経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 12月19日  詳細


今日は何の日 12月19日

更新日:2010年10月26日

 

1848年―エミリー・ブロンテ(享年30歳)没す

名著『嵐が丘』の作家はわずか30歳の生涯を閉じた。英国の有名なブロンテ三姉妹の二女は肺結核に罹っていたが、弟の葬式で風邪をひいてしまう。結核は日々悪化していくが、診察も同居していた姉・シャーロットの身の回りの世話も拒否した。この日の朝、容態が悪化して医者を呼ぶが午後2時に永眠。

1889年―民権派、結集せよ

1890年に帝国議会が開設されるために第1回総選挙を控えた黒田清隆内閣は、自由民権派の大同団結運動に危機感をもち、3月に運動の総帥・後藤象二郎を入閣させる分裂工作を敢行。それに対抗すべくこの日、板垣退助が自由民権派の結集を呼びかけて旧自由党員との懇談会を開き、愛国公党結成を発表した。

1940年―日本出版文化協会の創設


この日、出版界再編成のために全出版業者を傘下にした社団法人「日本出版文化協会」が創設された。日本文化建設と国防国家確立のための出版報国を掲げた出版統制団体で、初代会長は鷹司信輔。情報局の指導を受けて、出版企画の事前審査をするための企画届出制を採用した。用紙割当権をも持っており、強力な官製団体となった。

1941年―刻みタバコに新製品

専売局は刻みタバコの「みのり」を発売した。「富貴煙」以来36年ぶりの新製品。価格は30g入り20銭だった。日中戦争から太平洋戦争に突入した時期で、食糧増産が叫ばれていたことを反映してパッケージには頭を垂れる稲穂がデザインされた。タバコの銘柄が減らされた戦時中も生き残り、65年まで販売。

1945年―赤ちゃん圧死事件

午後1時半過ぎ、東京山手線の新橋―目黒間の満員電車内で、母親に背負われた生後29日の乳児が圧死した。終戦後、庶民は戦時中以上の物資不足に悩まされ、国鉄も石炭不足で列車を大幅に削減。そのため、多くの列車は大混雑していた。責任は誰にあるのか国民的な議論が巻き起こり、母親は過失致死罪に問われたが情状酌量で起訴猶予に。

1968年―日本人初の南極点到達

この日、第9次南極観測隊28人中の選抜チーム「極点調査旅行隊」12名が、日本人初の南極点到達を成し遂げた。世界では9番目。隊長は村山雅美(まさよし)で、極点旅行用に開発した大型雪上車4台を使って氷点下60度という厳寒の地を83日かけて到達した。その距離は昭和基地から往復5180キロメートル。