経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 12月27日  詳細


今日は何の日 12月27日

更新日:2010年10月26日

 

1198年―源頼朝、落馬

この日、征夷大将軍の源頼朝は相模川の橋の新造供養に出席した。相模から鎌倉への帰途、まさかの落馬。53歳の将軍の落馬は大変不名誉だった。その直後、頼朝は病床につく。翌年の1月13日には没するのだが、死因は諸説あるものの落馬によって何らかの病気が引き起こされたためといわれている。

浅草仲見世記念日

東京・浅草の仲見世は元禄・享保の頃から始まった日本最古の門前町商店街のひとつ。しかし1885年に浅草寺の境内が東京府の管轄となり、5月に仲見世は強制的に取り払われた。しかし12月27日、モダンな赤煉瓦作りの139の新店舗が開店した。「浅草仲見世記念日」はこれを記念した日。現在は88店が営業、年中賑わっている。

1937年―日本産業、国策会社に

鮎川義介(あいかわ・よしすけ)率いる日産コンツェルンが満州国進出を決定し、この日、持ち株会社の日本産業(日産)を満州重工業開発と改称した。満州の鉱工業建設を独占する国策会社の発足だった。この頃、日産コンツェルンは三井、三菱に次ぐ大会社で、新会社の資本金の半分は満州国が出資した。

1938年―黒部で大雪崩

この日の午前3時、富山県下新川郡宇奈月町志合谷(現・黒部市)で大雪崩が発生。黒部川第三発電所建設中で、工事作業員が宿泊する鉄筋コンクリートの宿舎を直撃した。3〜4階部分が500メートル以上も吹き飛ばされ、100人以上が生き埋めに。死者・行方不明者87人という大惨事となった。

1960年―所得倍増計画

池田勇人内閣はこの日、「国民所得倍増を目標とする長期経済計画」を了承した。これは10年間で国民総生産(国民所得)を倍にするという景気の好い計画。社会資本の充実、産業構造の高度化、貿易と国際経済協力の促進、科学技術の振興などを主要課題と位置づけた。安保闘争で列島全体が揺れた年は、経済成長策で締めくくられた。

1987年―有馬記念で大穴

ファン待望の第32回有馬記念競争で1番人気のサクラスターオーは故障競走中止、2番人気のメリーナイスも落馬競走中止に。船橋市の中山競馬場に集まった観客11万人はこのアクシデントに騒然となった。優勝したのは人気薄のメジロデュレン。連勝複式の払戻金は有馬レース過去最高(当時)の16300円。