経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 12月20日  詳細


今日は何の日 12月20日

更新日:2010年10月26日

 

1904年―三越の誕生

三井高利が1673年、正札をつけた現銀(きん)売りと反物の切り売りを特色に開店した呉服商「越後屋」。その後に「三井呉服店」となり経営改革を行なう。そしてこの日、店名を「三越呉服店」と改めた。取り扱い品目を増やして、米国にあるデパートメントストアーをめざすと宣言。日本初の百貨店の誕生だった。

1914年―東京駅から1番列車が

この日、長さ320メートルもある「帝都の大玄関」東京駅が営業を開始した。記念すべき一番列車は午前5時20分発の横須賀行き。真冬の早朝にも関わらず、一番列車をひと目見ようと大勢の入場客が押し寄せた。東京駅にはこの日だけで2万4702人の入場客があり、東京の新名所誕生となった。ちなみに、当時の駅員は約300人。

1933年―初のナイタースキー

この日、群馬県西部にある草津スキー場に日本ではじめてのナイター設備がお目見えした。毎日、午後5時から9時までの4時間、5000燭光のアーク灯が白銀のゲレンデを照らした。スキーヤーはこの画期的な設備に大喜び。このスキー場は日本初のリフトも設置したスキー場の老舗でもある。

1939年―『格子なき牢獄』


この日、フランス映画の『格子なき牢獄』(レオニード・モギー監督)が封切られた。不良少女(コリンヌ・リュシェール)を立ち直らせようとする感化院院長(アニー・デュコー)の誠意を美しく描いた佳作。新人のリュシェールは、寂しげな魅力で多くの人の心をとらえた。この映画はキネマ旬報ベストテン外国映画2位となった人気作品。

1947年―自動公衆電話が160台

この日、戦後初めて東京に公衆電話160台が新設された。料金を入れてダイヤルを回す最新式。電話ボックスは組み立て式で、クリーム色のジュラルミン製だった。戦時中に公衆電話の多くは廃止されていたので、利便性が増した。しかし、硬貨不足から料金の投入を交換手が確認してつなぐ公衆電話もあった。

1989年―米軍がパナマに侵攻

アメリカがマヌエル・ノリエガ将軍の独裁政権の転覆を図り、パナマに侵攻した。国際麻薬取引に関与したという理由だが、かつてアメリカは反共主義者ノリエガを援助していた。この侵攻でパナマ国防軍は短期間で征討され、ノリエガはパナマシティーのバチカン大使館に逃れるが翌年1月に逮捕された。