経営者の味方「0円ビジネスマッチング WizBiz(ウィズビズ)」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 11月30日  詳細


今日は何の日 11月30日

更新日:2010年10月21日

 

1940年―グリコの引換賞品、中止

「一粒三百メートル」のグリコキャラメルに付いていた「引換券」とおもちゃの交換が、この日限りで中止となった。この頃は引換券を集めて希望の賞品をもらうという方式だったが、戦争で材料の金属や紙が手に入らなくなったため。戦時中とあって賞品も「軍歌集」「国旗集」「組立飛行機集」などだった。

1946年―ララ物資、横浜港に到着

ララ(アジア救済連盟)から寄贈された救援物資450トンが横浜港に到着した。ミルク、バター、缶詰、米、小麦、衣類、靴など日本国内にはすでにヤミ以外では手に入らなくなったものばかり。食料は飢えた子どもたちに学校給食という形で与えられた。ララ物資は日本人の対米感情を確実に好転させた。

1951年―国際見本市会館の竣工

大阪市東区(当時)にこの日、戦争前に基礎工事を終えたまま中断していた国際見本市会館(第一期工事)がやっと竣工した。設計は大阪府、施工は大林組で戦後初の本格的美術建築。輸出商品の見本市や展示会場のほかに、外国人バイヤーが宿泊するための大阪コクサイホテルも入っていた。世界に打って出ようという大阪経済界の悲願が達成。

1954年―フルトヴェングラー(享年67歳)没す

ベルリンフィルの名指揮者として有名だったフルトヴェングラーが、亡命先のスイスで肺炎により死去した。戦時中、ナチスの支配下で演奏活動をしていたために、戦後は演奏禁止処分に。しかし、裁判でユダヤ人演奏家の保護などが認められ、無罪となり音楽界に復帰。波乱の人生だった。

1957年―パイプクラブ10周年

この日、東京都文京区の椿山荘でパイプクラブ創立10周年記念会が開かれた。パイプは香料の入った刻みタバコを詰めて時間を掛けて吸うもの。会のイベントとして、喫煙時間の長さを競うコンテストが行なわれた。徳川無声など22人がひな壇に一列に並んで競技開始。洋画家の中村研一(44分17秒)が優勝した。

1985年―宇野千代88歳の大振袖

この日、宇野千代の「米寿の祝いの会」が東京の帝国ホテルで開かれた。満面の笑みを浮かべて登場した88歳の人気作家は、自らデザインした大振り袖姿。お色直しが3度とはさすが! 「次の白寿の会まで(皆さんは)お元気で」と挨拶した。99歳まであと1年という1996年に現役作家のまま亡くなった。

カメラの日

1977年、世界初の自動焦点調節機能を内蔵したカメラ「コニカC35AF」(愛称ジャスピンコニカ)が小西六写真工業(現コニカミノルタホールディングス)から発売されたことを記念した日。被写体にカメラを向けてシャッターを押すだけで、ピントも露出もシャッタースピードも合う当時としては画期的なカメラだった。定価4万4800円。