経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 12月31日  詳細


今日は何の日 12月31日

更新日:2010年11月02日

 

1931年―ムーランルージュ開店

日本のムーランルージュの話。この日、東京・新宿に軽演劇場「ムーランルージュ新宿座」が開店した。パリの有名なミュージックホールをまねて、名前だけでなく屋根の上には赤い風車も取り付けられた。都会的な風刺や洒落の効いた舞台は学生や勤め人、文士たちに人気となり、一世を風靡した。

1932年―除夜の鐘リレー

今は年越し番組として定着したNHKの『ゆく年くる年』の「除夜の鐘のリレー放送」だが、これがラジオで始まったのはこの日。東京・上野寛永寺に始まり、熊本本妙寺、名古屋大須観音、松島瑞厳寺、広島国泰寺、京城(現ソウル)南大大鐘、大津三井寺と続いて奈良東大寺で終わった。以後、恒例となる。

1935年―寺田寅彦(享年58歳)没す

漱石門下の物理学者で随筆家(ペンネーム吉村冬彦)の寺田寅彦が東京・本郷の自宅で死去した。前年秋から体調不良を訴えており、本人は神経痛だと思い込んでいたが脊椎の骨腫瘍だった。熊本五高で漱石に英語を学んだ寺田は、『吾輩は猫である』の理学士・水島寒月のモデルだといわれている。

1951年―まきタクシーは禁止

戦後のガソリン不足で都内に3000台あった代燃車のまきタクシーだが、ガソリン供給事情が好転して数は減少していた。そのため、警視庁はこの日限りで走行禁止とした。1日10万台もの車が走行する都内の道路で頻繁にエンコするまきタクシーは、渋滞を起こす嫌われ者。ドライバーは来年から渋滞が減るかもと期待大。