経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 12月11日  詳細


今日は何の日 12月11日

更新日:2010年10月25日

 

1915年―曲芸飛行だ

この日、米国の飛行家チャールス・ナイルスが東京の青山練兵場で宙返り飛行などを披露してヤンヤの大喝采を受けた。数万人が見物に訪れたといい、とくに沸いたのは急転落下してから素早く上空に昇る「木の葉落とし」。大変な話題となり、このあと「宙返り」「宙返り飛行」が流行語となった。

1943年―朝日新聞の戦意高揚作戦

朝日新聞社はこの日、「続け陸軍少年兵小国民総決起大会」なるものを東京・名古屋・大阪・福岡で開催した。東京では深川区数矢国民学校(現・江東区立数矢小学校)に陸軍少年戦車兵150人が訪れ、児童らと昼食を共にするなどの交流をした。目的は少年兵志願者を募ること。朝日は幼い兵隊さん増員に一生懸命。

1950年―長岡半太郎(84歳)没す

午後5時、第1回文化勲章を受章した物理学者が脳出血のため東京・文京区の自宅で亡くなった。1901年、長岡は世界に先駆けて原子模型を発表するという学問的業績を残した。東京帝国大学教授、理化学研究所主任研究員、大阪帝国大学初代総長などを歴任。湯川秀樹が日本人初のノーベル賞を受章したのは長岡が推薦したからだとされる。

1957年―100円銀貨の登場

この日、日本銀行は19年ぶりに銀貨を発行した。新百円補助貨で図案の表は鳳凰、裏が八稜形内日章、桜の花とつぼみという非常に格調高く美しい銀貨だった。しかし、すでに流通していた鮮やかな色の板垣退助の百円紙幣を好む人が地方を中心に多く、全国的に浸透するまでに相当の時間がかかった。

1967年―非核三原則の明言

佐藤栄作首相はこの日、衆議院予算委員会で小笠原と沖縄の返還に伴ってアメリカの核持ち込みを危惧する成田知巳社会党委員長の質問を受けた。首相は「核を製造せず、持たず、持ち込ませず」という非核三原則を堅持すると明言。野党はこれを国会決議とするよう要求するが自民党は拒否する。当時から、「持ち込ませず」には疑問の声が。