経営者の味方「社長・経営者のための経営課題解決メディア WizBiz」

WizBiz:HOME >  ビジネスマガジン >  今日は何の日(日別)  >  今日は何の日 11月22日  詳細


今日は何の日 11月22日

更新日:2010年10月21日

 

1689年―江戸で最初の天文台

幕府天文方の渋川春海(51)は江戸・麻布の私邸で天文観測を行なっていたが、この日、本所二つ目先(現・墨田区)に土地を賜ったために司天台(天文台)を建設することになった。これが江戸で最初の天文台だ。渋川は幕府最初の天文方で、日本最初の暦法・貞享歴(じょうきょうれき)を作った人物。

1913年―徳川慶喜(享年77歳)没す

江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜は大政奉還後、水戸の弘道館で謹慎生活を送る。32歳の元将軍はそのあと駿府(静岡市)に移り、政治から身を引く。引退後の約45年の余生は、狩猟などの趣味と子作りで過ごした。2人の側室とのあいだに10男11女を設けている。風邪のために死去、谷中霊園に眠る。

1934年―『浮草物語』封切り

この日、松竹蒲田作品の映画『浮草物語』(小津安二郎監督)が封切られた。無声映画(効果音入りのサウンド版)で、旅役者・喜八(坂本武)とその隠し子を巡る物語。監督自身がのちに「比較的良くできた作品」と言っているように、新聞でも「最高傑作」などと評された。地味な作品だったが、この年のキネマ旬報ベストテン第1位。

1943年―カイロ会談

この日から27日まで米国のルーズベルト大統領、英国のチャーチル首相、中国国民政府の蒋介石主席が三国首脳会談(カイロ会議)を開いた。対日戦とその戦後処理を巡る会議だ。日本の侵略を防止する、第一次大戦以降に日本が占有した地域を剥奪する、日本が中国から奪取した領地を返還するなどを盛り込んだカイロ宣言を採択。

1948年―『てんやわんや』連載

この日、毎日新聞で獅子文六の長編小説『てんやわんや』の連載が始まった。終戦直後に疎開した妻の実家がある愛媛県宇和島市での体験を基に書かれたユーモアと風刺にみちた物語で、たちまち大人気に。タイトルは各自勝手にの意の「てんでん」とむちゃくちゃの意の「わや」の結合語で、流行語になった。

1956年―南半球初のオリンピック

この日、オーストラリアのメルボルンで第16回オリンピック大会が開幕した。史上初の南半球での開催。日本勢は敗戦後2度目の参加となったが、役員と選手149人の派遣費用1億3000万円のうち文部省からの補助は3割程度。オリンピック選手派遣協会は街頭募金や企業内募金で費用を捻出して参加。

ボタンの日

社団法人日本釦(ボタン)協会、全国ボタン工業連合会などが1987年に制定した。日本海軍の制服に桜花と錨模様の金ボタンが採用されたことを記念した日。ボタンはとめるという機能だけでなく、服の印象を決める大切なものだ。そのため、隔年でボタンのデザインコンクールが開催されている。