さらにその後、希望して営業に移りました。社内では同僚からも上司からも大変驚かれましたね(笑)。その結果、30代になって初めて本社で営業職につくことになり、最初は右も左もわからず、本当に苦労しました。しかし、なんとか1年くらいかかって自力で顧客を開拓し、以来22年間、東京と福岡で新規開拓を中心に営業の仕事をしてきました。

──技術職は社内でのステータスも高いと思いますが、あえて製造や営業へと希望された理由は何ですか?
「ものを考え、ものをつくり、ものを売る」というのが、産業の基本的なサイクルです。ものを考えるのが技術の仕事、つくるのが製造、そして売るのが営業です。メーカーに入った以上、そのすべてを経験したかったというのが理由です。結果的に、職種を超えて幅広く経験できたことは、営業をする上でも大変役立ちましたし、現在の私にとって大きな財産となっていると思います。

──創業は以前から考えていたのですか?
漠然とですが、定年退職後に起業しようかなと考えたことはありました。53歳で早期退職することになり、ではこれを機にかねてからやってみたいと思っていたことに挑戦しようと。近年、製造業を中心に海外展開が進み、国内ではほとんどの業種で仕事の量も雇用も減少傾向にあります。一方で、日本の技術力は現在もトップを走っていると私は考えています。厳しい経済環境下で、ともすると埋もれてしまいそうな技術力を生かせる手段が必ずあるはずだと思い、私の出身校でもある「高専」という括りで、これまでとは違う新しいビジネスモデルを構築できないか、と考えたのがきっかけです。

「高専」を前面に打ち出し、集まることで強みをアピール

──具体的にはどのような取り組みなのですか?
高専ホールディングスは、高専で学ばれ、起業・自営されている方を会員として、会員さまの会社案内をひとつのWEBサイトに集約します。異業種交流会や中小企業を束ねたグループはたくさんありますが、私自身、何かピンと来るものがありませんでした。特徴がわかりにくく、グループ内でのビジネス交流や個々の情報交換はできても、そのグループ自体に外からの関心や興味を惹きつけたり、包括的な活動をすることは難しい面があると感じていました。

しかし、高専という学校には、“技術”という連想が働きます。高専を核にすることで、対外的な特徴づけがはっきりし、しかも業種の垣根を超えて結集することで全体としてのアピール力が強くなります。さらに高専は各都道府県にあり、高専で学び、その技術力を生かして起業・自営されている方は全国にたくさんいらっしゃいますから、地場の中小企業だけで集まるより広がりもあります。

──運営や実際の活動内容は?
高専ホールディングスとしては、立ち上げたWEBサイトを通じ、さまざまな形で会員企業さまのビジネスチャンス拡大のお手伝いをしたいと思っています。このWEBサイトから会員企業さまのホームページへ誘導していきますので、現在はこのサイトを一人でも多くの方にPRするための宣伝・広報活動に力を入れています。言ってみれば、高専ホールディングスが会員企業さまのPR、間接的な営業活動をするということですね。

参加していただくための登録料金は、最低限の実費程度です。サイトをご覧になった方からのお問い合わせから発生した商談の利益還元の義務はありません。ただ、高専ホールディングスとしての独自営業の中で会員企業さまの利益につながる商談が発生した場合は利益配分のご相談をさせていただくことがあります。主役はあくまで会員企業さまですから、このサイトにたくさんの方を引き寄せ、問い合わせを少しでも増やすことが私の最大の使命と考えています。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

高専ホールディングス 代表 大塚晴信(おおつか・はるのぶ)
1956年生まれ。大分県出身。大分工業高等専門学校卒業後、エンジニアとしてエレクトロニクスメーカーに入社。製造、営業を経て、53歳で退職。22年間の新規開拓の営業力を生かし、54歳で「高専ホールディングス」創業。

会社名:高専ホールディングス
創業:2010年11月
電話:080-3223-0753
FAX:092-551-0337
URL:http://kosenhd.com/