経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 12月4日  詳細


今日は何の日 12月4日

更新日:2010年10月25日

 

1890年―破傷風の治療法、発見

1889年にドイツのコッホ研究所で破傷風菌の純粋培養に成功するという偉業を成し遂げていた北里柴三郎は、破傷風菌の持つ毒素が破傷風の病因であることまでつきとめていた。そしてこの日、北里は破傷風の血清治療法を発見した。これはコッホ研究所の同僚ベーリングとの共同研究。ベーリングはのちに第1回ノーベル賞を受賞した。

1934年―大雪山国立公園、誕生

北海道のほぼ中央部に位置する大雪山連峰とその周辺地域(面積226,764ha)が「大雪山国立公園」に指定された。北海道の最高峰「旭」(2,290m)を主峰としているため「北海道の屋根」とも呼ばれている。豊かな自然が残るこの地域も、登山者の増加で登山道の荒廃やし尿による水質・土壌汚染が深刻化した。

1935年―宮中で命名式

11月28日に誕生した天皇家の第二親王のお七夜にあたるこの日、宮中で命名の義が行われて義宮正仁(よしのみやまさひと)親王と命名された(1964年の結婚の儀にともない、新宮家を創設して常陸宮正仁親王に)。出典は『孟子』と『礼記』。宮城前広場は奉祝の人々で埋まった。東京日日新聞には「慶祝の聲四海に満つ」の文字が踊った。

1938年―第32代横綱・玉錦、急逝(享年38歳)

第32代横綱・玉錦が、巡業中の大阪の病院で死去した。虫垂炎なのに腹部を暖めて悪化させてしまい、腹膜炎に。手術後には肺炎を併発して亡くなった。優勝回数9回の玉錦は立会がうまい現役人気横綱で、相撲ファンはショックを受けた。

1942年―中島敦(享年33歳)没す

高校の現代文教科書の人気教材『山月記』を書いた小説家は、宿痾の喘息発作のために死去。一高文科時代に小説を発表、習作を重ねる。東京帝大大学院を喘息のため退学、横浜高女で教師となる。生徒に敬愛される人気教師だった。『山月記』が「文学界」に掲載されて文壇への道が開けたところでの死となった。

1948年―銀座に場外馬券場

この日、第2回東京競馬の場外馬券が東京銀座2丁目のプレイガイドで売り出された。戦後、ひとつしかない民間団体が競馬を運営することが独禁法に触れるというGHQの判断で、国営競馬になった時期。農林省(当時)が発案して街中で馬券が買えるようになった。その場で配当が支払われるとあって、大人気に。

1951年―『悪魔の美しさ』封切り

この日、ルネ・クレール監督のフランス映画『悪魔の美しさ』(1949年)が封切られた。主演はジェラール・フィリップとミシェル・シモン。ゲーテの戯曲からではなく、ファウスト伝説を独創的な解釈で映画化したもの。悪魔と契約して不老不死の身となった老教授のその後を描いた難解で高踏的な作品である。