経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 10月8日  詳細


今日は何の日 10月8日

更新日:2011年02月08日

 

1929年―百貨店の月賦販売

この日、東京・丸ビル内の丸菱呉服店が、百貨店としては初めて月賦販売を始めた。月賦購入ができた主な品目は洋家具、洋服、ラジオ、蓄音機、ミシン、タンス、火鉢、布団など。5回割賦で、購買層は月給100円前後のサラリーマンだった。丸菱の成功で三越や松屋、白木屋(現・東急デパート)も割賦販売を開始することになる。

1937年―角瓶、発売

寿屋(サントリー)から特級ウィスキー「サントリー角瓶」が発売された。亀甲型のカットを施した四角い瓶に満たされた琥珀のウィスキーは大評判となった。730ml入りで8円と当時としては大変高価で、庶民にとっては高嶺の花。戦後は進駐軍の兵隊たちをとりこにし、今でも人気のロングセラーだ。

1945年―デパートに貸本屋

東京日本橋の白木屋7階に鎌倉文庫が貸本屋を開店した。鎌倉文庫とは、鎌倉在住の作家たちが蔵書を持ち寄って鎌倉駅前に作った貸本屋。戦時中は本の出版も途絶え、また戦災で燃えてしまったために本は貴重品だった。鎌倉店は盛況でデパートにも開店の運びとなった。しかし1946年12月12日に閉店。

1948年―食料品が自由販売に

終戦後、生活物資には国が定めた公定価格があった。しかし、物資不足で大半はヤミ値で取引。米1升の公定価格は約37円だがヤミ値は約280円という開きが生じていた。この日、政府は111種、約1万3000点の食料品や日用品の公定価格を廃止して自由販売に切り替えた。この措置で高騰したヤミ値が下落。

1966年―日本初の地熱発電所

この日、岩手県松川村(現・松尾村)で日本初の実用地熱発電所・松川地熱発電所が稼働を開始した。1925年に大分県の別府温泉で実験発電に成功してから、およそ40年後の実用化。地熱発電は地中から噴出する蒸気でタービンを回し、発電機を動かして電気を生み出す。この発電所は現在も稼働中。

1967年―チェ・ゲバラ拘束

革命家チェ・ゲバラが、ボリビア軍特殊部隊との戦闘に破れて拘束された(翌日には射殺)。56年〜59年のキューバ革命で重要な役割を果たし、フィデル・カストロ政権の要職についたが65年に姿を消していた。彼は第三世界の左翼のヒーローだが、日本では数年前にTシャツの柄で人気となった。