経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  シニアベンチャー  >  団塊の世代の方々に役立つビジネスを創出  詳細


団塊の世代の方々に役立つビジネスを創出
株式会社イーアイホテルシステムズ 代表取締役社長 田邉 健一郎

更新日:2011年04月20日

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ

 自分らしい仕事をしたいと考え、起業したシニアにエールを送るコーナーです。
 最初はサラリーマンとしてビジネス人生を始動。その後、自分の属する団塊の世代を対象にしたビジネスを行なってきました。そして、最後は医療と介護分野へ進出。団塊の世代とともに生き、幅広いビジネス人生を生きてきた田邉氏。
 


 
 
 田邉社長
常に同世代の役に立つビジネスを考え、次は医療・介護事業に乗り出すと語る田邉社長
 
 
 
 
 

良き株主、投資家にめぐり合い事業を発展

──いつ創業されたのですか?
実は、創業は早く、野村證券を2年で退社して、さまざまな会社の創業を経験しました。主に不動産関係の仕事をしてきており、現在の会社を創業したのは、 2003年になります。ファンドで不動産を買い、そのオペレーションを引き受けるビジネスをしようと思い創業しました。

──御社の株主について教えてください。
当社は、最初から自分だけの会社にするつもりはなく、なるべく多くの株主に平等に参加していただこうと思い、株主の方には100万円ずつ投資していただいて設立いたしました。もちろん、株主総会もきちんと開催して、透明性の高い経営をしていますし、やはり、株主様の会社だということで株主に最大限メリットの出るような経営を心掛けています。

つまり、株主は、原則として当社の営業展開のための情報提供者・企画提案者・共同事業者として位置づけられます。したがって、株主を事業パートナーと考え、ビジネス上組む相手で、契約条件が同業他社と同条件なら、株主・事業パートナーを常に優先しています。これを排他的優先権と言っております。平成211年5月末現在、株主数は74名、資本金は8400万円になっています。

──現在の状況はいかがですか?
55歳に創業して現在62歳、ファイナンスがつきにくく、環境は好くありません。しかしながら、物件は安くなっており絶好のチャンスだと思っています。そんな中でも同業他社は元気がなくなっていますが、当社は何とか維持できてがんばってきております。

──また、増資するそうですね。
はい、新しい事業を開始しようとしており、増資をします。銀行からの資金調達に頼らず、多様な資金調達をして優良物件を取得するためです。また、不動産特定共同事業者の免許を取るためにも、資本金が1億円以上ないと取得できませんので、増資をいたします。

  • 最初へ
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 次へ
  • 最後へ
プロフィール&会社概要

田邉 健一郎(たなべ・けんいちろう)
1948年東京都目黒区生まれ。早稲田中学、早稲田高校を経て慶応大学商学部卒。野村證券を経て、1973年にアパマンの前進株式会社ハウザーの設立に参加。1993年バブル崩壊に伴い、自分の会社が倒産、その責任を取りすべての役職を退任。以後、個人で経営コンサルタントを行ないながら、新規事業を研究。2000年にレジャーホテルの証券化スキームを開発。2003年ホテルのファンド組成に伴うホテルのオペレーション会社である株式会社イーアイホテルシステムズを設立し代表取締役に就任。

会社名:株式会社イーアイホテルシステムズ
設立:平成15年
資本金:8400万円
所在地:〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-1-2 HAP西新宿ビル5F
TEL:03-5909-5541
FAX: 03-5909-5542
URL:http://www.EI-HOTEL.com